消音ピアノの仕組み

真ん中の黒いレールが音源のセンサーレールです。

光センサーの有るレールの穴

鍵盤の下に付く鉄板に反応します。

 

消音ピアノの音が消える仕組みです。
消音バーが90ど回転するとハンマーシャンクが弦に当たら無い様にストップさせます。当然弦に接触しないので音は出ません。鍵盤側のセンサーでタッチを感知してデジタル音がヘッドフォンから聞くことが出来ます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ