ピアノ調律師は役者と一緒だって(^^);

記事では、「ピアノの調律師と役者には、共通点が多い。ものづくりや表現という点で、大いに共感できました。中でも一番は、両者ともアーティストではなく職人だということ。」だって。いやはや、日本中の調律師がこっぱずかしい思いをしているのでは・・・。

こちらの記事をどうぞ・・鈴木亮平「自分に才能はあるのか、そんな悩みを抱える人へ」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ