「調律」タグの記事一覧

広島県M様LESTER

 CIMG0011 CIMG0013  CIMG0015

熊本県荒尾市のご実家にあったLのESTERPIANO。

大和楽器製造㈱の製品です。

製造番号も機種名も書いて無い?

ので正確には解かりませんが50年前後の製品かと思います。

普通と変わった見慣れない形のおしゃれな猫足がかわいい。

CIMG0016 CIMG0017 CIMG0018

下前板も凝ったデザインです。                      白鍵は貴重な象牙鍵盤ですが黄ばんでますね。           パネルを外します。

 CIMG0020 CIMG0021  CIMG0023

これが内部です。                                            フレームにLESTERが輝いています。       アクションを外します。

CIMG0024 CIMG0025 CIMG0026

アクションと本体。          ハンマーが下手ってますね。      所どころにカビ・・・(^^);

CIMG0028 CIMG0029 CIMG0030

チューニングピン錆。        手入れされてなったので当然ですが弦錆。  鍵盤を外します。

CIMG0031 CIMG0032 CIMG0033

鍵盤は箱に入れて保管します。     鍵盤を外した棚板。        バランスピンも錆びてます。

CIMG0034 CIMG0035 CIMG0036

虫食いの粉があります。        おしゃれな飾り窓の付いたペダル。                    上屋根の蝶番を外します。

CIMG0037  CIMG0039  CIMG0041

外した長蝶番。              頑丈な6本支柱です。     ピアノを倒しました。

CIMG0043 CIMG0045 CIMG0047

こちら側からはめったに見れないですね。  底板を外します。     結構重い底板、外れました。

CIMG0048 CIMG0049 CIMG0050

こんな感じですね(^^)V          錆びた底板ビス。      ペダルを外します。

CIMG0051 CIMG0052 CIMG0053

底板から外したパーツ。        ペダル受けクロスも経年劣化ですね。   バフでペダル磨き。

CIMG0054 CIMG0055 CIMG0057

ピッカピカになったペダルに錆止めクリアーを塗布します。        底板も黒に塗装しました。

CIMG0058 CIMG0059 CIMG0060

凝ったペダル飾り窓です。     このクロスも経年劣化。当然剥がして貼り換えますね。

CIMG0061 CIMG0062 CIMG0063

新品クロス~。飾り窓も磨いてクロスも新品、フレームにYAMATO GAKKISEIZO KKです。

CIMG0064  CIMG0066女の子とピアノ

アップライトでは珍しい一本掛け。    クロスが虫食いで欠けてます。

 

CIMG0067   CIMG0069 CIMG0070

 反ったペダルは非常に珍しいです。   取り付け開始。        底板ペダル終了です。

CIMG0072CIMG0073

巻き線は外して業者へ、同じ規格で制作してもらいます。

CIMG0074  CIMG0076  CIMG0078

芯線番号が打って無い為、測定記録しながらの作業になりました。   弦外し終了です。

 CIMG0001CIMG0002CIMG0014

チューニングピンを抜き、埋め込まれてる部分は錆が出てますね。 響板にあるYAMATO GAKKIのロゴ。

CIMG0004CIMG0005 CIMG0006

ピンブッシュを抜きます。一個ずつ時間が掛かる作業です。     外装ポリッシャー掛け。

CIMG0009CIMG0011CIMG0012

どうもこのピアノは半艶塗装に再塗装されてますね。光るには光るのだけど艶消し剤のおかけで鏡面仕上げにはなりませんね。

CIMG0013CIMG0015

細かい補修中。               何とか蛍光灯が映ります。

CIMG0001CIMG0002CIMG0003

バフで蝶番磨き。        長蝶番・譜面台蝶番を磨き錆止めクリアー塗布で仕上げます。

CIMG0004CIMG0005ヨハネス・ブラームス国際コンクールで1位となった上野通明さん(同コンクール提供・共同)

弦枕やヒッチピンクロスも新品に交換します。ブラームス国際コンクールのチェロ部門1位になった上野通明君。

CIMG0008CIMG0010CIMG0011

フロントブッシングクロスを湯煎に掛けて剥がしました。   バランスブッシングクロスも剥がします。

CIMG0012CIMG0013CIMG0014

剥がしたバランスクロス。       新品のクロスを貼り、カットして仕上げます。

CIMG0015CIMG0016画像の拡大

バランス部も同じように貼り、カットで出来上がり。ブラームス国際コンクールピアノ2位の中山さん。CIMG0017CIMG0018CIMG0020

  バランスピンに液剤を塗り、拭き取るとピッカピカになります。写真がボケてますが綺麗ですよ。

CIMG0021CIMG0022CIMG0023

   フロントキーピンも液剤塗布後拭き取りますときれいになりました。

CIMG0024CIMG0025CIMG0026

キーバックレールクロス・フロント・バランスパンチングクロスすべて新品に交換。

 

CIMG0001CIMG0002CIMG0003

新品ピンブロックです。   打ち込み開始~。              終了しました。

CIMG0004CIMG0006CIMG0007

穴をドリルで広げます。   新品シルバーメッキピン。       打ち込み開始です。   

 

 

CIMG0009CIMG0010CIMG0011

 打ち込み終了、綺麗ですね。    ドイツ高級レスロー弦        弦張り開始です。

CA3F0001CA3F0002CIMG0013

一本張りの玉造り。       1本張りは珍しいですね。  芯線全部貼り終えました。

CIMG0014CIMG0015CIMG0016

ハンマーはファイリング(整形)ですね。 ペーパーで削ります。  綺麗になりましたね。

 CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

特注巻き線到着しました。早速巻き線を張っていきます。  終了です、新品は綺麗ですね!!

 CIMG0007CIMG0009CIMG0011

弦で弦を弾いて一回目の音合わせ。     新品ビスで底板取り付けです。     ピアノを起こします。

 CIMG0012CIMG0013CIMG0014

久しぶりに立ちましたね。  鍵盤バランス・フロントの隙を調整しながら組み込みます。

 CIMG0015CIMG0018コスモス

鍵盤調整終了です。(象牙漂白は天気待ち)  アクション取り付けました。コスモスの季節になりました。       

 CA3F0010CA3F0015CA3F0016

 下前板を止める板製のバネが折れていたので鉄製の板バネに交換しました。

 CIMG0010CIMG0011CIMG0012

 ようやく晴れたので象牙漂白を始めます。過酸化水素水を塗り干します。真っ白とはいきませんがかなり白くなりました。

 CIMG0005CIMG0006

 消音ユニットのセンサー取付。光センサーで鍵盤には非接触です。

 CIMG0014 CIMG0015 CIMG0016

ダンパーフェルトが経年劣化で硬直化しています。特に真ん中のWウエッジは酷いですね。新品と比較すると・・・。

 CIMG0017 CIMG0018 CIMG0020

 写真で見ると白く見えますが新品と比べるとよくわかりますね。  全部剥がします。

 CIMG0001 CIMG0002

  カットしたフェルトを貼り付けます。微調整をして完成です。

 CIMG0004CIMG0005CIMG0006

 出来上がり~。白っぽく映っていますが黒いですよ。LESTERも光っています。

CIMG0011CIMG0012

全体にラップを掛けて運送屋さんが引き取っていきました。いつまでも大切に弾いてあげてくださいね~!!

DSC_0380兄弟仲良くピアノ頑張ってね~(^^)v

 

五十市H様U30A

 お買い上げいただきましたYAMAHAの高級機種U30A。

小学1年生のお兄ちゃんが練習されています。

下の妹さんも習おうかな~という事でご購入くださいました。

一生懸命作業しますので今しばらくお待ちくださいね!それでは作業開始!!

CIMG0018CIMG0019CIMG0020

ヤマハの高さ131cmの大型機種U30Aです。全体に綺麗ですがバラバラにしてより新品に近くなるように作業します。 

CIMG0022CIMG0023CIMG0024

U30Aですよ。           アクションを外します。         中が見えますね。 

CIMG0025CIMG0026

           鍵盤を外して箱に保管します。 

CIMG0029CIMG0031CIMG0034

巻き線が少し変色、芯線が少し錆びてますが綺麗になるのでご安心!!                              バランスピンも綺麗ですが磨きますね。  

CIMG0036CIMG0040CIMG0041

フロントピンも少し曇ってますね。   上屋根長蝶番を外します。       こ~ンな感じ。  

CIMG0043CIMG0045CIMG0046

馬という道具を使って一人でピアノを倒します。倒れました~。        底板を外します。  

CIMG0047CIMG0048CIMG0049

 底板外し完了。     ビスが錆びているので新品に変えますね。  外した底板と本体です。  

CIMG0050CIMG0052CIMG0053

ペダルも艶がありませんね。        ぜ~んぶバラバラにしました。  ペダルを磨きます。 

CIMG0054CIMG0055CIMG0057

ピッカピカになったペダル。    錆止めクリアー塗布です。   ペダル取り付けました。 

CIMG0058CIMG0059CIMG0060

サンドラバーを使って巻き線・芯線磨きました。 綺麗になったでしょう!! 

CIMG0061CIMG0027CIMG0066

チューニングピンも機械で磨きました。ピッカピカになってますね。 ペダル窓クロスも念のため貼り替え。 

CIMG0067CIMG0068CIMG0069

古いクロスをノミを使って剥がします。    剥がれましたね。    新品クロスを貼ります。

CIMG0070CIMG0071CIMG0072

何故か山ちゃんは草刈で~す。    高橋君はまじめに底板取り付け作業。  ピアノを起こします。 

CIMG0073CIMG0074CIMG0075

なんとなく綺麗になってますね。  ポリッシャーで外装を磨きます。横向きですが鏡みたいに外が映ってます。

CIMG0076CIMG0078CIMG0079

パーツを磨きます。鍵盤蓋に蛍光灯が映る位に綺麗になりましたね。バランスピンに魔法の液体を塗ります。

 

CIMG0080CIMG0087CIMG0088

液体が渇き拭き取るとピッカピカになりました。フロントピンも同じように液体を塗ります。

CIMG0089CIMG0092CIMG0093

拭き取るとあら不思議、ピッカピカになりました。 鍵盤をバフで磨きます。

CIMG0094CIMG0095CIMG0097

白鍵に蛍光灯が映ってますね!バッチリなったところで本体に鍵盤を収めます。

CIMG0099CIMG0101CIMG0102

ハンマー加工をします。ファイリングペーパーで表面を削り形を整えます。

CIMG0103CIMG0104CIMG0105

ハンマーも新品みたいになりました。  ここでアクションを本体戻します。

CIMG0106CIMG0107CIMG0108

整調という色々な調整、まずはハンマーと鍵盤のロスをなくします。    レットオフ調整。

CIMG0109CIMG0110CIMG0112

鍵盤の高さ・深さ調整。パンチングペーパーの出し入れで調整します。    調律です。

CIMG0113CIMG0115CIMG0116

裏の響板掃除。     パネルを取り付けて出来上がりです。    綺麗になりましたね~(^^)v

CIMG0118CIMG0123

鍵盤もネームプレートも綺麗です。  大切にお使いくださいね!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

US-50若葉町-M様

展示会で購入くださったus−50を全弦張替えでグレードアップです。

ジャスコの展示場で弦外しが始まりました。

一度グローミュージックに持ち帰り作業に入ります。暫くお待ちくださいね!!

           

ジャスコ都城店にて展示会です。          小物販売もいたしました。      一階ステージで楠原君のミニコンサートです。

              

時間が勿体ないと会場で弦を外し始めるあけみさん。お客さんの視線を感じながら巻き線を外し束ねていきます。

                            

               巻き線外し完了!!  工房に持って帰ってチューニングピンを外します。 

ここから工房での作業になります。

                

チューニングピン抜き                   馬でピアノを倒します。       ここの底板をはずします。 

            

   底板のビスはどのピアノも錆てますね。もちろん交換しますよ。

       

 新品部品です。             ブッシュを抜き、新品を打ち込んでいきます。

     

    ブッシュの穴あけです。                     チューニングピン打ち込み開始。

      

打ち込み終了。              芯線を張ります。 もう何台分弦を張ったことだろう。結構疲れます。

    

   巻き線を張っていきます。巻き線は特注で業者に作ってもらいます。          弦張り終了。 

      

  繰り返し調律します。       鍵盤高さ・深さ調整。        レットオフ調整と細かい作業が続きます。

     

   チューニングピンが光ってます。マフラーフェルトも交換済み。      完成!!

ヤマハ YM5

宮崎市清武町のy様お買い上げ。
平成14年生の10年物です。
新品みたいに綺麗にしてますが、外装・アクション等出荷調整いたします。
暫くお待ちくださいね!!

     
ヤマハ ym5                      このままでも十分に綺麗です。 

        
                           パネルを外しました。              アクションを外しました。

            
   綺麗ですが弦を磨きました。        巻き線もとても綺麗です。         掃除機を掛けます。

         
 バランスピンが少し錆びてます。       魔法の液体・・・フフフ。       こんなにピカピカになりました〜。

          
 アクションです。これも綺麗ですね。軽くハンマーを削りました。       響版・底板も綺麗です。

         
     ペダルは艶が無いので磨いて錆止めクリアーを塗付しました。       バッチリですね(^^)v

          
   アクション取り付け。              ポリッシャーでパーツを磨きます。
 
       
   パネルを組み立てて出来上がりです。親子三代四代と受け継いで行きたいとの事。
   弾き込めば弾き込むほど良い音がしてきます。手入れをしながらいつまでも大切にお使いくださいね!!

鹿児島県末吉町I様緊急修理

調律に行ってビックリ!!
ネズミさんが巣を作ってメチャクチャにしてくれていました。
ヤマハの欠陥フレンジコードも切れていました。
アクションを持ち帰り修理します。

   
フェルトを掻き集めて巣を作ってます。  鍵盤もかじられてますね。  ネズミの尿シミ。緑のクロスが無くなってます。
        
  ブライドルテープは全滅。          残った赤いチップを外します。       頭のチップ以外は巣の材料。

      
   フレンジコードが切れてます。ヤマハの唯一の欠陥ですね。古くなると切れます。

       
ハンマーを外します。    フレンジは残してコードを剥します。   コードの接着。

        
フレンジコードは、スプリングを引っ掛けて力の加わる部分ですのできっちりと接着していきます。

         
  ブライドルコード。ハンマーを引っ張り返す役目をします。丁寧に貼りつけていきます。

    
ハンマー取り付けです         終了!                   次はブライドルテープ(^^)!
      
    チップ取り付け中         フレンジコードもばっちり(^^!)     出来上がり〜(^^)v

ここから現場での作業です
        
  サンダー掛け。             狭い所は手掛け。        尿の痕は消えました。

          
    ネズミガードを取り付け。            調律をして終了です。

DIAPAON DL-125MF 末吉町K様

ディアパソンDL-125MF H15年製の真新しいワインカラー猫足の素敵なピアノ。
以前の持ち主が転勤で仕方なく置いていかれた物です。ご婦人が弾かれていた物で
それはそれは大事にされていました。この年代の物が中古で出ることは先ずありませんね。
このピアノを射止められたのは鹿児島県末吉町のK様。子供さん二人がピアノ教室に通われています。
暫くお待ちくださいね。最高の状態に仕上げてお届けいたします。

猫足ワインカラーのお洒落なピアノ。
        
      diapasonが光ってます。       kawaスローダウンを採用。      パネルを外します。

         
  ピアノが新しくて、きっちり調律していたのでとても綺麗ですね。アクションは何もしなくて良い状態です。

            
   jis規格のdiapason。        鍵盤下も凄く綺麗です。        ピンも光ってますね。

        
掃除機を掛けます。           フレームにdiapasonのマーク。     調律・調整をします。

        
   新品みたいなdiapason dl-125。更に綺麗になりました。椅子も猫足のワインカラーでお揃いです。
   凄く良い状態に仕上がりました。いつまでも大切にお使いくださいね。
   お父さんお母さんの前で小さな発表会をしましょう。きっと喜んでくれます。
   このピアノでみんなが幸せになりますよ〜に!!

DIAPASON D-171  三股町O様

弦・ピン・ブッシュ・ハンマーアッセンブリー・アクションアッセンブリ-鍵盤クロス等ほとんどの 部品を交換。

まさに、新品状態に仕上がっています。とくとご覧あれ!!

           
           ディアパソン グランドd−171bgです。      
      
チューニングピン・ブッシュピッカピカ  巻線・芯線レスローに張替え

  
   
     
後部から見た止音フェルト・駒ピン      アクションです。

            
    鍵盤はそのまま、フェルト類交換        アンダーフェルト入りハンマー
       
サポート、もちろん新品    ハンマーシャンクとローラー当然です   お得意の鍵盤張替え

        

               
        出荷です。                    o様宅 納品です。


三股町のo様、グローミュージックではこのdiapason d−171が
最高の仕上がりになるよう愛情を込め丁寧に修理・調整致しました。
末永く大事に弾いてくださいね。
家族4人でいつまでも仲良く楽しんでください。

bostonGP163

売約済み

遂にでましたboston gp-163 1994年製 designed by steinway & sons

現在新品価格205万円(税込み)、なかなか中古はありませんね。

たくさんのお問い合わせありがとうございました。

整備しての納品になります。

  

    

       

      

     
 

            

                   

鹿屋市T様カワイUS-50ご購入

カワイの高級機種US-50のご購入です。
高さ132cmのグランドピアノタイプ。現在のカワイ同等機種で言うとK-8。
高級品ですね。キーボードで練習している子供さんの為にと購入していただきました。
一生懸命作業しますので、暫くお待ちくださいね!!
     

  譜面台が上にあるグランドタイプ。         名器us-50です。        ペダルがくすんでいますね。

          

     パネルを外しました。          アクションを外します。          鍵盤も外します。

       

  段ボール箱で保管。           鍵盤を外した内部です。       鍵盤を載せる筬を外します。

        

   筬が外れた内部。           ピンが少し錆びてますね。       弦も少し錆びてます。

         

    バランスピン。               フロントピン。               プレッシャーバー。

            

   上屋根の長蝶番を外します。       長蝶番です。              突貫工事中!!

        

  ピアノを倒します。           底板を外します。               外れた~。

      

 外した底板です。              パーツを全て外します。     目にも見えない速さで底板磨き。

          

    ペダルを磨きます。           違いが解るかな?             錆止めクリアー塗布。

        

    底板にペダルパーツ取付け。     外装をポリッシャーで磨きます。    ピカピカですね!!

        

  チューニングピンも機械掛け。        ピッカピカですね(^^)v       弦は手作業で磨きます。

           

   綺麗になりましたね。          プレッシャーバーも綺麗です。  

       

 悪くは無いですが念の為ペダル窓クロス交換します。                 美しい~!!

              

    底板を取り付けます。         ピアノを立てました。

       

 魔法の液をバランスピンに塗ります。   そしてふき取り。            するとピッカピカになりました。

         

   フロントピンにも塗ります。         そしてふき取り。            するとピッカピカ(^^)v

          

  筬を本体に取り付けます。           鍵盤を磨きます。           鍵盤取付け終了。

          

   アクションを取り付けます。      細かい調整に入ります。            これは鍵盤調整の道具。

           

   鍵盤高さ調整です。              鍵盤深さ調整。              ペーパーで微調整します。

                   

        レットオフ調整。まだまだ、色々な調整が続きます。    バックチェック調整。

          

   音を小さくするマフラーフェルトも悪くないですが新品に交換しますね。      綺麗になりました。

        

    調律します。             鍵盤押さえフェルトも交換します。     綺麗になりましたね。

         

   最後のパネル磨き。            裏側もお掃除。              しっかりと拭き上げます。

    出来ました~。

                  kawaiのロゴもピッカピカ。

                                   

                      しっかりと練習してお父さんお母さんに弾いて聞かせてくださいね。

                      ピアノは長ーく使える楽器です。いつまでも大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ