「本日の作業」タグの記事一覧

三股町I様U1Hクリーニング

ご実家に置いてあったヤマハU1H。虫食い・ネズミ・カビのフルコースです。

でもご安心ください。グローミュージックの技術で蘇らせます。

時間が掛かりますが先ずは作業をお楽しみください!!

ヤマハ 高さ121cmのU1H。当時の人気機種ですね。      鍵盤蓋表面にカビ。

屋根内側はびっしりとカビ。  緑のクロスの虫食い。      本体もかびだらけです。

    

               白鍵木口の変色。       ペダルも錆てますね。

パネルを外しました。       マフラーフェルトとブライドルテープも齧られてます。

虫食いの粉カス。          鍵盤を外し箱に保管。      ネズミの齧った部品。

虫食いのバランスパンチングクロスとブッシングクロス。        バランスピンは錆と変色。

フロントピンも黒いです。    ハンマーです。削って再生します。   フレンジコードの切れ。

 手描きイラスト:DIYのイラスト

弦錆はそんなにひどくないですがチューニングピンは錆!!

湯煎に掛け鍵盤クロスを剥がします。 白くなってるのは虫食われです。    全部剥がしました。

   グルグル巻きの一本の新品クロスを貼り駒で圧着接着しカットして出来上がり。。

  ピアノを倒します。一人で出来るのですよ!!          棚板を外します。

元の寸法を測定し記録してプレッシャーバーを外します。  巻き線を順番にゆっくりと緩め外します。

業者に送り同じものを発注です。     芯線も外しました。     チューニングピンを外します。

 

    機械で外します。

          腕木を外しました。               フレームスクリュー外し。

ビスを図面にして保管。        フレームをチェーンブロックで釣り上げ外します。

響板です。             響板表面の塗装が劣化して白くなっていますね。

サンダーで塗料剥がし。      駒をマスキングしました。

 

 

 

 

 

北原町K様K20クリーニング

ネズミ・虫食いの酷いカワイK-20。思い出のピアノなので修理をして弾きたいとの事。

多少時間が掛かりますが作業をお楽しみください!!

     KAWAI K-20                    記録上では昭和62年が最後の調律

外装は白っぽく汚れで艶が無くなってます。              白鍵剥がれ。

鍵盤が凸凹してますね。       妻土台が錆びています。         変色したペダル。

パネルを外すと、酷いことになってます。ハンマーシャンク折れ。ネズミが部品をかき集め巣を作ってます。

緑の粉が・・・・・。      アクション・鍵盤を外します。    何と・・・・凄い!!

    バックレールクロス・バランスクロス・フロントクロスが虫食いでボロボロです。

鍵盤バランス・フロントブッシングクロスも食われて無くなっています。    掃除します。

 

スッキリしました。         ハンマーが・・・どうしよう!!   ダンパーフェルトも(~~);

 

やはりウイッペンヒールクロスも。   ハンマーレールも。          ゴキ卵発見!!

 

弦錆です。              赤い粉は天板のクロスカス。   白鍵剥がれが結構ありますね。

 

再接着です。                                                  専用の馬を使いピアノを倒します。

  

   倒しました。          底板を外して棚受け柱と妻土台をサンダーで塗装と錆落とし。

塗装を剥がしました。         塗装します。        こんな感じに仕上げました。

  

ペダルパーツを外します。          ペダルを機械で磨きました。

 

サンドラバーで弦を磨きます。  綺麗になりましたね。      チューニングピンは機械で磨きます。

    

  ピカピカです。           虫食いペダル窓クロスは剥がして新品を貼ります。

  バッチリですね。          ポリッシャーで外装を磨き艶を出しました。

 

ダンパーフェルトをアンダーから剥がしました。             レバークロスも剥がします。

寸法に合わせカット。           上下に接着剤を付け貼り付けます。

新品の長いダンパーフェルト。   アンダークロスを寸法に合わせカットして貼り付けます。

 

ダンパーフェルトを形に合わせカットして貼り付けます。          ウイッペンを外します。

ウイッペンヒールクロスも虫食いなので剥がします。          新品ヒールクロス。

 

            長さを合わせヒールクロスカットし貼り付けます。接着剤は両端です。

    

バットフェルトもダメですね。    ハンマーを外してバットフェルトを剥がしました。

 

         バットの寸法に合わせフェルトをカットし貼り付けます。

 

     ジャックストップレールフェルトも・・・・。貼り替えます。

ジャックストップレールフェルト。       ダンパーを取り付けました。

 「作業絵」の画像検索結果

   鍵盤ブッシングクロス剥がします。            色々工夫しながら頑張ってます!!

新品フロントブッシングクロスを貼り駒で圧着接着・カットして仕上げます。

同じく新品バランスブッシングクロスを貼り駒で圧着接着・カットして仕上げました。

 

       ハンマーを取り付けました。           ハンマーレールクロスを剥がしました。

 

クロス貼替。           折れていたシャンクを取り付け同じ大きさの中古ハンマー取付け。

 「作業絵」の画像検索結果  

                 バランスピンを機械で磨きました!!

「作業絵」の画像検索結果"

     フロントピンは一本ずつ手磨きしました。

新品パンチングクロスをバランスと。フロントにセット。        一本ずつ鍵盤を調整セット。

鍵盤取り付きました。        ハンマーをペーパーヤスリで削って形を整えました。

 

アクションを本隊に取付。        ナラシ定規を使い鍵盤高さを調整します。

鍵盤深さはペーパーパンチぐと言う紙の出し入れで10mm±0.04mmの誤差で調整します。

調律します。凄い狂いです!!     ポリッシャーでパーツを磨きます。  右と左で輝き違い判るかな?

パネルを組み立てて完了しました。大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

KAWAI BL-71

KAWAI BL-71  高さ:132cm / 幅:154cm / 奥行:66cm  1997製造

商品にします。作業開始!!

風格のあるデザインです。        BL-71       グランドタイプの外付け譜面台。

 

鍵盤にシールが(^^);          まだら模様のペダル。     パネルを外します。

鍵盤を外し箱に保管します。     経年劣化と虫食いの有るバランスとフロントパンチングクロス。

ブッシングクロスもバランス・フロント交換ですね。          チューニングピンに錆。

「作業絵」の画像検索結果

弦にも錆と埃で変色。        ダンパーフェルトに虫食い。      作業準備!!

先ずは鍵盤ブッシングクロスを湯煎に掛け剥がします。      ここでコーヒータイム!!

貼り駒でクロスを圧着接着します。                  フロントクロス接着。

綺麗にできました!!                 ピアノ専用の馬を使いピアノを倒しました。

      

      底板を外して、ペダルパーツを全て外します。         ペダルを機械にて磨きます。

  新品のように光りました。  妻土台をポリッシャーで磨きます。   ペダル窓クロスを剥がします。

「作業絵」の画像検索結果

新品クロスをカットして貼り込みます。

  

      サンドラバーを使い弦を磨きました。           チューニングピン磨き。

綺麗になりました。         ポリッシャーで外装磨を磨いたら、鏡のように光りました。

底板は錆びたビスを捨て新品ビスで組み立て起こしました。         フロントピンを磨きます。

綺麗ですね!!                   バランスピンも磨きました。

  

バックレール・バランス・フロントクロスを新品に交換。         ダンパーを外しました。

  「作業絵」の画像検索結果

ダンパーフェルト・アンダークロスを剥がします。

    一本の長いダンパーフェルトを長さに合わせカットして貼り付けます。

 

 

 

乙房町W様KS-1Fクリーニング

長らく空き家に置いてあったKAWAIのKS-1F。

虫食いが酷いですがご安心ください、新品のように綺麗に仕上げます。

暫くの間作業をお楽しみください!!

KAWAIのスタンダードモデルKS-1Fです。     何と平成8年の納入調律1回のみ(^^);

鍵盤蓋は白く艶なし。        内側にカビ???         妻土台も埃と変色。

  ペダルも変色。         鍵盤が凸凹になってます。    先ずはパネルを外します。

こんなとこまで虫食い。         粉が落ちていますね。  湿気で動かなくなったハンマー。

       鍵盤を取り外しました。                フロントクロス虫食い。

 バランスクロス虫食い。     パンチングクロスも酷いですね。    赤い粉は虫食いカス。

バランスピンも錆と変色。     キーバックレールクロスの虫食い。   芯線の錆。

チューニングピン。        使用の少ないハンマー。     こんな所に虫食い穴が!!

先ずは掃除機でお掃除。       鍵盤を湯煎に掛けクロスを剥がします。

  新品フロントクロスを貼り駒で圧着接着・クロスカットでフロントブッシングクロス終了。

同じく新品クロスを貼り駒で圧着接着・クロスカットでバランスブッシングクロス終了。

    ピアノ専用馬でピアノを一人で倒します。          底板を外しました。

ペダル窓クロスが虫食いでボロボロ。        底板よりペダルパーツを外します。

 

ペダルをグラインダーで磨くと、ピッカピカになりました。    錆止めクリアーを塗布しました。

 

妻土台を磨きます。       ペダル窓クロスを剥がして新品クロスに貼り替えました。

 

サンドラバーで弦を磨きます。    ピッカピカになりました。  チューニングピンは機械で磨きます。

      「作業 イラスト」の画像検索結果

    綺麗になりましたね!!                  白く曇った親板。

   

洗剤で汚れを落とします。     艶を出すためにポリッシャーで磨くと、鏡みたいに光っています。

      「作業 イラスト」の画像検索結果

新品ビスで底板を取り付けます。         ピアノが起ちました。

         専用の機械でバランスピン・フロントピンを磨きました。

新品パンチングクロスをバランス・フロントにセット。      キーバックレールクロスを剥がします。

ボロボロですね。              新品キーバックレールクロスを貼りつけました。

ハンマーフェルトを布やすりで削り形を整えます。           アクションをセットしました。

硬くなったダンパーフェルトをほぐします。   鍵盤高さをペーパーの出し入れで調整します。

  

鍵盤深さは専用のアガキ定規で10mmになるようペーパーの出し入れで調整します。

調律します。              マフラーフェルトも交換しました。

「磨き作業絵」の画像検索結果  

    パーツをポリッシャーで磨きます。          鍵盤蓋終了。

    

綺麗に仕上がりました。一生懸命練習して大切にお使いください!!

 

 

小学校預かり鍵盤修理

小学校のピアノ鍵盤持ち帰り修理です。虫にやられてガタガタ状態でした。

工房に持ち帰りクロス貼替を施し、学校にて鍵盤取り付け・鍵盤高さ・深さ調整します。

     湯煎に掛けフロント・バランスのクロスを剥がします。    貼り駒でクロスを圧着接着。

クロスをカットしてフロント終了。    バランス部も貼駒で圧着接着後カットして出来上がりです。

 

ここから学校での作業です。

キーバックレールを剥がすと裏側も穴だらけです。         新品クロスに貼り替えます。

バランスクロス・特にフロントクロスはボロボロですね。        全部取り払います。

 

フロント・バランス・バックレール完了。 鍵盤を一本ずつ調整して本体に取付ました。

ロス路モーション調整。    ナラシ定規で測定しバランスパンチングクロスの入替で高さ調整。

アガキ定規を使いフロントパンチングペーパーの出し入れで深さ調整。   レットオフ調整。

古いピアノですがタッチも揃い弾き易くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

上川東A様鍵盤預かり修理

虫食い鍵盤のブッシングクロス貼替、鍵盤押さえクロス貼替、マフラーフェルト貼替、白鍵木口貼替です。

工房に持ち帰っての修理になります。

お客様宅作業山内・工房作業高橋です。

バランスホールは虫食いでクロスが無くなってますね。        湯煎に掛けクロスを剥がします。

   どんどん剥がしていきます。   鍵盤終了。        鍵盤押さえクロスも酷いですね。

        これも湯煎に掛け剥がしました。           新品フロントクロスと貼駒。

フロントクロスを貼り駒で圧着接着しカットして終了。         新品バランスクロスと貼駒。

  「作業絵」の画像検索結果

バランスクロスを貼り駒で圧着接着しカットして出来上がりです。

           鍵盤押さえクロスは赤のクロスで貼り替えました。

       マフラーフェルトを剥がして新品フェルトに貼り替えました。

           茶色に変色した白鍵木口をノミで剥がします。

        青い保護カバーの付いた新品木口を白鍵に貼り付けます。

鍵盤に合わせサイドをカットし保護シールを剥がして終了です!!

 

 

 

 

ピアノブライドルテープ交換

ネズミの巣になっていた可哀想なピアノ。この一年の間で噛み切ったすべてのブライドルテープを材料にお家を作って出産をされていました。あまり気持ちの良いものではないので写真は撮りませんでしたが、赤ちゃんに親ネズミもいました。ブライドルテープ全部とマフラーフェルトの貼替です。

現場担当:山内  工房修理担当:高橋

   

ブライドルテープのチップだけ残っています。左のテープがある状態が正常。  ハンマーを外しました。

 

新品ブライドルテープを既定の寸法にカットしてキャッチャーに貼り付けます。

  何と、キーレールクロスも齧られています。やはり交換だな、剥がします。     新品クロス。

残骸が無いように綺麗に剥がしてクロスを貼り付けました。        齧られたマフラーフェルトと新品フェルト。

 

張り替えました。                                         弦へ当たり位置が狂わないようにプレートスクリューで外してます。

取り付け完了です。ネズミ対策をしよう!!

 

 

 

高崎町W様ピアノ鍵盤持ち帰り修理

十数年調律されて無く鍵盤クロスの虫食いが酷いので持ち帰っての作業となりました。

白鍵木口の変色も酷いので貼り替えます。現場担当山内・工房作業担当高橋です。

持ち帰った鍵盤。           バランスもフロントもクロスが全くないところあります。

  白鍵木口はヤマハの経年劣化(欠陥と言うと怒られる)で茶色に変色し反ってるので剥がします。

全部剥がしました。          湯煎に掛けフロント・バランスクロスを剥がしました。

よっ、色男!!高橋君が保護カバー付き木口を貼ります。                  形に合わせカット(暗くて見えん)

 

綺麗に出来上がりました。        新品クロスを貼り駒を使い圧縮接着します。

 

カットしてフロントクロス終了。     バランス用新品クロスを貼り駒を使い圧着接着。

         

余分なクロスをカットしてすべてが終了です。この後お客様宅でセットし高さ・深さ調整で終わりです。

 

 

Rosenstock野乃美谷町T様クリーニング・修理

長年放置していたRosenstockのヨーロピアン風デザインの素敵なピアノ。

屋根を開けると・・・・ぎょぎょぎょ・・・天板クロスが大量の虫に・・・・。

更にさらに分解するほどに虫食い被害が・・・(~~);

この際弦も交換して新品のように蘇らせることになりました。

 

   

      Rosenstock R-505   ヨーロピアンデザインの素敵なピアノです。

最終調律平成14年6月。        譜面台。          随所に細かいデザイン。

変色したペダル。        パネルを外しと鍵盤蓋上部の割れを発見。

天板クロスのメチャクチャな虫食い。      鍵盤の虫食い。      マフラーフェルト。

 

鍵盤を外しました。       バックレールクロス・バランスパンチングクロスの虫食い。

フロントパンチングクロス。    弦枕クロス虫食い。        弦の錆。

      バランスピン・フロントピンの変色。         弦溝の激しいハンマー。

 

    ダンパーフェルトの虫食いも激しいですね。           ダンパーレバーを外します。

        

      やはり虫食いにあってます。              バットフェルトもやられてます。

バランスブッシングクロス・フロントブッシングクロスの虫食い。     先ずは掃除から始めます。

天板クロス剥がし。           ピアノを倒します。     棚板を外します。

  

  棚板外れました。        弦を外す前にプレッシャーバーの高さを測り記録します。

プレッシャーバー高さ。        弦をゆっくりと緩めプレッシャーバービスを緩めます。

プレッシャーバー外しました。 巻き線を順番に外し巻き取り、業者に送り同じものを作って貰います。

芯線も外しました。          チューニングピンを専用の機械で外しました。

        ピンブッシュを抜き取ります。             虫食いの弦枕クロス剥がし。

響板掃除。             緑の弦枕クロスを貼り付けます。

鍵盤ブッシングクロスを湯煎に掛け剥がしました。           10月4日公開「蜜蜂と遠雷」

     「作業絵」の画像検索結果

数字が消えていたので鍵盤にナンバーリングします。

    新品フロントブッシングクロスを貼り駒で圧着接着後カットして終了です。

       バランスブッシングクロスも貼駒で圧着接着しカットして終了です。

アクションからハンマーアッセンブリーを外しました。        見事なバットフェルト虫食い。

  アセトンを注入して一個ずつ剥がします。            剥がしました~!!

ダンパーもすべて外しました。 ダンパーフェルトもだけどストップフェルトもやられてますね。

 

          ダンパーレバークロスを湯煎に掛け外していきます。

         ウイッペンを全部外しました。     ウイッペンヒールクロスを湯煎に掛けます。

    一個ずつクロスを外します。              寸法に合わせクロスを作ります。

  「作業絵」の画像検索結果

       カットしたクロスを手作業で貼り付けして完了!!

 

   バットフェルトを寸法通りカットし、一個ずつ貼り付けてすべて完了!!

ダンパーレバークロスカット、緑から白に変更。  クロスを貼り付け終了です!!

 

新品ダンパーフェルトは一本物です。 サイズに合わせカットし、貼り付けます。

「細かい作業の絵」の画像検索結果

ハンマーシャンクストップレールクロスを剥がし赤いクロスを貼りつけました。

ハンマーをペーパーやすりで削って形を整えます。            アクションのパーツです。

     古いバックレールクロスを剥がして新品クロスに貼り替えました。

フロントキーピンに錆落とし剤を塗布し一本ずつ磨き上げました。  ピカピカですね!!

バランスキーピンにも錆落とし剤を塗布して磨き上げます。    こちらもピッカピカ!!

 

フロント・バランスの新品パンチングクロスをセット。         ダンパーロッド取付。

   

ダンパーを取り付けます。    取付終了。                                              妻土台をポリッシャー掛け。

 

  綺麗に光りましたが、ペダル窓クロスが経年劣化で摩耗しているので全部剥がしました。

  

  新品のクロスを寸法にカットして貼り付けます。         ペダルパーツを外しました。

ペダルを磨きます。       ピッカピカです!!       錆止めクリアーを塗布します。

  

パーツ磨き。下前板をポリッシャーで半分磨きました。       割れのある鍵盤蓋を上下外します。

 

外れました。                ボンドで接着し圧着します。その後金具で補強。

  黒鍵サイドにカビ・艶も無いので一本ずつ磨きます。       綺麗になりますね!!

調整しながら鍵盤セット。    ようやく部品が届きました。先ずはブッシュを打ち込みます。

  

全部打ち込んだらドリルで穴を規定値に広げます。         掃除機で削り粉を吸わせ準備完了。

チューニングピンもようやく届きました。頑張って弦を張ります。ドイツレスロー高級ワイヤーです。

     一本ずつ丁寧に丁寧に張っていきます。

芯線終了。             次は巻き線(低音部)頑張って張りました!!

プレッシャーバー取付け。       チューナーで音合わせ。    止音用のリボンフェルト貼。

  

綺麗になってますね。        新品ビスで底板を取り付けピアノを起こしました。

棚板取付け。           筬を取り付け。       ダンパーフェルトをカットします。

ダンパーフェルトを一個ずつ接着し、ダンパー終了。           ハンマー取付け。

 

アクション取り付け終了。     鍵盤を取り付けます。     修理完了、この後細かい調整です。

鍵盤とアクションの運動量調整。    白長いナラシ定規で鍵盤高さを見ながら高い・低いをチェック。

ペーパーの出し入れで高さ調整。   鍵盤の動きに関わる調整を順番に丁寧に行いタッチを揃えます。

天板クロスを寸法にカットして貼り付けました。            マフラーフェルトが汚いので

新品フェルトに貼り替えました。     最終調律です。

       

   パネルを組み立て終了。最高のピアノに仕上がりました。大切に弾いてくださいね!!

 

菓子野町I様U1Eクリーニング

ご実家にあったヤマハU1E。移動ついでにクリーニングをします。

お手入れが随分空いていて、外装は日焼け・傷等あります。弦錆・クロス部分的に経年劣化が見られますね。

暫く作業をお楽しみください!!

 

ヤマハU1E 高さ121cm         最終調律平成15年。 上前板が白っぽくなっています。

鍵盤蓋上面傷。            日焼けと傷ですね。     白鍵木口の黄ばみ。

   一度磨かれているペダル。   白っぽくなった下前板。       パネルを外しました。

鍵盤を外し箱に保管。       弦溝の付いたハンマー。       錆で変色したバランスピン。

 

フロントピンも変色。       チューニングピン。      虫食いで穴の開いたクロス。

 

  ピアノ専用馬を使いピアノを倒しました。              底板を外しました。

ペダル窓クロスの経年劣化。       前土台をポリッシャーで磨きました。

ペダル窓クロスを全部剥がし、新品クロスに貼り替えました。       ペダルパーツを外します。

      ペダルを磨きなおしました。                                                     錆止めクリアー塗布。

 

表面の汚れがひどいので洗剤を塗布し磨きます。          次にポリッシャーで磨きます。

艶が全然違いますね!!           弦をサンドラバーで磨くとピッカピカになりました。

   

   チューニングピンを専用の機械で磨きました。           新品ビスで底板取り付け。

ピアノを起こしました。        バランスピンに錆落とし液を塗布し一本ずつ磨きます。

  

   綺麗になりました。       フロントピンも同じように一本ずつ磨きます。

  

   ハンマーを整形して新品のように復活させました。         アクションを取り付けます。

タッチに関する調整を開始。      鍵盤高さを調整開始。  先ずは高さを測り基準を取ります。

  「作業の絵」の画像検索結果

高さが均一になるようにペーパーの出し入れで調整。

高さ調整が終わったらアガキ定規を使い深さが10mmになるようペーパーの出し入れで調整します。

レットオフ調整。          調律です。                    洗剤で表面汚れ落とし。

    

           ポリッシャーで磨くと、こんなにも違いますね。

  

裏側の凄い埃です。           ブラシで埃を落とし雑巾で仕上げました。

パネルを組み立て終了です。口棒等が日焼けで色の変色はありますが良い状態に仕上がりました!!

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ