「ピアノ展示」タグの記事一覧

KAWAI NS-15 

KAWAI NS-15 入荷しました。展示品・商品になります。

高さ125cmのスタンダードタイプです。音色は明るくよく響きます。仕上がりをご覧ください!! 

DSC_0406DSC_0407DSC_0408

 KAWAI NS-15    艶も錆もなければそのまま出すのですが流石に手を入れなくてはなりません。  

DSC_0409 DSC_0410 DSC_0411

 鉄製の妻土台は錆が発生してます。  鍵盤蓋の艶がありませんね。 

DSC_0412 DSC_0413 DSC_0414

 奥では高橋君がKS3の調整をしてます。   鍵盤を外し箱に保管。      中は意外に綺麗ですね。

DSC_0415  DSC_0417DSC_0418

 アクションも外しました。   ピアノを倒して作業を進めます。   底板を外しました。

   DSC_0421DSC_0424DSC_0425

 ペダルパーツを全部外しました。     ペダルを磨きます。意外としぶとい錆でした。 

DSC_0423   DSC_0427DSC_0429

違いは一目瞭然ですね。   錆止めクリアー塗布後、掃除の済んだ底板にセッティングします。

 DSC_0419DSC_0428DSC_0430

  妻土台は、サンダーで塗装ごと錆落としです。           ペダル窓クロスを交換しました。

 CIMG0022 CIMG0023 CIMG0024

鍵盤蓋のキズ補修。ルーターで穴を開けてパテ埋めします。        塗装開始。

 CIMG0025DSC_0431DSC_0432

こんな感じ~。           譜面台のビスが中で折れています。残ったビスを粉砕中。

   DSC_0433 DSC_0434 DSC_0435

上前板をばらして磨きます。     蝶番磨き。     ピッカピカになりましたね。

 DSC_0436  DSC_0438DSC_0437

ハンマーはファイリング(整形)して形を整えます。写真が横向きなりました~(~~);

 DSC_0439 DSC_0440 DSC_0441

 サンドラバーで弦を磨きます。     ピッカピカ(^^)V         鍵盤を一本ずつ磨きます。

DSCF7897DSCF7898DSCF7899

 妻土台塗装完了。   新品ビスで底板を取付ます。    ピアノを立てました。

 DSC_0442DSC_0443DSC_0444

ポリッシャーでボディーを磨きました。    鍵盤取付です。         パーツを組み立てます。

小林K様カワイBL-61

商品にする為に弦まで外していたカワイBL-61。高さ132㎝の大型タイプ。

小林から見に来られたK様がピアノを習っている小学校3年生のお子様の為にご購入となりました。

頑張って仕上げますのでしばらく作業をお楽しみくださいね!!

     

  132cmの大型タイプです。         往年の名器ですbl61。       ペダルは当然錆。  

                

           真鍮部品のロゴネーム・蝶番・鍵プレート等錆びています。

             

  先ずは掃除から。         口棒を外します。            アクション・鍵盤・口棒外れ。

           

  ハンマーの弦跡。      クロムモリブデン→シルバーメッキピン交換します。  芯線錆。当然張り替えます。

     

錆びたバランスピン。                フロントピンも同じですね。       プレッシャーバー外し。

      ここから写真が飛んだ~何故だ!!

弦を外します。      巻き線は業者送りで作製。     

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

      という事でピンブッシュの打ち込みに飛びました。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0007

慎重に穴を開けます。        新品シルバーメッキピン。      打ち込み開始~。

CIMG0008CIMG0001CIMG0002

綺麗ですね新品は!!       ドイツ高級レスローワイヤー。どんどん張り込みます。

CIMG0001 CIMG0001 CIMG0002

芯線終了です。                              巻き線貼り込み開始。     弦張り全部終了しました。

CIMG0003 CIMG0004 CIMG0005

プレッシャーバー取付です。    弦を傷つけないように弦で弾きながら音合わせします。

 CIMG0006CIMG0001 CIMG0002

 弦枕も綺麗ですね。        ペダルを磨きます。  ピッカピカになりました~。

 CIMG0003 CIMG0004 CIMG0005

錆止めクリアー塗布です。      底板を取り付けます。     そしてピアノを起こします。

 CIMG0006 CIMG0007 CIMG0008

起き上がりました~(^^)v     ダンパーフェルトを剥がして新しいフェルトを貼ります。

 CIMG0009 CIMG0003CIMG0002

寸法に合わせてカットします。  ダンパー接着終了。アクションを取り付けました。

CA3F0001 CA3F0002 CA3F0003

バランスピンに魔法の液を塗り、軽く拭き上げると・・・・・・ピッカピカに。

CA3F0004 CA3F0005 CA3F0006

フロントピンにも魔法の液を塗り、拭き上げます。するとこちらもピッカピカになりました。

  CIMG0004  CIMG0007 CIMG0006

鍵盤を磨きます。      蛍光灯が映るようになりました。       バランスブッシングクロスも新品です。

CIMG0008 CIMG0009 CIMG0010

フロントブッシングクロスも新品。     一本ずつ調整しながら本体に組み込みます。

 CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

色々な調整をします。  キャプスタンボタンで鍵盤とアクションの調整。    白鍵深さを10mmに揃えます。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

鍵盤下の丸いペーパーを厚みを変えて正確に調整。   タッチが揃うように色々な調整をします。   

  CIMG0008 CIMG0009CIMG0010

  調律をします。       鍵盤蓋をポリッシャーを使い磨きます。雲が映ってますね。

CIMG0002 CIMG0003 CIMG0004

 本体裏の掃除です。  綺麗に拭き上げます。  裏響板綺麗になりました。後は、弦が落ち着くまで寝かせます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ