「ピアノオーバーホール・修理」タグの記事一覧

都城市T様BL-31クリーニング

ご実家にあったカワイBL-31。子供さんのピアノレッスンの為に使用するという事でクリーニング・修理・調律をします。長らく調律をお休みされていたせいで虫食いが激しいですね。でも安心してください、新品のようなピノに仕上げてお返しいたしますので暫く作業をお楽しみください!!

 カワイBL-31 高さ125cmで人気の中型機種です。         調律が・・・・。

 穴が2か所、虫食われです。      鍵盤蓋は白っぽく艶が全くありませんね。

鉄製の妻土台は錆びています。     屋根も白っぽく曇っています。   艶の無いペダル。

パネルを外しました。          アクションを外し鍵盤を箱に保管します。

棚板(鍵盤の下)埃が積もっています。  クロスに虫食い。       バランスクロスも虫食い。

  弦に錆が出ています。         チューニングピン。     ブラッケトクロスに虫食い。

 

フロントクロスに虫の脱皮殻と虫食い。   ハンマーフェルトです。   ダンパーフェルトも虫食い。

ブラケットにゴキ卵が!!      先ずは鍵盤修理。ブッシングクロスを湯煎に掛け剥がします。

      頑張る」イラスト無料

  新品クロスを貼り駒で圧着接着します。             

次はバランスクロスです。 新品バランスクロスを貼り駒で圧着背ttyクしてカット、出来上がり!!

ピアノ専用馬で本体を倒します。一人で倒せますよ!!         底板外しました。

  ペダルパーツ外すと虫食いと埃。 ペダル窓クロスも虫食い。       妻土台・脚外しました。

      変色したペダルを機械で磨きます。           ピッカピカになりましたね!!

 

サンドラバー(石の塊の研磨剤)で巻き線・芯線をゴシゴシと磨き錆を落としました。

   チューニングピンは専用の機械で磨きます。          ポリッシャーで天板磨き。

 ピッカピカですね。           ペダル窓クロスを剥がして新品クロスに交換。

妻土台をサンダーで削り剥がして塗装と錆を落とします。         塗装です。

  綺麗に仕上がりました。       親板をポリッシャーで磨くと鏡みたいに周りを映します。

 

   脚と妻土台を取り付けました。   綺麗になっていますね。      ペダルパーツを取り付け。

底板を新品ビスで取り付け。     ピアノを起こしました。

 

 

 

 

志布志市K様シュバイツァスタイン

シュバイツァスタイン SU150です。ご実家に置いた合ったピアノをクリーニング後ご自宅に納品です。

限定生産と熟練技術者による手工芸的作業によって現在もピアノ製造されている素晴らしい会社です。

株式会社シュバイツァ技研 

暫くの間作業をお楽しみください!!

高さ131cmの大型機種になります。    調律最終は平成4年です。  なかなか読めませんね(^_-)-☆

   腕木下側と鍵盤蓋上にえぐれた目立つ傷。            上屋根内側のカビ。

      真鍮製のキープレートとペダルは艶が無く変色してます。   パネルを外します。

鍵盤を外し箱に保管。     ハンマーに変色あり。         バランスピンに白錆。

フロントピンも変色。       弦に多少の錆ありますね。     チューニングピン。

   乾燥機が付いています。         専用の馬を使いピアノを倒します。

       ピアノが倒れたら底板を外し、ペダルパーツを全て取り外します。」

 

   ペダルをグラインダーで磨くとピッカピカになりました。                手作り車庫の防腐剤塗布。

 

サンドラバー(石の塊)で弦をゴシゴシ磨くと、ピッカピカになりました。 チューニングピンは機械で。

こちらもピッカピカ!!      ポリッシャーでボディーを磨くと、鏡のように外が映りました。

 

   汚れた前土台は先にポリッシャーで磨き、経年劣化でくたびれたクロスを剥がします。

 新品のクロスに貼り替えると見違えるようになりましたね!!。     新品ビスで底板取り付け。

 

  ピアノを立てました。      屋根・親板(側面)綺麗に仕上がっています!!

   フロントピンを一本ずつ磨くと、ピッカピカに!!        フロントピンもゴシゴシ。

綺麗になりました。          キズの補修です。ルーターで傷を修正後パテをします。

   

   紫外線ライトでパテを固め、塗装面が面一になるように削って整えます。

部分補修はエアーブラシで塗装しています。   ほとんどキズが判らくなりました。

ハンマーをペーパーでファイリング(削る)して形を整えました。       アクションを取り付け。

細かい調整に入ります。         ピアノ専用のナラシ定規を使い高さ見ます。

      

  高かったり低かったりするので厚さの違うペーパーの出し入れで高さを均等に揃えます。

高さが揃ったらピアノ専用のアガキ定規を使いペーパーの出し入れで深さ10mmに揃えます。

調律します。            マフラー取り付けました。     上屋根を磨きます。

半分磨いて違いが判りますね。    新品ビスで上屋根取付。      蝶番もピカピカです。  

                     

 外装も綺麗になり綺麗な音を奏でてくれます。いつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

ヤマハDGP-1クリーニング

ヤマハデジタルピアノのグランドタイプDGP-1。

木製鍵盤とグランドピアノのアクションを採用したデジタルピアノの最高峰。

今回お家を新築移転の為クリーニングしてお引き渡しいたします。

作業をお楽しみください!!

グランドピアノの形をしたヤマハDGP-1。      艶消し塗装ですが外装に小キズがあります。

多少変色。            パネルを外すとアコースティックピアノの木製鍵盤とアクション。

アクションを外します。         鍵盤も外しました。      埃が積もってます~。

黒く変色したバランスピン。      白く変色したフロントピン。     センサー金具の錆。

フロントピンに錆落とし液を塗布し機械で磨きます。         ピッカピカになりました。

 自分磨きのイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

     フロントピンは一本ずつ手磨きで綺麗になりましたね!!

 

   鍵盤高さも普通のピアノと同じように数種類のペーパーの出し入れで調整します。

 鍵盤深さ調整も同じように数種類のペーパーの出し入れで10mm±0.04に揃えます。

       普通のグランドアクションなので同じように細かい調整が続きます。

 

グランドピアノ整調中!!     ペダル脚パーツを外します。    ペダル部。

  自分磨きのイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや 

  一本ずつ丁寧に磨きます。                 使用前使用後!!

       ポリッシャーで外装磨きました。                パーツ磨き。

 

       上屋根磨き、綺麗になりました!!                                                 椅子を補修。

 

 

作業終了しました。デジタルグランドピアノ、大切にお使いください!!

フレンジコード修理

ヤマハピアノのよくある修理。フレンジコードが経年劣化で切れています。スプリングを留めていてハンマーの返りを手助けする役目があるのですが、これが切れるとハンマーの戻りが悪くなります。

アクションを持ち帰り全フレンジコード張り替えをします。

 

     コードが切れスプリングが外れています。           ハンマーを外します。

フレンジからハンマーを外しました。   フレンジに付いたコード部分にアセトンを注入します。

残ったコードを外します。      綺麗に剥がれました。       フェレンジコードを接着。

片側に貼り付け、折り返し手コードを貼り付けます。           ハンマー取付け。

スプリングをコードに引っ掛けて作業終了になります。

 

 

横浜DS-80Bクリーニング

都城のご実家に置いてあったカワイDS-80Bをクリーニングをしてから横浜の自宅にお届けいたします。

譜面台がグランドタイプの高級機種です。お楽しみにお待ちくださいね!!

 

チッペンデール(猫脚)でワインカラーの大型の高級機種DS-80B.     調律も毎年行っていました。

カワイの色物に多い塗装の白っぽいくすみがあります。             チッペンデール(猫脚)

 

ペダル窓飾りの付いています。    パネルを外しました。       鍵盤を外して箱に保管。

  

      ピアノ専用馬でピアノを倒します。            横になりました。

  

  弦が多少錆びています。      チューニングピン。      バランスピンも少しくすんでます。

 

フロントピン。            底板を外しました。     くすんでまだら模様のペダル。

ペダルパーツを底板から外しました。        バフでペダルを磨きました。

サンドラバーと言う石の塊で弦をゴシゴシと磨くと・・・・あら不思議ピッカピカになりました!!

     無料ダウンロード】ビジネスのイラスト・画像素材一覧|ビジネスのイラスト、画像素材は【書式の王様】

専用の機械でチューニングピンを磨くとこれもピッカピカになりました。

前土台にポリッシャー掛け。   ペダル窓クロスが痛んでいるので新品クロスに貼り替えました。

ポリッシャーで本体磨きました。 輝いていますね!!        新品ビスで底板取り付け。

ピアノを立てました。                         バランスピンは機械で磨きました。

   自分磨きのイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

       フロントピンは手磨きでゴシゴシ・・・ピッカピカになりました。

       使用感の無いハンマーですがファイリング(整形)して形を整えます。

組み立て工場で働く作業員[60001000122]の写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ

アクションを取り付けました。               細かい調整開始。

     鍵盤高さは専用のナラシ定規を使いペーパーの出し入れで揃えます。

次に鍵盤深さです。専用のアガキ定規を使い深さ10mmになるようにペーパーの出し入れで調整。

調律します。            マフラーフェルトが汚いので新品ふぇるとを貼替しました。

         白く変色した上前板をポリッシャーで磨きます。見違えるように光りましたね。

           

                  

              出来上がりました。新品のような輝くでブリリアントな音に仕上がりました。

              手入れを欠かさずいつまでも大切弾いてくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

カワイNO500巻線・ハンマー交換

河合グランドピアノNO500の巻き線とハンマーを交換します。

アクションを持ち帰りハンマー交換作業です。

新品ハンマーは硬いのでハンマーフェルトに針を刺し下処理します。今回ハンマー交換するアクションです。

 音符のイラスト/無料イラスト・フリー素材

肉厚の無くなったハンマーフェルト。     ローラーも交換します。

     ハンマーテール加工とサイドカットします。           ハンマーを外します。

        ローラーを外します。               湯煎にてハンマーヘッド外し。

  ヘッド・ローラ外しました。   外したハンマーヘッド。       新品のローラーです。

 

      先ずはローラーを取付しました。               角度・長さを確認。

ハンマー取付け。         ハンマーとローラーが取り付きました。

アクションに取付て工房作業終了です。

ここからお客様宅での作業です。

   

特注新品巻き線です。         巻き線張り方開始。

 

 

 

三股町K様 KU-5クリーニング

カワイ KU-5 1970年製の50歳のピアノです。

譜面台がグランドタイプの大型機種です。残念ながら最終調律が昭和49年。

音が狂ってるのは勿論ですが虫食いによるクロス類の被害もあります。

綺麗に修理してお返しいたしますので暫く作業をお楽しみくださいね!!

 

グランドタイプの外付け譜面台。    高級機種のKU-5。      最終調律昭和49年。

 

パネルを外します。           ブツブツに変色ペダル。    鍵盤を箱に保管します。

  

  フロントクロス・バランスクロスに虫食い。            バックレールクロスも虫食い。

ブッシングクロスもやられてます。    弦に錆。           チューニングピンです。

黒く変色したバランスピン。   ハンマーは使用頻度少ないですね。    バットコード切れ。

専用の馬で一人ピアノ倒し。意外と楽に倒せます。          底板を外しました。

ペダルパーツを外します。       ペダルをグラインダーで磨くとピッカピカになりました。

    作業員の無料イラスト素材集|イラストイメージ

    弦をサンドラバーでゴシゴシと磨きました!!

      チューニングピンクリーナーを使いチューニングピンを磨きました。

前土台をポリッシャー掛け。     ペダル窓クロスが痛んでいるので新品クロスを貼り替えます。

綺麗になりました。           本体親板をポリッシャーで磨きました。

   

新品ビスで底板を取り付けピアノを立てました。             筬を外します。

フロントキーピンを一本ずつ丁寧に磨きます。右と左、違いますね。    バランスキーピンも磨きます。

 

綺麗になりました~!!         キーバックレールクロスを剥がしクロス類全て新品に交換。

鍵盤びっしんぐクロスを湯煎に掛け全て剥がします。         剥がし終了。

新品フロントブッシングクロスを貼り駒で圧縮接着しカットして出来上がりです。

バランスブッシングクロスも同じように圧着接着、カットして出来上がりました。

鍵盤を一本ずつ調整しながら本体にセットします。             ハンマーファインリング。

綺麗になりました。       アクションを本体にセット。             この道具を使い鍵盤調整。

 

先ずは鍵盤高さを測り基準を作って、パンチングペーパーの出し入れで高さを揃えます。

  今度は鍵盤深さ。10mmになるようにアガキ定規(深さ用)を使いパンチングペーパーで調整。

調律します。             マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

      上前板をポリッシャーで磨きます。           鏡面仕上げ!!

 

パネルを組み立てて終了です。    新品みたいに綺麗になりました!!

 

 

 

 

 

 

YAMAHA U30A

ヤマハの高級機種U30A。毎年欠かさず調律もされており非常に状態の良いピアノです。

商品にする為に作業を開始致します。

 高さ131cmの人気の大型タイプU30Aです。            定期調律もバッチリです。

 鍵盤蓋は白っぽくなってます。     鍵盤は綺麗ですね。      天板も曇っています。

艶の無いペダル。          パネルを外し、アクション・鍵盤も外しました。

ハンマーも良好ですね。        フロント・バランスピンに多少変色が見られます。

   42件】ピアノ素材 無料|おすすめの画像 | ピアノ, 音符 イラスト ...

  弦にも多少錆がありますね。                  チューニングピンです。

 専用の馬を使い一人でピアノを倒します。 これが無ければ一人では無理ですね!!

     底板を外し棚受け柱を外しました。             底板のペダルパーツの分解。

全部バラしました。       ペダルをグラインダーで磨くと新品のような輝きになります。

   前土台をポリッシャーで磨きました。              ペダル窓クロス。

  無料イラスト 一緒に応援<ぶちにゃん・ぷちにゃん>

     新品クロスに貼り替えました。                   完璧だニャ~!!

   サンドラバーでゴシゴシと弦を磨きました!!           チューニングピンは機械で。

ピカピカですね。           ボディーの汚れを落としてポリッシャーで磨きを掛けます。

     ピッカピカになりましたね(^^)V                      新品ビスで底板取り付け。

 

ピアノを立てました。         フロントキーピンを一本ずつ磨きます。

 ぴかぴか・お星様イラスト - No: 1001875/無料イラストなら「イラストAC」

      バランスピンも一本ずつ手磨きで!!    ピッカピカ(^_-)-☆            

      ハンマーフェルトをファイリング(整形)します。   アクション・ 鍵盤取り付けて調整に入ります。

    

         鍵盤高さは専用のナラシ定規を使い白鍵に続き黒鍵を揃えます。

ペーパーの抜差しで微調整します。         アガキ定規を使いペーパーの指貫で鍵盤深さ調整。

    

   細かい調整。       マフラーフェルトが変色してるので新品フェルトに交換しました。

    各パーツをポリッシャーで磨きます。           パーツ組み立て。    

    

終了いたしました。最高に良いピアノに仕上がりました。嫁ぎ先決まっています!!

 

 

 

西諸県郡高原町K様U100クリーニング

ご実家に置いてあったヤマハU100、新築した自宅に持っていくには・・・。

虫食いが酷いのでクリーニングと修理をしてご自宅にお届けすることになりました。

時間が掛かりますが作業をお楽しみください!!

   ヤマハU100 高さ121cmの1型で人気の機種です。           最終調律平成9年

 天板裏にカビがありますね。       鍵盤蓋は艶が無く擦り傷あります。

  親板(本体側面)のもカビが。      裏側響板は埃まみれです。      艶の無いペダル。

パネルを外しました。        赤い粉・青い粉は虫食われのフェルトカス。

 ポツンと黒いのは脱皮した虫の殻。         鍵盤・アクションを外しました。

赤いバランスクロスが無くなってます。 この赤い粉は鍵盤フロントクロスの虫食われのフェルトカス。

バランスのクロスも無くなっています。  ハンマーは綺麗ですね。   ウイッペンクロスもやられてます。

ゴキブリ専門!無料イラスト素材「74点」(擬人化・キャラ・シーン ...

 ゴキ卵。  ピアノにはよくゴキブリが侵入します。定期調律で早期発見したいですね。

   先ずは棚板を掃除機を掛け掃除しました。             ピアノを倒します。

真横に倒れましたね。          底板を外しペダルパーツを取り外しました。

  

 ペダル受けクロス虫食い。         ペダルを機械で磨くとまるで新品のようになりました。

ペダルに錆止めクリー塗布。     サンドラバーで弦のサボ降し。ゴシゴシと磨くとピカピカに。

  

チューニングピン専用のチューニングピンクリーナーで磨きました。    ポリッシャーで前土台磨き。

    ペダル窓クロスがボロボロなので剥がして新品クロスに貼り替えます。

新品ペダル窓クロス。         親板をポリッシャーで磨くと、鏡みたいになりました。

ペダルにビニールカバーを付け底板を新品ビスで取り付けます。               ピアノを立てました。

   

   鍵盤クロスを湯瀬院に掛け全部剥がしました。       フロントクロスを貼り駒で圧着接着。

 

余分なクロスをカットして終了。   バランスも同じように圧着接着してカット後終了。

      虫食いのウイッペンヒールクロスにアセトンを注入し剥がします。

寸法に合わせクロスをカット。      クロスの両端に接着剤を塗布しウイッペンに貼り付けます。

 

一本ずつフロントピンを磨き上げました。              新品クロス取り付け。

焼きリンゴの差し入れで~す。      バランスピンに錆取り剤を塗布し一本ずつ丁寧に磨きます。

ピッカピカになりましたね!!         新品クロスをバランスピンに取り付けました。

一本ずつ調整しながら鍵盤を取り付けました。                本体にアクション取り付け。

  

タッチに関する調整開始。         この道具を使い鍵盤高さを揃えます。     

ペーパーの出し入れで調整。       鍵盤深さをペーパーの出し入れで10mmに揃えます。

調律します。             マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

パーツをポリッシャーで磨きます。     半分磨き。        全部磨き・・違いますね!!

  万歳」イラスト無料

パネルを組み立て終了です。        バンザーイ!!   新品みたいに綺麗になりました。   

 

 

 

 

ヤマハU1D

ヤマハU1D ワインカラーの50年以上前のピアノです。

全塗装をして蘇らせます。

 

  121㎝の1型ピアノ。         塗装が色褪せています。

 

写真では綺麗に見えますが・・!!      2本ペダルです。      茶褐色に変色した鍵盤木口。

 

ハンマーは比較的綺麗ですね。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ