YAMAHA U2B 郡元町Y様

ヤマハu2bスパークリーニングの始まりです。

昭和40年製の42歳。年数は経っていますがこの時代のピアノの材料は非常に良いです。

現在もこのような良い木を使ってくれるとよいのだけど、高くつくでしょうね。

古くても良いものは良い。大切にしましょうね!!

 

       

    艶は無いし、錆びているし、白鍵は汚いし、でも、そんなのカンケーネー!!

    どこまで綺麗になるか、お楽しみ〜!!

腕木の外も内も真っ白けですね。 鍵盤を外します。         バランスピン錆              鍵盤下埃だらけ

         

                    これは、ゴキちゃんのフン       掃除機を掛け綺麗にします。

       

ピアノを倒して、底板を外します。  板バネ錆           ペダル窓フェルト

        

錆びたビスは交換します。                             ここで一休みだニャン

     弦の錆取りに入ります。     サンドラバーで一本ずつ磨きます。非常に根気がいります。

      

チューニングピン磨き               弦もピンも綺麗になったところでマスキングします。

ここから汚れる作業開始。おっと、買ったばかりのつなぎが汚れるので古いつなぎに着替えました。

       

錆止め入りクリヤー塗布     ピッカピカですね!!           底板もサンダーをかけます。

        

見ることの無い底板を綺麗に塗装します。        組み立て完了

ここまでこだわらなくてもと人は言いますが・・・!!

  

新品のビス                             底板完了

  

                        久しぶりにピアノが立ちました。

     

   磨いて〜磨いて〜ひたすら磨く       フロントキーピン                バランスキーピン

             

   ハンマー整形(ファイリング)                               

  

    ハンマー終了               レットオフ調整               弦あたり

        

  鍵盤ならし                                          調律

          

         出来上がりました。大切に弾いてくださいね。良い音してますよ!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ