YAMAHA U10A

 CIMG0001 CIMG0002 CIMG0005

YAMAHA U10A              商品にするために作業に入ります。   YAMAHAのロゴがくすんでますね。

CIMG0003CIMG0004  CIMG0006

ペダルも輝きがありません。      妻土台も若干くすんでいます。    まずは、パネルをはずします。 

 CIMG0008 CIMG0009  CIMG0011

上前板・鍵盤蓋・下前板外しました。   アクションを外します。        本体と外したアクションです。 

CIMG0012 CIMG0013 CIMG0014

鍵盤を外します。       外した鍵盤はひとまず箱にて保管。     鍵盤まで外れました。 

CIMG0015 CIMG0016 CIMG0017

ピアノを倒します。        底板を外しますね。            底板外れました。 

CIMG0018 CIMG0019 CIMG0020

ペダルパーツを外します。     バラバラになったペダルパーツ。        ペダル受けクロスも交換しますね。 

CIMG0021 CIMG0022 CIMG0023

ペダルを磨きます。           ピッカピカになったでしょう(^^)V      錆止めクリアー塗布です。 

CIMG0024 CIMG0025 CIMG0026

ペダル受けクロスを剥がして新品クロスを貼ります。             底板にペダルパーツ組立完了。 

CIMG0027 CIMG0029 CIMG0030

 ペダル窓クロスも交換します。     古いクロスを剥がします。        剥がし完了。  

CIMG0031 CIMG0032 CIMG0033

新品クロスを長さを合わせながら貼り込みます。綺麗ですね。         外装もくすんでますね。 

CIMG0034 CIMG0035 CIMG0036

ポリッシャーで外装磨き。        外装が光ってガラスみたいに物を写します。    鍵盤蓋も磨きます。 

CIMG0037 CIMG0038 CA3F0001

こちらもピッカピカになりました。      チューニングピンを機械で磨きます。     ピンも綺麗になりましたね。 

CA3F0002CA3F0003CIMG0039

そんなには錆びてませんが芯線と巻き線をサンドラバーで磨きます。

CA3F0008CA3F0009CA3F0004

ピッカピカに光りましたね。巻き線も綺麗になりました。             バランスピンがくすんでいます。

CA3F0010CA3F0011CA3F0012

魔法の液を塗布。      拭き上げるとピッカピカになりましたね。

CA3F0013CA3F0014CA3F0015

フロントピンも同じように魔法の液塗布。   拭き取ります。        ピッカピカ!! 

CIMG0040 CIMG0041 CIMG0042

底板を新品ビスで取り付けます。       底板取り付け完了。      ピアノを起こします。 

CIMG0043CIMG0002CIMG0003

 

本体出来上がりです。   バフで鍵盤を磨きます。          鍵盤を本体に取付。

 

 

 

CIMG0004CIMG0005CIMG0006

 

鍵盤終了、綺麗ですね。             アクションを取り付けます。         ピアノらしくなってきました。

 

CIMG0007CIMG0008CIMG0009

 

この道具を使って調整開始。        キャプスタンボタンでハンマーロスの調整。    鍵盤高さを面一になるよう調整します。

CIMG0010CIMG0011CIMG0012

 

丸いペーパーを出し入れして微調整。   鍵盤深さは10mmに調整。   丸いペーパーは0.04㎜から0.60mっまであります。

CIMG0013CIMG0015CIMG0016

 

ハンマーレットオフ調整。           裏も掃除します。              調律します。ピッチA=442Hzにセット。

CIMG0019CIMG0020CIMG0026

 

パネルを組み立てて終了。         YAMAHAも光ってますね。          全体に綺麗になりました。

CIMG0027

 

 YAMAHA U10A

サブコンテンツ

このページの先頭へ