T様ヤマハU1Eクリーニング

御実家に置いてあったピアノを子供さんの為にクリーニングして使う事になりました。
昭和64年が最後の調律。当社の山ちゃんが行ってました~。
と言う事は26年間眠ったまま・・・。
でも御安心ください。新品みたいに綺麗にしてお返しいたします。
暫らく作業をお楽しみくださいね!!
    

  年数は経っていますがしっかりした造りのu1シリーズです。           yamahaロゴは錆びてますが。

         

    真鍮で出来たペダル、鍵穴・プレート、蝶番類はやはり錆びていますね。

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

       

  上屋根内側のカビ。           ガムテープの痕。            親板(本体の横)のカビ。

        

   裏は埃が積もってます。       丸めたハンカチ発見。           パネルを外しました。

        

 アクションを外します。              白鍵の掛けがあります。      木口の変色。

      

    鍵盤を外します。            一旦箱で保存。           鍵盤外し終了。 

       

  埃他いろいろ・・・。            白錆になったバランスピン。         フロントピンも黒錆。

      

掃除機を掛けます。           バランスピンに魔法の液を塗り一本ずつ磨きます。

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

          

    ピッカピカになりました。          バランスピンにも同じようにやるとピッカピカになりました。

          

            巻き線も変色してますね。        芯線の錆。

     

  ガムテープ痕に魔法の液体を塗り剥していくと・・・・・             綺麗になりましたね。

         

     専用の馬を使うと一人でピアノを倒すことが出来ます。              底板ビス外し。 

        

   底板外れました〜。           ペダルパーツ外します。          ぜーんぶ外れました。

       

 埃が凄いので雑巾で汚れ落し。    ペダル受けクロスも経年変化で下手っているので新品に交換。

         

    ペダルを磨きます。           使用前・使用後(^^)v         錆止めクリアー塗布。

        

  底板にペダル取り付けました。     ポリッシャーで本体を磨きます。     鏡みたいになりましたね。

            

      パーツも磨きます。        蛍光灯が映ってます。

      

 長蝶番を磨きます。             錆止めクリアー塗布。           ピッカピカですね。

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

         

    ペダル窓クロスも擦り切れて用を成さないので取り替えます。           鮮やかになりました。

      

  弦を少しずつ緩めます。          芯線を押さえているプレッシャーバーを外します。

           

     巻き線を外しました。          現物を業者に送り同じ物を作ってもらいます。

             

    芯線を外します。                チューニングピンを外します。      見えない部分が凄い錆ですね。

        

  鍵盤が乗る棚板を外します。      これが棚板です。             フレームだけになりました。

       

     フレームを外すのに邪魔になるので、腕木・脚(棚受け柱)を外します。

        

  白い所が外した部分。         クサビを差込剥します。         外した妻土台。

         

    フレームのビスを外します。      チェーンブロックでフレームを持ち上げます。無事外れました。

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

      

   響板に割れがありますね。早速補修します。穴をテーパー状に広げます。  スプルースを加工。

         

    割れに埋め込みます。        面位置にカンナ掛け。           こんな感じですね。

        

  シンナーで塗料落し。            サンダーで削ります。          綺麗になりましたね!!

        

   白鍵木口剥しです。          こ〜んな感じ。                  剥した木口のセルロイド。

          

   青い保護シールの付いた新品木口を貼り付け、サイドをカットします。         良いですね!!

          

     白鍵上面を磨きます。           蛍光灯が映るようになりました。

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

      

  深くなった弦溝痕。            ペーパーで整形します。      新品みたいになりました。

       

  響板塗装です。               美しくなりました。             蛍光灯が映ってますね。

             

     ピンブッシュ抜き。             抜いたピンブッシュです。     本日は暖かいです。

       

  止音用リボンフェルト剥します。     フレームを磨きます。         リボンフェルト赤に変えました。

       

    チェーンブロックを使い一人でフレームを本体に載せました。        ボルト締め込み。

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

      

   ピンブッシュ打ち込み開始。      全部打ち込みました。              ドリルで穴を開けます。

           

     新品シルバーメッキピン。         打ち込み開始。              完了!!

       

  高級ドイツレスロー弦(芯線)         張り方開始!!            芯線終了(^^)v  

         

   止音用リボンフェルト装着。         佐川急便だよ〜ん。   ようやく届きました、特注巻線。

        

   早速、巻き線張り方開始。         このように順番に張ります。   弦張り終了!!

写真が×になる場合は写真が出るまで何度でもキーボードのf5を押してください。

        

  低音止音フェルト貼りました。      プレッシャーバー取付け。          最初の音合わせ開始です。

         

   外したパーツを組み立てます。     棚板も本体に戻します。         底板取付け。

           

    馬を使って本体を起こします。       久しぶりに起ちました。          鍵盤取付け。

         

    この道具を使って調整開始。      鍵盤高さ、丸の部分が低いですね。ペーパーを抜き差しして揃えます。

       

  鍵盤深さを10mmに揃えます。   白い紙の厚さで調整です。     その他の調整。

       

   調律をします。                 鍵盤押さえクロスを剥して赤いクロスに交換しました。

         

マフラーフェル地と交換。    裏の掃除をします。          パネル組み立て。

     

                       

                              

         出来上がりました。最高の状態に仕上がっています。今から何十年も使える最高のピアノです。

         一生懸命練習して良い音を奏でてください。そして親子何代までも継承していきましょうね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ