KAWAI US-50

カワイのグランドタイプ譜面台の高級機種です。

使用が少なくてなかなか綺麗ですが、中は開けて見なくては判らない!

いざ、作業開始・・・・(^^)!

       

  
ハンマーは良いですね〜。        ゲゲ、巻き線・芯線錆てるぞ〜。   巻き線下の芯線の錆判るかな?
   
バランスピン・フロントピン、錆。                            蝶番も外します。
使用の少ないピアノは、湿気が溜まって錆びやすいですね。

     
  同じ巻き線を作ってもらうために外して業者に送ります。

 
ここでピアノを倒して底板を外します。板バネの錆        ビスの錆、全交換します。

   
                        アップで見るとまだらに錆びてます。

           
チューニングピンは綺麗ですが、やはりシルバーメッキピンに交換します。


こんな箱に入っています。打ち込み開始。        張弦開始。


                      ニャンカ変!!     芯線の張弦終了。巻き線がまだ届きません。


ペダルに入ります。       磨き前〜磨き後             錆止め入りクリアー

    
ボディーをポリッシャー掛け       ペダル部終了。
          
  ハンマーファイリング(整形)   お見事!!               外装パーツ磨き終わり 

    巻き線到着                 張弦開始。

  
  底板は新品ビスに交換取り付け    ピアノを起こします。         チューニングピンが綺麗ですね。

  
磨かれたバランスキーピンとフロントキーピン                 整調後調律を繰り返します。


素晴しい出来上がりですね。中も外も音も綺麗です・・・・・・終了!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ