KAWAI NO.301オーバーホール

保育園に有ったカワイのNO.301。製造番号22489から昭和29年製、なんと59歳のピアノです。

鍵盤数も85鍵と今の標準より3鍵少ない珍しい貴重なピアノです。

現役で活躍していましたが、さすがにボロボロになってきている為オーバーホールすることに

なりました。塗装までやり直しますのでお楽しみにお待ちくださいね!!

   

  外装が凄いですね~。        年期を感じます。         NO301

        

    シールが貼ってあります。      オ~、この剥がれ。    塗料が自然に剥がれています。

 

        

   キープレート錆。           鍵盤押さえクロスに穴。    アクションを外しました。

         

  ハンマーのシミ。           ダンパーフェルト。         ゴキの卵発見。

         

     鍵盤を外します。          丁寧に箱に詰め込みます。   鍵盤を外した本体。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

           

    バランスピン錆。           先ずは掃除から。         口棒を外します。

         

    弦を緩めます。           プレッシャーバーを外します。解るかな~!!

          

     巻き線を外します。順番に一本ずつ外し、まとめて業者に送ります。特注製作ですね。

        

   芯線外し。 大胆にカットしながら最後は資源ゴミです。        弦の無くなった本体。

          

    チューニングピンを外します。     全体に錆びてますね。       響板裏掃除です。

        

   ピアノを倒します。           倒れたピアノ。         底板を外します。

       

  ようやく外れました。          錆びた底板のビス。       ペダル受けクロス。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

        

   外した底板です。           前土台を外します。       棚受け柱を外します。

           

     キャスターを外しました。      2本足の棚受け柱は珍しい。    棚板を外します。

         

   棚板がようやく外れました。       腕木外し。             腕木です。

        

  何も無くなりましたね。      フレームビスを外します。    簡易図面でビスを保管。

          

    フレーム落としです。           フレーム。       響板だけになりました。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

         

  なかなか外れない妻土台。     ようやく外れました。       塗料下の薄板剥れました。

       

 この文字体は珍しいので温存。    60年前のチョークは・・・?    この文字も?

          

     鉛筆で57?             響板ニスを落とします。     サンダー掛け。

                

      オリジナルデカールは残します。    ピンブロック外し。       これがピンブロック。

          

   響板塗装です。            塗ったり削ったりを繰り返します これで響板塗装終了です。

               

    駒にある弦の番手が消えている為、メーカーより資料を入手しました。駒に書き込みます。   

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

           

   フレーム塗装終了。         フレームを本体に乗せます。    フレーム・本体合体。

              

      フレームビス締めです。   ここはナットを締め付け。   赤い止音フェルトを貼りました。

          

   新品ピンブロックを一本ずつ打ち込みます。             終了。

          

    ピン板を傷つけないように慎重に穴を開けます。            新品のチューニングピン。

            

      一本ずつ打ち込むのですが脳天に響く音です。イヤーマフのお蔭で無事終了!!

          

    張弦開始です。         綺麗にコイルを作りながら丁寧に芯線を張ります。

          

     芯線終了。          プレッシャーバーを取り付け。    特注巻線が到着です。

        

  早速巻き線張弦開始。        黙々と作業を進めます。      全弦張弦終了~!!

       

 最初の調律は、弦を傷つけないように弦の切れ端で弾いて音合わせ。   マスキングをして弦を保護。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

         

        永年使用でクロスが擦り切れてますね。              全部剥します。

            

    丸く穴が開いています。       バランス部終了。         フロント部終了。

              

    木口も汚くなってます。            先ずは木口剥し。

           

   削る前と削った後の鍵盤。      ナンバーリング中。    このように番号を打ち直します。

          

     

        

    外装塗装剥し。              何やってるの?      パーツ塗装剥し。

            

     白鍵上面剥しです。            全部剥しました。色んな思い出のある鍵盤ですね。

          

   新品白鍵とクロス。        バランスクロス貼り。       専用治具で圧着します。

             

    余分なクロスをカット。  バランス終了です。           フロントクロス接着。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

          

   カットして終了です。         白鍵を貼ります。      一本ずつ形が違います。

             

     形に合わせてカット。             一本ずつ手作業で仕上げます。

        

   黒鍵を磨きます。        ピッカピカになりましたね。      木口も素晴らしい!!

            

     外装のパテ埋め。        凄く錆びたビス、もちろん交換。 譜面台ヒンジも交換ですね。

         

   上口金を外しました。     錠前本体を外しました。       塗装剥しは大変だよ~(~~)

        

      坪口外しました。       何かの紙をくり抜いて作ったパンチングペーパー。

         

    古いパンチングクロスは捨てます。黒く錆びたバランスピン。      一生懸命磨きます。

       

  磨き終了でバランス・フロントパンチングクロス新品交換。棚板終了でマスキングして保護します。

          

    塗料を剥した棚受け柱を塗装の為にばらします。              ロゴマーク外し。

          

    結構面倒ですが終了。        パーツの下地塗装開始。      乾燥させます。

        

   サーフェーサー塗布。       いよいよ一回目の上塗り。    淡いピンクです。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

           

     経年劣化でチップが切れます。  ハンマーを外します。      ゴミが積もってますね。

           

      お掃除・お掃除!!      ブライドルテープを外して新品に貼り替えます。

          

    写真左上のダンパーをレバーごと一本ずつ外します。         外したダンパー部。

            

  このスプーンとの摩擦でレバークロスにポッカリ穴が開いています。   全部剥して交換します。

         

      塗装は上塗りを繰り返し、徐々に仕上がっていきます。

        

スプーンを一本ずつカメラが映るぐらい丁寧に磨きました。鍵盤と連動しているのでタッチがスムースになります。

          

    底板のペダルパーツ外し。    埃が人の顔みたいですね。  外したパーツです。

          

     ペダルを磨きます。       新品みたいになりました。       錆止めクリアー塗布です。

               

      サンダーで表面を削ります。  ポリッシャーで磨きます。  底板にペダル取付完了。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

        

   棚受け柱取り付け。         底板を取り付けます。       黒に塗装した底板。

       

   お~、立ち上がりましたね。    下前板取り付け。        こんな感じですね。

        

           ダンパーフェルトをカットして貼り付けアクションに取り付けます。

         

 ハンマーヘッドを外します。    内硬外柔の赤アンダー入りハンマー。  植え込みします。

写真が×になる時は全ての写真が出るまでキーボードのF5を何回も押してください。

       

   ハンマーも付きアクション取付。     調律をします。

        

   何が出てくるか?        何となく見えてきた。     ASOKAのロゴマークになりました。

             

        仕上げの磨き。               組み立てました。

    

                         

         仕上がりましたね。

                                        

                        ピンクに甦ったKAWAI、NO301.

                      

サブコンテンツ

このページの先頭へ