福岡T様-u3a

奥様のご実家にあったヤマハu3a。

昭和59年製の大型の高級ピアノ。調律が平成3年からされてません(-_-;)

でもご安心ください。グローミュージックにお任せ下さい。多少時間は掛かりますが

驚くようなピアノに蘇らせます。作業をお楽しみくださいね(#^.^#)

   
   ヤマハu3a

          
   ピアノ内部にある記録カード。                             平成3年9月15日が最後の調律です。     キープレートの錆。
            
     ペダルもくすんでます。          小傷に白っぽくなった表面。      パネルを外しました。

         
    アクションを外します。        弦錆で茶色になった弦痕。        鍵盤を外します。

              
      アクション・鍵盤外し終了。         カビとクモの巣。             2台同時に弦外し。

               
            巻き線を外し業者に送り特注で同じ物を作ってもらいます。           

      
     プレッシャーバー外し。          口棒を外します。         芯線カット。

          
     チューニングピンを機械で抜きます。見えない部分も錆びてます。                    外した芯線は捨てます。

               
        ピアノ裏側に犬か猫の毛?積もってますね。                     先ずはお掃除。

           
   湊と書いた紙発見。            ピアノを倒します。                倒したピアノ。

         
     底板を外すのですがなかなか外れません。あの手この手使ってようやく外れました。

           
  外した底板。                底板外した後の本体。            ピンブッシュを抜きます。

          
   こんな感じですね。            新品ピンブッシュ。            打ち込みます。

         
     一個ずつ丁寧に打ち込み。        ピン板を傷つけないよう穴を開けます。

                       
          チューニングピンを打ち込みます。 騒音注意!!    打ち込み終了です。

      
  芯線を張ります。             こんな感じ!!            高音部終了。

        
      芯線終わりました〜(^^)v                       特注巻線きてますよ!!

        
   プレッシャーバーです。           巻き線張り開始。          こんな具合!!

        
        巻き線終了です。     共鳴を防ぐ赤い止音フェルト取付。    下律(最初の音合わせ)

           
弦が傷つかないよう弦で弾きます。       底板ペダルパーツを外します。結構な部品の数ですね。

       
  ペダルを磨きます。       錆止めクリアー塗布。         外装ポリッシャー掛けです。

         
  底板を黒に塗装し、ペダルを取り付け、新品ビスで本体に取り付け。      ピアノを起こします。

        
   外装・ペダルがピッカピカになってますね。                   チューニングピンも眩しい!!

        
   バランスピンも磨きました。      ハンマーを削って形を整えます。   綺麗になりましたね。

             
      エアーでアクション埃を吹き飛ばし、本体にセット。

          
   やはり鍵盤木口が気になります。    バランスブッシングクロスを一本ずつ丁寧に貼り付け。

           
     フロントブッシングクロス貼り。    カットしてバランス出来上がり。    カットしてフロント出来上がり。 

       
   蝶番を外します。             少し磨きました。判るかな!     鍵盤蓋を磨きます。

       
 新品蝶番取付。               外装磨きました。           yamaha 光ってますね。

               
          ピカピカに光ってます。           寝心地もグー!!

       
  白鍵・黒鍵磨きました。        木口貼り替え終了。           この道具で鍵盤をセット。

             
      一本ずつバランス・フロントを調整しながら取り付けます。             調律します。

        
整調道具。鍵盤高さ・深さ・ロストモーション・ハンマー接近・ダンパー始動等調整をします。

    マフラーフェルト貼替え。
                    最高に甦ったu3a
                                       
                                        いつまでも大切にお使いくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ