DS-80K様クリーニング

ご実家にあったピアノを新築の為クリーニングして納めます。

カワイのDS-80高さ132cmの大型で譜面台はグランドタイプの高級機種です。

作業に暫く時間が掛かりますが作業をお楽しみください!!

チッペンデール(猫脚)の美しいカワイのDS-80。   調律が平成10年が最後になってます。

艶が無くなり白っぽくなってます。KAWAIのロゴも艶がありませんね。  アクション・鍵盤外しました。

バランスクロスの虫食い、フロントクロスに赤い粉が有ります。  ブッシングクロスも虫食いです。

フロントブッシングクロス。     チューニングピン。     錆の出た芯線。

   湯煎に掛けバランス・フロントのブッシングクロスを全て剥がしました。

  バランスクロスを貼駒で圧着接着してカットで出来上がり。     同じくフロントも貼駒で圧着接着。

仕上げカットで終了。         ピアノを倒しました。     底板を外しました。

ペダルパーツをバラバラにして、ペダルを磨きます。         比べてください!!

錆止めクリアーを塗布します。     経年劣化のペダル窓クロス。   剥がして新品クロスを貼ります。

新品になりました。        サンドラバーで弦を磨きます。   綺麗になりましたね。

チューニングピンは専用の機械で磨くと、この通りピッカピカ。     外装はポリッシャーで磨きます。

鏡みたいになりました。        新品ビスで底板を取り付け、ピアノを起こしました。

クロス類を全て取り除きました。    錆で変色しているバランスピンを機械で磨きます。

   

綺麗になったバランスピン。       フロントピンに魔法の液を塗布し磨き上げます。

ピッカピカですね!!          新品のバックレール・バランス・フロントクロスをセット。

 弦溝の付いた埃で変色したハンマーをペーパーで削ります。     新品みたいに加工しました。

アクション・鍵盤取り付け。    ここから細かい調整に入ります。  鍵盤高さはナラシ定規を使用。  

ペーパーの出し入れで調整。     深さはアガキ定規を使って、同じくペーパーの出し入れで調整。 

出荷前調律。         マフラーフェルトも汚いので交換しました!!

「作業員 絵」の画像検索結果

パーツをポリッシャーで磨きます。これも鏡みたいになりましたね。

KAWAIも光ってます。  これで作業終了。大切にお使いくださいね!!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ