DIAPASON DR-50BF

商品になります。名器DIAPASON DR-50BF。

高さ131cm/間口154cm/奥行63cm
■黒塗り艶出し仕上げ
■ドイツ・レンナー社製ハンマー
■チッペンデール(四方転び猫脚)
■ペダルガードプレート

           売約済み

   高さ131cmの大型の高級高性能モデルDR-50BF。 チッペンデール(猫脚)が高級感有ります。

 DIAPASONのロゴとペダルは真鍮製なので艶が無くなりますね。    6本支柱の贅沢モデル。

 

   鍵盤蓋から順番にパネルを外しました。          白鍵に人工象牙を使用。        

           アクションを外します。       ドイツ・レンナー社製ハンマーを使用。

鍵盤は外して箱に保管。        ファインエボニー黒鍵(抗菌処理)。

チューニングピン艶なし。   弦は少し錆っぽいですね。      ピアノを倒します。

猫脚も外します。         底板外し完了。          底板ペダルパーツバラしました。

ペダルを磨きます。         ピッカピカになったペダルに錆止めクリアーを塗布。

   ペダル窓クロスも新品に交換しました。              ポリッシャーで外装磨き。

   「作業絵」の画像検索結果

サンドラバーで弦を磨きます。    綺麗になりましたね!!        毎度!!

   

バランスピンに液体を塗布し、機械で仕上げ磨きします。         綺麗になりましたね。

 

  液体を塗布したフロントピンは、一本ずつ手磨きします。       終了!!

   ハンマーはファイリング(整形)して形を整え、新品時のような輝きのある音を取り戻します。

 ファイリングが終わるとハンマーの左右の間隔不揃を揃え弦の当たりを均等にします。

 専用機械でチューニングピンを磨きました。             ビスを新品に変え底板取り付け。

 

ピアノを立てます。          日本全国寒い一日です。    タッチに関わる整調作業開始。

  ロストモーション。       鍵盤高さ調整。    パンチングペーペーの出し入れで調整。

鍵盤深さ定規で10mmにペーパーの出し入れで調整します。     マフラーフェルト交換します。

マフラーフェルト取り付け。     出荷前調律します。     鏡みたいになった上前板。 

     パーツをポリッシャーで磨き、組み上げました。     新品みたいな輝きですね!!

                    出来上がり!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ