DIAPASON 125M1

DIAPASON NO125-M1

商品製作です。

DSCF3973 DSCF3974 DSCF3976

高さ125cmの中型ピアノ。   アクションを外しました。  鍵盤も外します。

DSCF3977 DSCF3978 DSCF3979

埃が溜まっています。  バランスパンチングクロス・フロントパンチングクロス外して交換します。

DSCF3980 DSCF3981DSCF3982

先ずは掃除から。  ピアノを倒して棚板を外します。

 DSCF3983 DSCF3984DSCF3985

外した棚板、底板。  裸になったピアノです。  弦を緩め、弦・チューニングピン・ピンブロック外しました。

DSCF3987 DSCF3988 DSCF3989   

フレームビスを外します。外したビスは、図形を取った段ボールに刺して保管。フレームを落としました。

DSCF3990DSCF3993DSCF3994

フレームの外れた本体。掃除機を掛けます。  響板塗装をサンダーで剥がします。

DSCF9003 DSCF9005 DSCF9006    

響板塗料が綺麗に剥がれました。 底板のペダルパーツをばらして、ペダルを磨きます。

DSCF9008DSCF9009DSCF9010

ピッカピカになったところで、錆止めクリアー塗布です。  底板もサンダーで磨きます。

DSCF9011DSCF9069DSCF9070

綺麗になった底板とペダル。   響板にマスキングを施し下塗り・削り・上塗りいたしました。

DSCF9071DSCF9072DSCF9073

綺麗に塗れましたね。      ペダル窓クロスが痛んでいるので貼り換えました。

DSCF9081 DSCF9082 DSCF9083   

フレームを磨きます。  緑のリボンフェルトを貼り付けます。

DSCF9085DSCF9086DSCF9108

本体にフレームを乗せネジ止めします。新品巻き線届きました。ピンブロック打ち込み開始!!

 DSCF9109 DSCF9110   DSCF9113

ピンブロック打ち込み終了、角度に気を付け穴を開け直します。  シルバーメッキピン打ち込み開始。

DSCF9116DSCF9117

流石に新品は綺麗ですね。  弦張り開始です。

 DSCF9177

        動画は如何でしたか?次は巻き線張り開始です。

DSCF9182DSCF9184DSCF9185

樺ちゃんの作業をみんなで監視(^^)V   無事巻き線張り終えました。   プレッシャーバーも取り付きましたね!!

DSCF9199DSCF9200DSCF9201

チッピングによる最初の音合わせ。   リボンフェルトを入れていきます。

DSCF9226DSCF9228DSCF9239

ビスの錆取りです。  真ん中上が磨いたビス。色が違うでしょう。    妻土台の剥がれ発見、補修中。

DSCF9241DSCF9242DSCF9244

筬の掃除です。バランスピンが錆びているので磨きます。

DSCF9261DSCF9262DSCF9263

結構頑固な錆もあったのですが、バランスピン・フロントピン綺麗になりました。

DSCF9267 DSCF9268 DSCF9269 

妻土台補修作業。ルーターで穴を広げパテを塗ります。その後ペーパーで削り表面を整えます。

DSCF9294DSCF9296DSCF9297

バランスもフロントも虫食いが激しいのでブッシングクロスを貼り換えます。湯煎を掛け剥がします。

DSCF9298DSCF9300DSCF9301

剥がしたクロスです。  一本ずつ丁寧に貼り付け作業です。

DSCF9331 DSCF9333DSCF9334

妻土台塗装。缶スプレーを使ってみましたが中々綺麗になりました。  一本ずつ調整しながら鍵盤セット。

DSCF9335DSCF9364DSCF9365

鍵盤付きました。  湯煎して(ただのやかんを使ってますが)ハンマーヘッドを外します。

DSCF9366DSCF9367DSCF9370

ダンパーフェルト剥がし。 新品ハンマー到着です。早速第一整音(針刺し)スタートです。

 DSCF9371 DSCF9372 DSCF9373   誰じゃー、いたずら書きしたのは~!!  ハンマーレールの虫喰われとゴキ卵発見で貼り替えです。

DSCF9375DSCF9377DSCF9425

ハンマーを接着する前にハンマー高さの調整です。  高さを確認しつつ接着します。

DSCF9480DSCF9496DSCF9497

ハンマー植え付け終了!!  脚をパテ埋めして削ります。

DSCF9687DSCF9688DSCF9690

塗装の済んだ脚・妻土台を取付。 底板を新品ビスにて本体に取り付けます。 起こした本体のアクションボルトを調整。

DSCF9691DSCF9750DSCF9816

アクションを取り付けました。  鍵盤取付後、キャプスタン前後・左右調整。  弦間隔調整中。

DSCF9860  DSCF9984DSCF5012

鍵盤高さ調整。  ある程度アクションが済んだので外装の再塗装を始めました。  樺ちゃん、塗装に挑戦中。

DSCF7192

塗装仕上げ中。

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ