BS-10末吉町K様クリーニング

ご実家に置いてあったKAWAI BS-10 1988製。最終調律H12年で18年間手付かずの状態でした。

外装のくすみ・虫食い等ありますがご安心ください。グローミュージックの技術で新品みたいに蘇ります。

作業をおたのしみください!!

KAWAI BS-10 高さ123cm、間口152cm、奥行59.5cm  調律はH12.8.28が最後です。

埃が隅に溜まってますね。      鍵盤蓋に何かのシミ。      白鍵も汚れてますね。

ペダル塗装剥がれで斑模様。      鍵盤押さえ外したら、赤い粉が・・・虫食いです。

 

           アクション外しました。              掃除機掛けます。

鍵盤を外し箱に保管。       バランス・フロントパンチングクロスが虫食いです。

 

フロントブッシングクロスも虫食い。    専用うまでピアノを一人で倒しました。

芯線が錆びていますね。       チューニングピンは意外と綺麗。  親板はカビが来てますね。

底板外しました。         ネズミガードの付いたペダル部。   すべて外します。

外したパーツです。          ポリッシャーでペダルを磨くと、違いが判りますね。

光ったペダルに錆止めクリアー塗布。    外装をポリッシャーで磨くと鏡みたいになりました。

   「作業絵」の画像検索結果

弦はサンドラバーを使って手で磨きます。   錆が取れて綺麗ですね。

チューニングピンを専用の機械で磨くとピッカピカです。         新品ビスで底板取り付け。

  「作業絵」の画像検索結果

ピアノを立てました。        天板もピッカピカです。

湯煎に掛けてクロスを剥がします。 このヤカン25年間使っています。超便利なグッズです。

      バランスホールクロスも剥がしました。           貼駒で圧着接着します。

カットして出来上がり。                        バランスクロスも同じく圧着接着しカットすれば出来上がり。

     バランスピンを機械で磨きました。          新品バランスパンチングクロス。

「作業絵」の画像検索結果

バランスピンにセット。      フロントピンも磨きました。

    

ハンマーをサンドペーパーで削り形を整えます。綺麗になりました。     アクション取り付け。

 

鍵盤深さは、専用アガキ定規を使い、色・厚さ(0.04mm~)の違うペーパーの出し入れで調整。

レットオフ調整。        マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

 

ほとんどのウイペンフレンジがスティック(動きが悪い)気味なのでセンターピンを交換します。

 

出荷前調律。              パーツを磨きます。   鏡ですね!!!!!

           

これで出来上がりです。いつまでもいつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ