BL-31クリーニング

お母さんの使っていたカワイbl-31をクリーニングして新築の家に運びます。

過去に一度クリーニングしたこのピアノ、12年ぶりで再びお化粧直しです。

お楽しみに!!

   

  昭和55年製造の31歳。まだまだ若者、お化粧直しでリフッレッシュいたしましょう。

   

フェルトに錆あとが。         アクションを外します。     弦溝とシミになったハンマー。     口棒外し。

   

    先ずはお掃除。       裏もお掃除。          ピアノを倒します。        底板見えました。

                     三代目のら猫ピーちゃん。(ピアノのピーだって)

          

   底板を外します。             ペダル窓クロス僅かに虫食い。    錆で折れたビス。

      

   ペダルも磨きなおします。     フェルトの虫食い。            ここも虫食い。

                           

              

    妻土台外しました。             ペダル部解体。           これがパーツです。

                      

                      早く免許が欲しい・・・・(〜〜)

            

  チューニングピン磨き。   サンドラバーで弦磨き。           マスキングで弦を保護します。

   

  シミと弦溝。             ファイリング(削って整形)します。                ファイリング終了。

            

   綺麗になりました。             底板塗装。            ペダルを磨き上げて取り付け。

            

           底板を取り付けました。もちろんビスは新品に交換。

       

  バランスピンの凄い青錆。丁寧に一本ずつ磨いていきます。鍵盤の動きもスムースになります。

        

     チューニングピンがピッカピカ。  アクション取り付け。          赤いクロスに交換しました。

      

蝶番も磨きなおしました。         マフラーフェルトも新品に!!    ポリッシャーでパーツ磨き。

       

これで完成です。新品みたいになりましたね。これだったら新築のお家にもバッチリです。

     いつまでも大切に弾いて下さいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ