都原町H様カワイCL-4Eクリーニング

ご実家に置いてあったカワイCL4E。虫食いその他諸々ありますがクリーニング・修理してお返しいたします。

暫くの間作業をお楽しみください!!

dscf5471 dscf5472 dscf5473

1988年製 ・黒 鏡面仕上げ ・146(W)×53(D)×104(H)小型の人気機種ですね。調律は随分昔で最後(^^);

dscf5476 dscf5477 dscf5478

パネルを外します。      鍵盤は外して箱に保管します。     フロントクロスを虫に食われてます。

dscf5479 dscf5480 dscf5481

バランスクロスも食われてますね。  バランスパンチングも食われて変形。   赤い粉は虫食いのカスですね。

dscf5482 dscf5484 dscf5485

屋根下のクロスも穴が開いています。    弦の錆と変色。      チューニングピンの錆・変色。

dscf5486  dscf5488dscf5489

真鍮のペダルは斑模様になってます。  ピアノを倒します。        倒れたピアノ。

 dscf5490 dscf5492dscf5493

底板を外しました。          ペダル窓クロスも虫に食われボロボロなので新品に貼り換えました。

 dscf5494 dscf5495dscf5496

ペダルを機械で磨くと、全く違うのが分かりますね。           光ったペダルに錆止めクリアーを塗布。

 dscf5497 dscf5499dscf5501

サンドラバーで弦を磨きます。      ピカピカになりました。       ポリッシャーで外装磨き。

 dscf5503 dscf5504dscf5508

見違えるように綺麗になりました。    チューニングピンも専用の機械で磨くとピッカピカです。

 dscf5510 dscf5511dscf5512

底板を新品ビスで取り付けます。   屋根下クロスを剥がします。    黒いクロスに貼替えました。

 dscf5513 dscf5514dscf5517

バランスピンに錆とり液を塗布後、一本ずつ丁寧に磨きます。        綺麗になりましたね。

 dscf5520 dscf5521dscf5523

フロントピンにも液を塗布し、一本ずつ磨きます。              綺麗ですね。

 dscf5524 dscf5525dscf5526

バックレールクロスを剥がします。  キーバックレール・バランスパンチング・フロントパンチング各クロス全部新品交換。

dscf5527 dscf5528 dscf5529

フロントブッシングクロスとバランスブッシングクロスを湯煎にて剥がしました。  剥がしたクロスです。

dscf5530dscf5595dscf5596

新品クロスを貼り駒で圧着貼り付け。   バランスクロスも貼り駒で圧着貼り付けです。出来上がり!!

dscf5597dscf5598dscf5600

ダンパーフェルトも虫食いで穴が開いてるので全て剥がします。        アンダーフェルトも剥がします。

dscf5601  dscf5580       dscf5602

新品アンダーフェルト貼りました。                 新品ダンパーフェルト終了!!

dscf5603 dscf5604 dscf5605

弦溝と表面のフェルトが汚いので、ハンマーの整形(ペーパーで削ります)して形を整え音を復活させます。

dscf5606 dscf5607 dscf5609

鍵盤・アクション取り付きました。   ポリッシャーで上前板を磨くと・・・鏡みたいに外が映ってます!!

dscf5611  dscf5613 dscf5614

いやいや、バットスキンがボロボロでスティック起こしてます。急遽在庫の有った色違いの洋皮で貼替終了。

dscf5628 dscf5629 dscf5630

タッチの関する色々な調整をします。鍵盤高さ・鍵盤深さ等正確に弾き易いように調整しました。

dscf5633 dscf5634 dscf5638

最後に調律をします。       全部を組み上げて出来上がり。とても弾き易い綺麗な音になりました(^^)V

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ