YUA宮崎市K様クリーニング

鹿児島の出水市のご実家から宮崎のご自宅に移動ついでにクリーニングをします。

昨年調律をされたとの事ですが・・・・。

鍵盤下の掃除がされておらず鍵盤クロス虫食い状態!!

調律作業の基本は鍵盤外して掃除機での掃除から。音合わせだけで済まされる調律師さんはアウトですね!!

譜面台が外付けの高級タイプのヤマハYUA。          後ろの支柱は人気のX支柱です。

  外装の艶はなく白っぽくなってますね。蝶番周りにカビ?    YAMAHAのロゴも錆びてます。

 

白鍵木口の黄ばみ。          パネルを外しました。     ハンマースティックです。

鍵盤押さえクロスの虫食い粉。       フロント・バランスブッシングクロス虫食い。

   

アクション鍵盤外しました。   バランスパンチングクロスの虫食い。虫食われで変形してますね。

          埃の溜まった棚板。            問題の板バネ方式バットスプリング。

   巻き線の錆。         チューニングピン。      芯線の錆。

「ピアノ ハンマー 構造」の画像検索結果

板バネから通常のバットスプリング方式に変えます。まずはハンマー外し。これが通常のバットスプリング。

 

    スプリングを留めるコード穴をバットに開けます。       スプリングを納める溝開け。

こんな感じですね。           新品のコードをバットとスプリングに通して留めます。

スプリング付きました。       スプリングを引っ掛けるフレンジコードを取り付けます。

フレンジコードの上側にあるのが問題の板バネです。           フレンジコード付きました。

弦溝の付いたハンマー(赤っぽいのは写真のせい)を布やすりで削って形を整えます。

 

外した板バネ。           ハンマーとダンパーストップレールを取り付け完了。

凄く剥がしにくいタイプの木口剥がし・・・苦労しました!!      保護シールの付いた木口。

貼り付けます。         サイドカットします。      綺麗に仕上がりました。

フロント・バランスのブッシングクロスを湯煎に掛け剥がします。      新品クロス。

  「作業絵」の画像検索結果

フロントブッシングクロスを貼り駒で圧着接着後、カットして終了。

バランスブッシングクロスも貼駒で圧着接着後カットして出来上がりです。

 ピアノを専用の馬と呼ばれる道具を使い倒しました。         底板を外しました。

     底板のペダルパーツを外します。             ペダルを機械で磨きます。

    「作業絵」の画像検索結果      

ピッカピカになりましたね。                 防錆剤の入ったクリアーを塗布。

ポリッシャーで前土台を磨きます。  綺麗になったのですがペダル窓クロスが汚いので交換します。

剥がしました。        新品クロスをカットしながら貼り付け交換終了。

 「磨き作業絵」の画像検索結果   

    ポリッシャーで本体を磨きます。            鏡みたいに周りが映っていますね。

   

  サンドラバーを使い弦をゴシゴシと磨くと、錆も落ちてピカピカになりました。

    チューニングピンは専用のチューニングピンクリーナーで磨きました。

底板を新品ビスでセットしました。  馬を使いピアノを起こします。(山ちゃんカメラマンで手伝わず)

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ