PETROF 大分F様

チェコ製ペトロフのオーバーホールが大分から入ってきました。

塗装割れがまず目に付きます。ゆっくり時間をかけて直してゆきますね。

お楽しみに!!

 

フムフム、なかなか良いピアノですね。

                                打ち身・擦り傷・塗装割れが目立ちます。

                                          ウイッペンヒールが変わってますね。長い。

    ハンマーは、ぼこぼこですね。高さも違う?     ダンパーフェルトも交換します。

 

      このフレームが良いですね。                チューニングピン錆、交換。

              

ナンバーがマジックで書いてあります?              芯線は駒に番号が書いてないので測定しながら

                                        外さないといけない。

      

        巻き線は、全部外して業者送りです。   同じ物作ってや!!

ゲージで一本ずつ測定記録しながら芯線外し・・・何で駒に番号を書いていないのだろう????

弦を全部外しました。         チューニングピンを抜きます。これが又、面倒くさい。

        

              倒しました。               

   

 マジックでナンバーが書かれてます?  削ってナンバリングの打ち直し。  白鍵も汚いですね。先ずは小口を落としてみました。

   

ブッシングフェルト貼り替え        白鍵アクリルも交換ですね。            ハンマーヘッドを外します。

   

         

    テーブルが剥れていたので修理します。

           

                                           センターピンの緩み発見。これも交換ですね。

白鍵貼り替えでーす。通常と違う規格です。 底板外し                 ペダルも外します。        

               

    白鍵アクリル鍵盤に合わせてカットします。慣れないと難しい!!    あすかちゃんお手伝い。

        

ピンブロックを打ち込みます。チューニングピン・ブロック通常の規格と違います。チューニングピンは特注生産。

レギュレティングレールの埃                            底板      磨いてコーティングしたペダル

   

特注チューニングピン               ピンブロックの穴あけです。             チューニングピン植え込み 

               

ハンマーでガンガンとうるさいので   あごの肉がたるんできた    ハンマー植え込み終了です。    

 モーターパラのヘルメットを拝借!!

弦張り開始。                                    順調だにゃ!!

       

 巻き線も着てます。              張弦開始            弦の間隔を一定に保つアグラフ

 

   一本ずつ長さを合わせながら・・・・・終了。                         アンダー入り新品ハンマー

   

底板部組み立て            本体に取り付け                                一人でも起こせます。

    

             

   久しぶりに起ちました。

                    

お昼ねタイム                  いよいよハンマー取り付けです。    かなり時間を掛けて取り付け調整           

          

バランスピンピン磨き              バランス・フロントパンチングクロスも交換です。

                       

鍵盤ブッシング殺し。鍵盤の動きがスムーズになるように調整です。        一回目の調律です。ビヨ〜ンビヨ〜ンと引っ張ります。 

  

ハンマーの調整中      もう少しかかりますね。    フラッシュで写したら茶髪になった。  百円ショップで買ったcd

                    

         蚊のお食事タイム                      ダンパー始動の微調整ネジ

                                            upでは始めて見ました。  

            

  ダンパーワイヤーの錆び                サンドラバーで削ります。      このようにピカピカになりました。

       

   一個づつカットしたダンパーフェルト  アンダー(赤いフェルト)まで替えます。          このようになります。

         

 アクションの調整が続きます。       残業・・・・?              塗装補修作業

   

  最終調律・調整・補修を繰り返しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ