KS-2F N様

スーパークリーニングの始まりです。
昭和56年製のカワイで125cmタイプです。お孫さんの所に持っていきます。
ばっちりに仕上げますのでしばらくの間お待ちください。

       
            
妻土台の錆び。ここは、鉄板ですね。     艶のない鍵盤蓋       錆びのひどい弦
犬の仕業(?)らしいです。
     
                          錆びたバランスピン    埃だらけの響板裏   掃除機でお掃除です。
      
ピアノを寝かせます。 簡単に一人でできますよ。        下前板スプリングの錆び   底板外し

       
                    外した底板                             なんだこれ・・・!!
     
    脚と妻土台を外します。        

   
機械でチューニングピンを磨きます。 ほーらピッカピカ!         弦の錆び取り        違いが判るかな?
     
    このビスは新品に交換だにゃ!!  底板塗装・ペダル取り付け終了 弦にマスキングします。

    
外装磨き                      新品ビスで底板取り付け

   
ピアノを起こします。                       サービス塗装の済んだ妻土台       ペダルもピカピカ

   
   磨き前         磨き後                 一本ずつ丁寧に錆落とし

     
グローミュージックのクリーニングは、ハンマーファイリングもします。      綺麗になったでしょう。
                      
                   あけみさんの弁当。うまそ〜。

     
ハンマーレール磨き前・磨き後                        長蝶番      譜面台蝶番

      
                            鍵盤が取り付け後細かい調整をします。

上前板をポリッシャーで磨きます。                   蝶番も磨きました。


    マフラーフェルトも交換しました。                                   完成!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ