鹿屋N様ヤマハU3クリーニング

お家をリフォームするのでピアノも綺麗にして欲しいという事で、クリーニングすることになりました。

数年前に中古で購入されたらしいですが、下地処理せずにそのまま腕木を塗装されていて表面の塗料が剥がれてきています。

親板の淵も左右剥がれていて、他にも色々・・・。ヤマハU3は基本的に良いピアノなのですが・・・。

心配されなくても大丈夫です、グローミュージックの技術で蘇らせます。作業をお楽しみください!!

 

dscf5970dscf5971dscf5972

ヤマハの高さ131cmの大型タイプ。   NO,U3 94万台の製造番号。    腕木の塗装剥がれ。

  dscf5973 dscf5974 dscf5976

親板右の剥がれ。           鍵盤蓋も艶なしです。          口棒に傷。

dscf5977 dscf5978 dscf5979

キープレートは錆びてます。   ペダルも艶なし。           妻土台が何か変?

dscf5980 dscf5981 dscf5982

取り敢えずパネルを外します。  アクションも外し鍵盤は箱に保管。   親板内側のカビ。

dscf5983 dscf5984 dscf5985

棚板・筬に埃が積もってます。       バランスピンとフロントピンも艶なし。

dscf5988 dscf5989 dscf5990

チューニングピンの錆び。    弦の錆。           弦下の駒にゴキちゃんの卵がありますね。

dscf5991 dscf5992 dscf5993

ハンマー弦溝も激しいです。      スプリングコードが切れてます。   ここも剥がれてきてますね。

dscf5994 dscf5995dscf5996

注射器で接着剤を注入し圧着して補修します。              ピアノを倒します。

 dscf5997 dscf5999dscf5011

   倒したピアノの底板を外しました。               底板からペダルパーツ外しました。

 dscf5012 dscf5013 dscf5014

ペダルを機械で磨きます。     別物になりますね。         錆止めクリアーを塗布です。

dscf5015 dscf5016 dscf5017

チューニングピンを機械で磨くと、ピッカピカになりますね。         サンドラバーで弦を磨きます。

dscf5018 dscf5020 dscf5022

いい感じに光りました。        ポリッシャーで上前板を磨きます。  何と鏡みたいになりました。

dscf5023 dscf5028 dscf5029

バランスピンを専用機械で磨くとピッカピカになりました。           フロントピンに液を塗ります。

dscf5030 dscf5031「塗装作業の絵」の画像検索結果

後は一本ずつ丁寧に手磨きすると、こちらもピッカピカ!!                   次は塗装に入ります。        

  dscf5032dscf5034 dscf5035

  親板を削り下地作りです。      塗装中。           数回塗り、削ります。

dscf5036 dscf5037 dscf5039

白鍵のサービス補正。         ハンマーの弦跡。削って形を整え音色を回復させます。

dscf5040 dscf5041 dscf5042

新品のようになりましたね。        サンダーで塗装を削ります。   ポリッシャーで磨き仕上げます。

dscf5043  dscf5045dscf5046

黒鏡面仕上げ、鏡のようです。       新品ビスで底板を取り付け本体を立てました。

鍵盤・アクションを取り付けタッチの調整をします。                                調律します。

 

新品みたいに綺麗になりました!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ