鹿児島T様カワイCX31Sクリーニング

ご実家に置いてあった平成元年式のカワイCX31S、調律が平成12年が最後になってます。

解体して判ったのですが、低音部に非常に珍しいヒッチピン部分の駒割れを起こしています。

調律時に音が合わない・雑音・すぐ狂うとかの症状があったと思いますが、平成12年から今までの空白の時間で割れたのなら誰も判らなかったでしょうね。さてさて、如何にして修理することやら!!

 

DSCF7412 DSCF7413 DSCF7414

大きな傷もなく磨けば新品みたいになるでしょう。 CX31S  です。    平成12年4月が最終調律。

DSCF7415 DSCF7416 DSCF7417

艶の無い塗面・真鍮のKAWAIロゴ。  ペダルは塗面剥がれ錆ですね。    鍵盤蓋上面に薄い傷。

DSCF7418 DSCF7419 DSCF7420

パネルを外しました。      鍵盤を外し箱に保管します。       変色し始めたバランスピン。

DSCF7421 DSCF7422 DSCF7423

フロントピンも黒くくすんでますね。   艶の無いチューニングピン。      ピアノを倒します。

DSCF7424 DSCF7425 DSCF7427

底板を外しました。       底板のペダルパーツを外しました。    ペダルを機械で磨きます。

DSCF7429 DSCF7430 DSCF7431

見違えるようになりましたね。    錆止めクリアー塗布します。      弦に錆が出ています。

DSCF7432 DSCF7433 DSCF7434

サンドラバーでゴシゴシ磨いていると、発見しました。駒割れ・・・・・・・・・・・・・・。30数年この仕事してますが初めてです。

DSCF7435 DSCF7436 DSCF7437

取り敢えず弦を外しました。        ペダル窓クロスが痛んでるので新品に貼り換えました。

DSCF7442 DSCF7443 DSCF7444

将来の事を考え低音駒全部作り直します。 外装はポリッシャーで磨きます。  ピッカピカですね!!

DSCF7500DSCF7514DSCF7515

木工所で同じものを作ってもらいました。 駒ピン穴と接地角度を測りノミで削ります。

  DSCF7516 DSCF7517 DSCF7518

駒ピン穴を開け、黒鉛を塗りピンを打ち込みました。       響板に乗せ減圧を測り接着しました。張弦終了。

DSCF7545DSCF7546DSCF7547

バランスピンを磨きます。違いが分かるかな?           フロントピンも一本ずつ丁寧に磨きます。

DSCF7549DSCF7557DSCF7558

綺麗ですね。

  DSCF7560 DSCF7561 DSCF7562

   弦溝を取り全体に形を整えるためファイリング(整形)します。    綺麗になりました。

DSCF7563DSCF7564DSCF7573

ピアノを立てアクションを取り付けました。  調律は樺ちゃん。        鍵盤高さ・深さ調整。

DSCF7574DSCF7601DSCF7602

レットオフ調整。        出荷前にウイッペンスティック(動きが悪い)発見、センターピンの交換をします。

DSCF7603DSCF7605DSCF7606

赤いフェルトに合わせたピンを挿入。湿度管理には十分気を付けてくださいね。マフラーフェルトも新品に交換しました。

DSCF7608DSCF7609

出来上がりです、新品みたいにきれいになりましたね。音も素晴らしく綺麗です。大切にお使いくださいね!!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ