鹿児島M様ヤマハU1オーバーホール

昭和39年製造の49歳のヤマハu1です。
この当時のピアノの材料は高級な木材をふんだんに使用。
現在のピアノとは比べ物になりません。
どのように仕上がるか楽しみですね!!

     
   yamaha u1 製造番号3万4千台。会社名㈱日本楽器の時代です。

        
    艶も無くカビた外装。          この頃は2本ペダルでした。     錠前・坪口錆びてますね。

        
  パネルを外しました。         弦溝が深いハンマー。            赤い粉?

          
     少しずつ弦を緩めます。    プレッシャーバーを外します。      これがプレッシャーバー。

     
  巻き線を丁寧に外します。       こんな感じ!!            全部外しました。

             
     業者に送り同じ物を作製します。      佐川急便発送〜!!

             
   鍵盤を外しました。           埃がいっぱいですね。          バランスピン錆。

         
    フロントピン錆。             先ずは、お掃除お掃除!!      魔法の液を掛けて磨きます。

          
      フロントピンも磨きます。         バランスピンもフロントピンもピッカピカになりましたね。

          
    白鍵木口を剥しました。          芯線(弦)を外します。          弦外し終了です。

      
  チューニングピンを外します。     錆が目立ちますね。           チューニングピン外し終了。

        
   白鍵木口を接着します。        削って形を整えます。          新品になりました。

        
    クロスが永年使用で擦り切れています。                     湯煎で剥します。

       
  フロント・バランス剥しました。     バランスクロス貼り。           カットして出来上がり。

           
        フロントクロス貼り。           カットして出来上がり(^^)v

          
    ピアノを倒しました。            底板を外します。              外した底板。

         
   ビスが錆びていて大変でした。    棚板を外します。                これが外した棚板。

       
    フレームを外すの為に腕木も外します。                    フレームを外します。 

       
    フレーム外れました。           響板が割れてますね。大変だ〜、何箇所もヒビが・・・・・!!
      

       
  凄い数の響板割れ、補修が大変です。          埋め木終了。              カンナで削ります。

        
  サンダーで下地を整えます。       響板塗装開始。              綺麗になりましたね。

         
     フレームを乗せます。         美しいですね〜。          ピンブロックを打ち込みます。

           
     打ち込み終了。              穴あけ作業です。           チューニングピン打ち込み。

   
       
   底板です。                 合板貼り合わせが剥れてますね。     裏側も剥れてます。

      
    ペダル部をばらします。         接着補強します。

       
   ペダル磨き。              全然違うでしょう。            錆止めクリアー塗布。

           
    底板を黒に塗装し組み立て。       ペダル窓クロスが剥がれてるので貼り替えました。

        
    外装ポリッシャー掛け、        鏡のようになりましたね。        張弦開始です。

            
     芯線終了。                 特注巻線届いてます。           早速巻き線を張ります。

        
   巻き線も終了。              止音用リボンフェルト完了。      最初の音合わせです。

    
            
   足を取り付けます。               棚板取り付け。            外は暑い・・・。

           
  新品ビスで底板取り付け。        一人で起こせますよ〜。           久しぶりに起ちました。

          
    錆びた板バネ。              削って錆落し。          塗装しました。

            
  ハンマーヘッドを外します。         一個おきに外しました。          鍵盤蓋の塗装です。

        
   ハンマーヘッド植え込み。        高さ・角度を揃えます。          ハンマー終了!!

          
     専用の治具を使い、鍵盤の隙調整をしながら取り付けます。           鍵盤終了!!

         
   鍵盤蓋の塗装です。           削ります。                ポリッシャーで磨き艶出し。

         
    こんな所が剥がれています。    あて木をして接着。              綺麗になりました。

           
    この道具を使い調整します。       鍵盤高さ調整。                 レットオフ調整。

      
   調律をします。            全て組み立てました。見違えるようになりましたね。

          
    鍵盤蓋もこの通り。           ピッカピカですね。             大切にお使いくださいね!!

鹿児島市 小料理舞
                       店内も素晴らしいです。
                                        
                                        チャーミングなママさん(^^)!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ