鹿児島県財部町T様 U2H

名器ヤマハu2hです。昭和48年生の34歳です。
残念ながら30年間手付かずの状態でした。
ネズミ・虫食われ等の被害あり。
でも安心下さい。グローミュージックで完全に修復できます。
すばらしいピアノに仕上がりますので楽しみにお待ち下さい。

   

     

外装は全く艶が無く、鍵盤蓋は擦り傷だらけです。真鍮の鍵穴・ペダル等変色しています。

    

ブライドルテープをネズミが噛み切っています。         ハンマーは使用が少ないため加工修復です。

    

ネズミのフン、千切れかかった弦と尿で青錆びになったプレッシャーバー。        カビ・カビ・カビ・・・・・・。

       

ネズミが作ったフェルトの巣     虫にやられたバランスブッシングフェルト・パンチングフェルト

       

  ネズミの尿で錆びた芯線と青錆びになった巻き線          巻き線は業者に送り同じものを依頼。

          

綺麗に掃除機を掛けます。          ピアノを倒して底板を外します。   錆びて抜けない。

     

           ようやく外れた底板。これでペダル部も作業しやすくなります。  錆びたビス、全交換。

    

芯線も外します。              次にチューニングピンは外し。      弦跡の付いたベアリング。

                

     錆び跡のついた駒       錆びたチューニングピン

         

チューニングピン打ち込み            ニャンコ肉球なのだ!!         ベアリング磨き

       

ドイツ製レスローワイヤーを張ります。いい音出るよ。贅沢!!

        
     ペダルを外します。

            
   底板も塗装して綺麗になりました。  どうですかペダルの輝き!!
    プレッシャーバー取り付け

      

譜面台蝶番は新品交換です。      口棒鍵穴も慎重に磨きます。脚も出来上がり。

       

巻き線到着!!             蝶番の磨きです。ピッカピカですね。 外装もポリッシャーを掛け磨きます。

     

鍵盤蓋です。塗装部分補修、サービスだにゃーん(^^)!       キズ補修は細かい作業なのだ。 

       

巻き線張りかた始め〜。    おお、美しい。これで、すべて新品弦になりました。

      

ペダル窓が綺麗になりました。      誰も見ない底板も塗装しました。もちろんビスは新品に交換。

         

                       
       鍵盤押さえフェルト交換       マフラーフェルト交換
                    
                       ピアノが久しぶりに起き上がりました。

    

ハンマー整形です。解るかな?     ブッシングクロス貼替えです。一本ずつ地道に作業を進めます。

          

バランス部終わり                 フロントブッシングクロス貼     カット済み

   

  白鍵傷取り               ピッカピカになりました。 

        

スムーズに動くよう一鍵づつ調整しながら鍵盤取り付けしていきます。         一回目の調律です。

      
これから整調を始めます。

         

サブコンテンツ

このページの先頭へ