鹿児島県東串良町T様

ご実家で熟睡されていたヤマハu1e.。本当に爆睡されていたようでネズミが入ろうが虫に食われようが
起きませんでした〜。こんな状態でもグローミュージックに掛かれば大丈夫。
お任せください、新品同様に甦ります。時間を掛けゆっくり作業しますね!!

     
    ヤマハの名器u1e。            すご〜いカビ!!

        
   艶の無い鍵盤蓋。          ヤマハのロゴも元気が無い。それにしても凄いカビ。

              
         ペダルは当然艶なし。             目の保養で〜す。

               
   マフラーフェルトが齧られてる・・・・・・・・・・こっちも・・・・ネズミ?               この粉は虫食い?

         
  チューニングピンの錆。             ブライドルテープがチップだけ残して無い・・・ネズミだ!!

                
    恐る恐る鍵盤を外す。         緑のクロスが一箇所無い。     虫食いで赤いクロスが無くなってます。

              
   虫の殻のかたまり。             アクションを外します。            スプリングコードが切れてます。

          
凄いハンマーの虫食い。           ベコッと穴が開いてますね。         ダンパーフェルトにも穴が。

           
    ブライドルテープの生き残り。      出た〜、ネズミの巣だよ〜。      ネズミの骨発見。

       
  バランスの赤いフェルトが虫食いでなくなってます。               フロントのクロスも無残。

           
バックレールクロスも酷いですね。     低音弦の錆。              ネズミのオシッコで錆びたのでしょう。

          
     調律点検カードです。           全ての鍵盤外しました。        外で日陰干し。

         
    白骨化死体のアップ(@@);             虫が他のピアノに移ったらいけないので掃除をします。 

        
  ようやく外れた錆びたビス。      棚板に走り書きと、なんと50銭硬貨発見。珍しいですね!!

        
 徐々に弦を緩め圧力を分散させます。   プレッシャーバーを外さないと芯線が外しにくいのだ。    

           
    このままでは切れていただろう・・・弦交換でよかったニャ〜。       巻き線外し。

       
   業者発注で特注製作。       特注だニャ。        外した芯線。

          
     チューニングピンを抜きます。   結構錆びてますね〜。             ピン抜き完了。

          
   こ〜んな感じになりました。         後ろも掃除します。          ピアノ倒し〜。

     
 倒れたので底板を外します。って、なかなか外れないのだ。あっちやってこっちやって・・・(〜〜);

        
   や〜っと外れました。原因はこの錆びたビスです。          ペダルクロスもやられてます。

           
       ペダル受けクロスも・・・。       ピンブッシュ外し。いろいろ試したがドライバーが早い。
                                               

     
  ハンマーレールクロスも。       ハンマーを外します。      こ〜んなところ虫の殻が・・。

         
    赤い粉が落ちてます。         外すと出てくる出てくる・・・・・、ハンマーバットクロスに虫が(^^);

        
  ハンマーバットクロス貼替終了。    ベアリング磨き。              綺麗になりましたね。

      
   ベアリング・ピン磨き。         サビが落ちました。         クロス交換、ビス磨き終了。

      
     ピンブッシュ打ち込みです。ピンを支えます。              大の字で一休みだにゃ!!
                      
                    ピン板を傷つけないように慎重に穴を開けます。

         
   新品シルバーメッキピン。       ブライドルテープ交換終了。     頑張ってます!

          
   イヤーマフをしないと脳天まで響くチューニングピン打ち込み。         張弦道具とドイツレスロー弦。
             
   黙々・・黙々・・黙々・・黙々   美しい横顔・・って書けと言われたニャン(-_-;)。   

        
   ナイフとフォークの要領で?     特注巻線着いてます。           芯線終了です。

     
  次高音巻線に入りました。     プレッシャーバー取り付け。       低音巻線入ります。

          
      芯線・巻線完了です。やっぱり新品は綺麗ですね。シルバーメッキピンも光ってますね。

       
  下律(最初の大雑把な音合わせ)弦を傷つけないよう弦で弾きます。    マスキングして弦を保護!!

         
    底板ペダルパーツ外し。      ぜ〜んぶ外しました。            ペダル磨きです。

              
      光ったら錆止めクリアー塗布。         外装ポリッシャー掛け。      底板塗装後ペダル組立終了。

         
   底板を本体に取り付け。        新品ビスに黒塗装で綺麗ですね。    ピアノを立てました。

        
  ペダルも完璧。              バランスピン磨き。            クロスも新品。
          
    止音の役目をするダンパーを外します。ここにもいろいろなフェルト・クロスが使用されてます。           
          
   レバークロスも虫食い。       ダンパーフェルトも・・・・(〜〜);       全て貼り替えますね。

               
    センターレールに積もった粉。      フロント・バランス・バックレール交換。

        
 ダンパーレバークロス貼り替え。   細かい作業が続きますが意外と楽しい(´(ェ)`)、フェルト剥しました。

          
    ダンパーフェルトと治具。 これで寸法を合わせながら一個ずつカットします。

        
  ダンパー取り付けです。弦当たりを確認しながらフェルトを接着します。

        
     ハンマーヘッド交換準備です。                    外したハンマーヘッド。

        
 赤アンダー入りハンマーヘッド。     最初の針刺しで柔らかくします。いい音にしてワン!!
 
           
      フレンジコード切れですね。センターピンも交換します。          ハンマー植え込み。

        
   鍵盤ブッシングクロス剥がし。      鍵盤木口が汚いので一生懸命磨きました。

         
     ブッシングクロスをカットして鍵盤に貼り込みます。赤いチョウチョがとまってるみたいですね。

        
     バランスクロス接着です。      フロントは1.5mmにします。     カットして貼りつけます。

       
   フロントクロス接着。          バランスクロスカットして終了。    フロントクロスカットして終了。

         
   スムーズに動くように一本ずつ調整しながら鍵盤をセットします。      鍵盤取付終了。

           
     オリジナルのハンマーを基準に1本置きに取り付けます。このやり方が早いですね。

            
      前後左右調整しながら慎重に植え込みをします。               ブライドルテープ取り付け。

        
   音を合わせます。             この工具を使っていろいろな調整をします。鍵盤高さ調整中。

              
     ハンマー接近調整中。諸々の調整をして形が出来上がってきましたよ。新品ピアノみたいですね。

        
    パーツ磨き。            yamahaが光ってますね。      マフラーフェルト交換。

        
               
   譜面台蝶番新品に交換。        出来上がりましたね。フェルト・弦・ハンマー交換してほぼ新品状態。
                           心を込めて作業いたしました。大事にお使いくださいね。

番外編

         
     椅子の塗装が剥げていたのでこれはサービスで修復(^^)v

サブコンテンツ

このページの先頭へ