鹿児島県姶良市H様U3Mクリーニング

新築に伴いピアノのクリーニングをされます。

随分調律がされていなく、虫食い・フレンジコード切れ等色々ありますね(~~);

でもご安心ください、一生懸命作業して綺麗に蘇らします。時間が掛かりますが作業をお楽しみください!!

DSCF9302DSCF9303DSCF9304

ヤマハピアノ   高さ131cmのU3M大型ピアノです。調律が・・・・・・・・・・・・!!

   DSCF9305 DSCF9306 DSCF9307            

上屋根を受ける緑のクロスがボロボロ。  上屋根カビに蝶番錆。 ペダルも艶が有りませんね。

DSCF9308DSCF9309DSCF9310

YAMAHAロゴも艶なし。外装は全体的に白っぽく艶なしです。勿論脚の部分も埃と艶なし。

DSCF9311DSCF9312DSCF9319

塗装が剥げています。  取りあえずアクション・鍵盤を外しました。ヤマハの欠陥?フレンジコードが切れています。

DSCF9323DSCF9313DSCF9314

棚板前景、以前にも虫く発生ありで防虫剤が入ってます。勿論効かなくなってクロス類が全滅状態です。

DSCF9317DSCF9318DSCF9321

ヒッチピン下のリボンフェルトが虫食いで酷いことになってます。  白鍵木口は黄色に変色(写真では判りずらい)

DSCF9415DSCF9416DSCF9417

白鍵木口剥がし。全体に剥がすと楽なのですが木口だけは苦労します。ブルーシートの付いた木口貼りました。

DSCF9418 DSCF9419 DSCF9421      

シートを剥がし削って形を整えました。  鍵盤ブッシングクロスを湯煎にて剥がします。

DSCF9422DSCF9423DSCF9424

バランス・フロントに新品クロスを貼り、カット圧着しています。

DSCF9427DSCF9426DSCF9428

ヤマハの唯一の欠陥のフレンジコードの切れを修理します。ハンマーを外し、古いフレンジコードを剥がして交換します。

DSCF9801DSCF9802DSCF9803

ピアノを倒します。この馬という道具を使うと一人で大丈夫です。   底板を外しました。

DSCF9804DSCF9805DSCF9806

ペダルパーツを外したのですが、ペダル受けクロスはボロボロです。  先ずは、ペダルを機械で磨きます。

DSCF9807DSCF9808DSCF9809

新品みたいになりましたね。  錆止めクリアー塗布でコーティングです。  ペダル窓クロス剥がしました。

 DSCF9810 DSCF9812 DSCF9813

新品クロスに貼替終了。    外装をポリッシャーで磨きます。    チューニングピンを磨きます。

DSCF9814 DSCF9817DSCF9818

艶が出てきましたね。    弦はサンドラバーでて磨きです。   錆が落ち綺麗になりました。

 DSCF9819 DSCF9820

底板を新品ビスにて取り付け、ピアノを起こしました。

DSCF7215 DSCF7216 DSCF7217

ハンマーフェルトの弦溝跡をファイリング(削って)して形を整えて音色を復活させます。

DSCF7218 DSCF7219 DSCF7220

鍵盤高さ調整が終わり、次は鍵盤深さ調整。紙ペーパーの出し入れで深さ10mmの誤差0.04mmまで調整。

DSCF7221 DSCF7226 DSCF7227

レットオフ等の調整終了。    パネルを組み立てて終了です。 綺麗に且つ素晴らしい音に蘇りました。

ピアノは50年はおろか100年でも使用できる素晴らしい楽器です。大切に弾いてくださいね!!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ