鹿児島県国分T様アポロピアノクリーニング

  APOLLO A6号 昭和51年製造 東洋ピアノ製造株式会社です。

現在もAPOLLOブランドとOEMでピアノを供給しているピアノメーカーです。調律が平成3年で終わりなので24年ぶりのお化粧直し。塗装が白っぽくなっていますが何とか頑張ってピカピカに仕上げますね。暫くお待ちください!!

DSCF3109DSCF3112DSCF3119

 APOLLO            調律カードです。  文部省教育用品審査合格証のステッカー。

 DSCF3120DSCF3121DSCF3124

  アクションを外します。   意外と綺麗なハンマー。      フロントクロスの虫食い(白い所)

DSCF3126DSCF3129DSCF3130

  バランスクロスも虫食いで変形。  鍵盤を外して箱に保管です。  塗装が変に白くまだらになってます。

DSCF3131DSCF3133DSCF3134

酷くはないですが錆びてます。同じくチューニングピン。   天板の長蝶番を磨きます。  

DSCF3135DSCF3137DSCF3138

 綺麗に光りましたね。 錆止めクリアー塗布です。            ピアノを倒しますね。

DSCF3139DSCF3140DSCF3142

 こ~んな感じで寝ました。       底板を外します。          外した底板です。

DSCF3143DSCF3144DSCF3147

 ペダル部品を外します。        ペダルを磨きます~。    鏡みたいに光りますね。

DSCF3148DSCF3149DSCF3150

 錆止めクリアー塗布。     経年劣化のペダル窓クロス。     剥がしました。

 DSCF3151DSCF3152DSCF3155

 新品クロスを貼り込みました。  湯煎を掛け鍵盤クロス剥がして、新品に貼り替え。

DSCF3265DSCF3411DSCF3414

 フロントクロス接着中。      外装磨き。塗料がカシューなのか・・・黄色く汚れます。ようやく光りました。

   DSCF3417 DSCF3418 DSCF3419

バランスピンに液を塗り拭き上げると、このように光りました。

 DSCF3420 DSCF3421 DSCF3422

同じくフロントピンも液を塗り拭き上げると、ピッカピカです。

DSCF3423 DSCF3424 DSCF3426

新品のバランス・フロントのパンチングクロスをセット。   一本ずつ穴の調整しながら鍵盤セット。

 DSCF3427DSCF3428DSCF3429

 鍵盤セット終了です。   良い音を出すためにハンマーを削って(ファイリング)形を整えます。

 DSCF3432 DSCF3438DSCF3439

細かい整調作業です。  鍵盤高さは専用定規を当て、高い・低い所のペーパーの出し入れで調整。

  DSCF3440 DSCF3441DSCF3443

鍵盤深さは10mm。これも専用定規を使いペーパーの出し入れで調整します。レットオフ調整です。

 DSCF3444 DSCF3445  DSCF3447

ピッチ上げ調律です。  裏側も磨きますね。 マフラーフェルトも交換しました。

DSCF3598  DSCF3600DSCF3601

調律をします。外装パネルも組立出来上がり。ピッカピカになりました。後は出荷待ち~(^^)V

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ