鹿児島市U様W102B

鹿児島市内のU様ご依頼YAMAHAW 102B。

鹿児島川内市のご実家にあった高級モデルのピアノです。

残念ながら調律が・・・・。さすがに良い状態ではありませんね(~~);

でもご安心くださいな、グローミュージックに持ってきたからには新品同様に蘇らせます!!

作業を楽しんでくださいね(^^)v

外付け譜面台、高さ131cm、木目の綺麗な高級機種です。     最終調律昭和60年・・・。

上屋根内側にカビ!!         真鍮製のYAMAHAロゴとペダルは艶無錆あり。

   鍵盤蓋表に長い傷、角は掛けて中央には半円の凹み傷がありますね。

何かの付着物。         いたる所に傷や塗装剥がれがありますね。

  パネルを外すと、鍵盤周りは埃だらけですね。           鍵盤を箱に保管します。

 

バランスクロスを虫が食ってます。 フロントクロスも虫食い。緑のクロス上の赤い粉が虫食いカス。

パックマンみたいになったクロス。  ハンマーは使ってませんね。  フレンジコードが切れています。

   

木口も黄色く変色してます。      チューニングピン・弦にも錆が発生してます。

  全塗装をする為にピアノを倒します。              底板・前土台を外します。

 

妻土台を外します。               棚板を外しました。

 

  腕木は接着してあるのでクレーパーを差し込み叩き込んで外します。

上前板のパーツを外しました。   サンダーで塗料剥がしです。    表面塗装剥がしました。

これだけ剥がすのに一苦労!!      本体親板塗料剥がして、木目生地になりました。

 鍵盤修理です。バランスクロスとフロントクロスを湯煎に掛け剥がします。

貼駒でフロントクロスを圧縮接着・カットで出来上がり。      バランスも同じく圧縮接着。

 

綺麗に仕上がりました。            中々剥がれない面倒臭いタイプの木口、ようやく剥がし終えました。 

新品木口接着。        ブルーは保護フィルムです。      サイドカットします。

保護フィルム剥がして終了。  ハンマーを外し、フレンジにアセトンを注入し古いコードを剥がします。

先に片方を貼りその後折り返し貼り付けてフレンジコード終了。   ハンマーをファイリング(整形)。

新品みたいに綺麗になりましたね。      色付けです。      上塗り仕上げ。

     「塗装作業絵」の画像検索結果           

      塗装マン                 こんな感じですね!!

ペダルパーツバラしました。   ペダル受けクロス虫食いでボロボロ。   ペダルを磨きます。

ピッカピカになりましたね!!   サンドラバーで弦を手磨きすると、綺麗になりました。

   「作業絵」の画像検索結果

ドリルに専用工具を付けてチューニングピン磨きました。OK!!

      新品ビスで底板を取り付けます。      久しぶりにピアノが起ちました。

バランスピンに錆落とし液を塗布し一本ずつ丁寧にみがきます。   この通り!!

フロントピンも錆落とし液を塗布し、磨き上げます。     美しい!!

新品バランスパンチングクロスをセットしました。        アクションと鍵盤取り付け。 

ここから整調作業、まずは鍵盤高さを丸いペーパーの出し入れで調整。 次は鍵盤深さ調整。

同じくペーパーの出し入れで調整。    出荷調律します。     マフラーフェルトを交換します。

  マフラーフェルトも新品になりすべて終了!!

       新品みたいですね。

                 

                いつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ