高城BL-71S様クリーニング

奥様の実家に置いてあったカワイbl-71。

調律も何もしていなくボロボロの状態です。

まあ、任しといて下さい。ビックリする位綺麗に蘇ります。

では、グローミュージックの作業をとくとご覧ください。

    

外装は傷が無いので綺麗になりますよ。鍵盤は、カビがきてます。

錆びたペダル。           ハンマーフェルトとハンマーに錆び跡が付いてますね。

 

緑は鍵盤押さえ・赤はブラケットフェルトの虫食い粉。      虫がいました、判るかな?     腕木のカビ。 

鍵盤下は凄い、赤いクロスは原型が無い。全体にやられてますね。緑の上の赤い粉は、鍵盤ブッシングクロスの粉。

先ずは掃除から。        口棒を外します。        f・bパンチングクロス捨てます。 錆びた弦。

              

      クモのミイラ発見。                    とりあえず掃除終了。

                

   倒します。               見えない部分ですが錆びた板バネ。   錆びていてなかなか外れないビス。

       

ようやく外れた底板。         ペダル部をバラします。          ペダルアッセンブリー。

    

  虫食いクロス。                   ペダル窓のクロスもボロボロですね。

         チューニングピンは機械で磨き。

                          

                        弦はサンドラバー(石)で手掛けです。ピカピカでしょ!!

           

  磨きましたよ〜、ピッカピカでしょう。錆び止めクリヤー塗布。          外装はバフ掛けです。

           

    底板取り付けです。強度が必要な為新品ビスに交換です。          ピアノが立ちました。

  

錆がが判るかな?          一本ずつ磨きました。

          

 ハンマーファイリング(整形)       綺麗になったでしょう!!             ちょっと一休み・・・。

                 

              アクションを乗せました。     なんか新品みたいになりましたね。

     

ブッシングクロス剥がし。結構めんどくせ〜だぜ!            クロスを貼り付けカットします。

    

鍵盤の傷取りです。  鍵盤がスムーズに動くようクロスを殺しながらセットします。

      

  調律します。        鍵盤高さ調整でーす。               いろいろな調整をやってます。 

            

マフラーフェルト新品に交換しました。    バフで磨きを掛けます。      イスのサービス簡易塗装。

   

見違えるように綺麗になりました。お母さんの使っていた大切なピアノ。

   練習を一杯して早く上手になってくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ