高城町K様U30Aクリーニング

何故か画面が消えてしまったので再投稿です。

ご実家にあったピアノ移動に合わせクリーニングいたします。

ヤマハ大型機種高さ131㎝のU30Aです。平成12年が最後の調律になってます。上屋根明けると埃が!!

艶の無い塗装面。        埃が積もった妻土台。       親板も白っぽく変色。

真鍮製の蝶番とペダルは艶が無くなっています。       パネルを外します。

鍵盤上に埃。         乾燥機が付いています。       鍵盤を外して箱に一時保管。

赤い粉は虫食いカス。        バランスクロスも虫食いですね。   ピンも黒っぽく変色。

チューニングピン・弦も艶がありません。             ピアノ台車作成中の山ちゃん。

「虫食い絵」の画像検索結果

      フロント・バランスブッシングクロスの虫食い。

           専用馬を使うと一人でピアノを倒せます。

     底板を外しペダルパーツを全て外します。          ペダルを機械で磨きます。

 「喜びの絵」の画像検索結果

半分磨くとこの違い。       めちゃ綺麗ですね!!

サンドラバーで弦を磨くと、こんなに綺麗になりました。     チューニングピンは機械で磨きます。

ピッカピカですね。         ポリッシャーで本体を磨きました、まるで鏡みたいです。

妻土台も綺麗になりました。    ペダル窓クロスが劣化してるので新品に貼り替えました。

  「起きた絵」の画像検索結果

     新品ビスで底板を取り付けピアノを起こしました。

フロントピンに錆落とし剤を塗布し磨き上げました。        バランスピンも錆落とし剤を塗布。

機械で仕上げ磨き。       綺麗ですね。             湯煎に掛けクロス剥がし。

バランスクロスも剥がします。      剥がしたクロス。    貼り駒でクロスを圧着接着。

余分なクロスをカットで終了。      バランスも貼駒で圧着接着後カットで出来上がり。

弦溝の付いたハンマーをペーパーやすりで削って形を復元、新品みたいになりましたね。

「精密作業の絵」の画像検索結果

       アクションを取り付けタッチに関わる色々な作業を行います。

鍵盤高さは専用のナラシ定規を使い、厚さの違う丸いペーパーの出し入れで調整します。

鍵盤深さはアガキ定規を使いペーパーの出し入れで10mm±0.04mmの誤差で調整。

出荷前調律です。            コンパウンドを塗りポリッシャーでパーツ磨き。

鏡みたいに周りが映っています。        YAMAHAのロゴも光ってます。

作業集です。いつまでも大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ