長崎県B様U3Aピアノクリーニング

ご実家の倉庫に置いてあったYAMAHAのU3A 。

虫食い・フレンジコード切れ等有りますが一生懸命作業をして新品みたいに蘇らせますのでご安心ください。

変身していく作業工程をお楽しみください!!

 

YAMAHA U3A  高さ131cmの大型タイプです。        調律最終昭和60年

 

天板に大量のカビ。         蝶番には青錆発生。          ロゴネームも青錆。

鍵盤蓋は艶が無くなってます。   白鍵木口の黄ばみ変色。      ペダルも変色。

パネルを外しました。      鍵盤押さえクロスの虫食いカス。    見えにくいですが虫の殻。

何だろ~ね(~~)?  アクションを外し鍵盤を外し箱に保管。   バランスクロスの虫食い。

  「作業絵」の画像検索結果 

ブッシングクロスも虫食い。                ハンマーは使用頻度少なそうです。

フレンジコードが切れています。この当時の機種のヤマハの欠陥ですね。   芯線に錆です。

   ピアノを倒して底板を外しました。                ペダルパーツもばらします。

ペダル受けクロスの劣化と虫食い。   ペダルを機械で磨くとこんなに違いますね。

錆止めクリアー塗布で仕上げ。      チューニングピンを専用機械で磨きました。

   「作業絵」の画像検索結果  

サンドラバーで弦をゴシゴシ手磨きです。           ピッカピカですね!!

  「作業女性」の画像検索結果

ペダル窓クロスも酷いので新品に貼り替えました。

ポリッシャーで外装磨き。    鏡面仕上げ・・(^^)V      新品ビスで底板取り付け。

   フロント・バランスのブッシングクロスを湯煎に掛け剥がしました。  白鍵木口をノミで剥がします。

  剥がした木口。          保護シールの付いた木口を 接着剤を付け接着。

サイドカット。        シールを剥がして綺麗になりました。    バランスクロス圧着接着中。

   

余計なクロスをカットして終了。    フロントクロスも圧着接着・クロスカットで終了です。

ハンマーを外します。      フレンジにアセトンを注入して、コードをすべて剥がします。

  「作業者 絵」の画像検索結果

片側ずつフレンジコードを埋め込み、折り返して反対側を埋め込みます。

ハンマーヘッドの弦跡をサウンドペーパーで削り、形を整え修復します。  綺麗ですね!!

専用機械にてバランスピンを磨くと、ピッカピカになりました。     フロントピンは手磨きです。

こちらも綺麗になりましたね。    新品パンチぐクロスをフロント・バランスにセット。

  「作業絵」の画像検索結果  

一本ずつ鍵盤調整。                     鍵盤とハンマーのスキを無くします。

       

鍵盤高さ調整。      0.04mmの精度で高さが均一になるようにペーパーの出し入れで調整します。

鍵盤深さはアガキ定規で0.04mmの精度で深さ10mmになるようにペーパーで調整します。

  「調律絵」の画像検索結果 

ダンパー(止音機構)の掛かり調整。    ピアノのお医者さん     出荷前調律です。

       

   トムソン椅子ですが、支え鉄板割れで台座が傾きます・・ちょっと修理無理ですね。

 

    

上前板を磨き取付けました。     YAMAHAロゴが綺麗です。    

 鍵盤も綺麗ですね。

          天板も新品みたいに輝いています。 

                  

          ようやく出来上がりです。心を込めて作業させていただきました。

              いついつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ