都城市Y小学校G3オーバーホール

体育館に置いてあったヤマハのG-3。
脚を受ける脚持ち台が完全に割れています。L字金具で補強がしてあったのですが、
これではいつピアノが倒れるかわかりません。響板割れもあるので脚持ち台・弦交換・ハンマー交換等の
オーバーホールをします。楽しみに作業をご覧下さいね!!

    

  グランドピアノは縦にして運びます。   脚をつけます。            倒します。

      

    これでグランドピアノの形に。         ヤマハのg3です。

          

脚を受けている脚持ち台が割れて補強がしてあります。これでは・・・?   ジャッキで本体を持ち上げました。

        

   脚を外しました。             割れている脚持ち台の小。         脚持ち台の大

       

   弦錆も凄いですね。           アクションを出します。     使い込んだハンマー。

            

     音を止める役割のダンパー。      全部を外します。

        

  低音側の巻き線を外します。       巻き線外し完了。外した巻き線を業者に送り作製依頼します。

         

  中音から高音までの芯線を外します。1音に3本の弦が張られてます。    弦外し完了。

      

  チューニングピンを外します。  見えない部分がやはり錆びていますね。全て外しました。   

        

   フレームを落とします。       響板が現れました。       凄い埃、こびり付いています。

       

  カタツムリの殻発見。          クラックが入っています。    こちらは完全に割れてます。

          

     割れに沿って穴を広げます。    こんな感じ。     埋め木をテーパー状に削ります。

        

  削った穴に埋め込みます。        スプルースの埋め木。         こんな感じ(^^);

         

  おいおい、何箇所あるんだ。      ぜーんぶ埋め木しますよ。    カンナで面いちに削ります。

          

    

           

   サンダーで削ります。          綺麗になりました。         弦圧を出す為ダボ削り。

      

  下塗りをします。             新しいデカールを貼ります。新品yamahaのロゴですよ!!

      

  アクションを外します。         鍵盤も外します。          筬だけになりました。

          

  バランスブッシングクロスとフロントブッシングクロスを交換します。  湯煎にかけクロスを剥します。

             

   バランスクロスも剥します。     全部終了、剥したクロス。  新しいクロスを貼ります。

        

  カットして出来上がり。         フロントクロス貼り。     カットして終了です。

   

     響板塗装です。     綺麗になりましたね。  蛍光灯が映ってます。

         

   ベッディングスクリュー錆。      魔法の液を塗り磨くと・・・。    この通り(^^)v

          

  一本ずつ調整しながら鍵盤を筬に取り付けます。                ハンマーヘッドを外します。

         

  外したハンマーヘッド。            製作依頼していたが脚持ち台が届きました~(^^)v

            

    ハンマー植え付け。          完了しました。            脚持ち台下塗りです。

        

   本塗りです。             磨きを掛けます。       この通り(^^)v

          

     本体に組み付けます。      ビス穴もピッタンコです。      脚を取り付けました。

        

  フレームもこの際塗装します。    綺麗なゴールドですね。          弦枕フェルトを貼りました。

          

   フレームを本体に載せます。    ボルトを締めこみます。       完了です。

        

   新品ピンブッシュ。          打ち込み開始。        全部打ち込みました~!!

          

  穴あけ開始です。           新品シルバーメッキピン。      打ち込み開始。

        

  チューニングピン打ち込み終了。    この道具で弦を張ります。      弦張り開始です。

        

  ドイツレスロー社の高級弦。        芯線完了です。          低音巻線も到着しました。

        

  低音巻線終了。          共鳴防止リボンフェルト装着。    全弦終了しました。

            

  最初のチューニングです。           この道具を使って、鍵盤の高さ・深さの調整します。

          

  ダンパー取付け。総上げと言って全体が一緒に上がるように調整します。     一回目の本格的な調律。

           

    錠前のプレートが錆びてます。真鍮に良く効く魔法の液体を塗ります。    こ~んなにピッカピカ!!

       

  大屋根長蝶番外し。        大屋根が二つに分かれました。   艶も無く傷が付いていますね。

       

    愛車高橋号の横で磨きます。     綺麗になりました。     隣のお家が映っていますね。

        

    錆と変色の蝶番。         磨きます。          光った所で錆止めクリアー塗布。

       

  ビスが中で折れています。     周りに穴を開けて、中のビスを取り出します。

        

   埋め木します。              ビスで取り付け。      大屋根が取り付きました。

       

  譜面台も取り付きました。             

                      

                      yamahaロゴも綺麗ですね。

                                     

                            これで全て終了です。大切にお使いくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ