菖蒲原町N様U3Hクリーニング

お友達より譲っていただいたYAMAHA U3H

世界中で一番売れている機種で、アメリカではヤマハはU3Hと言うぐらい今でも人気があるらしい。

ピアノとしては非常に優れたピアノですので頑張って蘇らせたいと思います。

暫くの間作業をお楽しみください!!

外装は酷い傷が無いので磨けば綺麗になるでしょう。YAMAHAのロゴは青錆が出ています。

真鍮製のペダルも変色。       外装は艶が無いですね。    パネルを外しました。

あらら、以前ネズミが侵入したのでしょう鍵盤を齧ってますね。   アクションを外し鍵盤を保管。

ネズミの糞が有りますね。   フロントのクロスを齧られていて、修理に違うクロスが使われてます。

   巻き線のチューニングピン側・芯線に錆が出ています。      親板内側のカビ。

フレンジコードが切れています。  ハンマーは比較的悪くないです。    ピアノを倒します。

 

倒れたピアノの底板を外すのですが、ビスが錆びついていて外すのに一苦労しました!!

ペダルパーツをバラします。     ポリッシャーでペダルを磨くと、全く別物になりましたね。

錆止めスプレーを塗布します。   芯線をサンドラバーで手磨きすると、錆も取れ綺麗になりました。

「工事絵」の画像検索結果

チューニングピンは専用の機械で磨きました。

ポリッシャーで外装を磨くと、鏡みたいに外が映ってます。        新品ビスで底板取り付け。

ピアノを立てての作業に入ります。  フロントピンに錆落とし液を塗布し一本ずつ磨き上げます。

 

ピッカピカですね。          バランスピンも同じように磨き上げました。

 

齧られた鍵盤は細くなり重さのバランスが悪くなるので山ちゃんが修理担当、まずは鍵盤カット。

 

移植用のパーツは、在庫の鍵盤を寸法を合わせカット。切り取った鍵盤パーツを移植しました。

   

面一削って仕上げました。   ハンマーを外しフレンジコードの交換。アセトンを注入して剥がします。

片側にフレンジコード植え込み。  折り返して植え込み完了です。   ハンマー取付けで終了。

 

ハンマーを削って形を整え、音色を取り戻します。綺麗になりました。   フロントパンチングクロス。

「作業絵」の画像検索結果

全部交換しました。        鍵盤・アクション取り付け。

タッチに関する調整です。     鍵盤高さの調整。丸いペーパーの出し入れで揃えます。

鍵盤深さは専用定規を使い丸いフロント用ペーパーの出し入れで調整。    調律します。

マフラーフェルトも汚いので新品に交換しました。

 

映りすぎ(^^)V。とっても綺麗に新品みたいに仕上がりました。

いつまでも大切お使いくださいね!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ