若葉町H様カワイKL-705クリーニング

昭和55年製のカワイのKL-705ワインカラーの大型機種です。

色物ピアノは年数が経っても古さを感じさせませんね。息子さんの子供さんの為にクリーニング後移動です。  

まだまだピアノとしては若く、まだまだ働いてもらわないといけませんね。孫の孫の代まで働いてもらいますので、クリーニングでお色直しです。           

DSCF9438DSCF9439DSCF9440

ワインカラーで脚はチッペンデールの今風のカワイKL-705、132cmです。

DSCF9441DSCF9447DSCF9450

調律は毎年キッチリとされています。ペダル等の金属は錆びてますが、作業後はピッカピカになりますのでご安心を!!

DSCF9451DSCF9453DSCF9454

チッペンデール(猫脚)が綺麗ですね。外装は所どころ汚れや傷が有ります。

DSCF9455DSCF9461DSCF9456

まふらーふぇるとに弦錆跡が付いてます。 チューニングピンもくすんでますね。  鍵盤を外しました。

DSCF9458DSCF9457DSCF9459

フロント・バランスピンのクスミと錆。弦も錆が出ています。

DSCF9462 DSCF9463 DSCF9464     

ポリッシャーでパーツ磨き。上前板綺麗になりました。 ピアノを倒します。

DSCF9466DSCF9467DSCF9470

底板を外して、ペダルパーツを外します。  ペダルを磨きます。

DSCF9471DSCF9472

見違えるようになったところで、錆止めクリアー塗布です。

DSCF9473DSCF9474DSCF9475

ペダル窓クロスが経年劣化してるので剥がして貼り換え交換しました。

DSCF9488 DSCF9489 DSCF9490     

傷が多いですね。妻土台に中からのひび割れ発見。 外装をポリッシャーで磨きます。

DSCF9491DSCF9492DSCF9493

輝きが出ましたね。   チューニングピンを専用ポリッシャーで磨きます。

DSCF9494DSCF9495DSCF9498

弦はサンドラバーで手磨き、綺麗になりました。  底板を取り付けます。

 DSCF9499 DSCF9500 DSCF9501   

フロントピンに液を塗り拭き上げると新品みたいに光ります。

DSCF9502DSCF9503DSCF9504

バランスピンにも液を塗り拭き上げるとご覧のとおりピッカピカです。

DSCF9506 DSCF9508 DSCF9509

ハンマーの整形をします。形が綺麗になるのは当然ですが音色が変わりボリュームも出ます。

 DSCF9512DSCF9513DSCF9514

当社のクリーニングの特徴である整調作業の開始です。調律師でないと出来ない細かい作業です。

DSCF9515DSCF9516DSCF9517

鍵盤の高さを揃え、深さを10mmに合わせます。ハンマーの弦への接近を2mm~3mmに揃えます。

DSCF9519DSCF9520

マフラーフェルトも新品に交換しました。

DSCF9521

パネルを組み立てて完成です。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ