福岡I様US50クリーニング

ご実家に置いてあったKAWAI大型高級ピアノUS50。最終調律はH9年・・・。

今から綺麗にして福岡の自宅にお届けいたします。暫く作業をお楽しみください!!

 

譜面台が外付けのグランドタイプの高級機種US-50。        調律H9年がラスト。

  

  ケロイド上に補修された鍵盤蓋。      腕木です。     足の外側に当たり止めのクッション?

パネルを外しました。      マフラーフェルト。       鍵盤・アクション外しました。

弦溝の付いたハンマー。          巻き線・芯線。       黒く変色したバランスピン。

フロントピン。虫食いの赤いカス。  ピアノを倒します。      底板を外しました。    

ペダルパーツも外します。     ペダルを磨きました。     全く別物に見えますね。

サンドラバーで巻き線を磨きます。   輝きが違いますね。        チューニングピンを磨きます。

綺麗に光ってます。         ペダル窓クロスが剥がれているので新品に貼り換えました。

ポリッシャーで外装を磨くと、鏡みたいになりました。        上前板を同じく磨きます。

   

まるで鏡です。            新品ビスで底板取り付け。     バランスピン磨き。

  

ピッカピカになりました。         フロントピンに錆取り液を塗布し吹き上げます。

綺麗になりましたね。         ハンマーフェルトを削るファイリング作業で形・音色を復活です。

アクションを取り付けここから整調作業開始。   ロストモーション調整・キャプスタン左右調整。

鍵盤高さは専用ならし定規を使い厚さの違うペーパーの出し入れで調整。鍵盤深さは専用あがき定規を使います。

10mmにペーパーの出し入れで調整。  消音キットを取り付けます。  鍵盤高さでキーセンサーを設置。

シャンクストップレールをセット。    コントロールボックスセット。     出荷前調律。

折角なので鍵盤蓋を塗装します。  傷をパテ埋めして全体に削ります。     ポリウレタン二液を調合。

                                 塗装して削って・・・時間をおいて・・・数回繰り返します。

                      塗装して削って・・・時間をおいて・・・                                      ポリッシャーで最後の磨き。

              

鍵盤蓋上面新品仕上げ!!                     パネルを組み立てました。

                   

消音システムも取り付き新品みたいになりました。いつまでも大切に使用してくださいね(^^)V

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ