熊本K様ヤマハU3H

お母さんが小さい頃使っていたヤマハの名器u3h昭和53年製の31歳。まだまだ若いですね。
16年ぶりのお化粧直し。100歳になっても元気なように、美人になって美声を取り戻します。
お楽しみにお待ちください。

      
今から解体します。              塗膜がおかしいですね。         u3hです。

              
   白鍵木口が黄色に変色             錆びたペダル                  フェルトの虫食い           

          
     虫食いの粉              鍵盤押さえの虫食い粉             虫食いでフェルト変形 

            
         鍵盤フロントクロスがやられて赤い粉が落ちてます。             。
  
                         チューニングピンも弦も凄い錆ですね。


先ずは鍵盤外し        接写のピントが合わない・・・後ろに合っている。虫の脱皮後の殻です。 ダンパーフェルトも少しだけ被害。

  
口棒を外します。        お掃除から始めます。           裏も。                 クモのミイラ 

                      
               居座った野良猫のの489円の餌。    錆びた芯線。

         
   ピアノを倒します。           傷も多く湿って嫌な予感。       板バネも錆びてますね。

   
ビスが錆びて折れます。    なかなか錆び付いて外れません。こりゃ大変だ〜!!

     
  ペダル窓クロスも虫食いに・・・。                       虫食いによる粉・粉・粉。 

  
サンドラバーで弦磨き。     綺麗になったでしょう。                 機械でチューニングピンを磨きます。

     
ペダルアッセンブリーもバラバラに外します。


ペダルを磨きます。      綺麗になるでしょう。この後錆止めクリアーで仕上げます。               組み立て。

     
ボディーを磨きます。             ペダル窓クロス貼り替え。           底板ビスも新品に替えました。

          
  誰も見ない底板もこだわりの塗装。       ピアノが立ちました。           ペダルもgood!!

    
ピンを手掛けで磨きます。        f・パンチングクロスセット            bパンチングクロスセット

       
ハンマーを削って整形します。       う〜ん、新品みたいですね!!            穴に居る虫・殻を吹き飛ばします。

          
     後は鍵盤の加工を進めるばかり。   白鍵木口剥がしです。

   
fクロス剥がしました。        bクロス剥がしました。       新品クロスを一個ずつ貼っていきます。

     
       ブッシングクロスが綺麗に仕上がりました。

 
新品木口です。           このように貼り付けていきます。     サイドをカットします。   新品みたいになりました。

  
鍵盤上面の傷取り        鍵盤のフロントとバランス部の隙を調整しながらセットします。       調律・整調をします。

           
   ポリッシャーで磨きます。        マフラーフェルトも新品に交換。          蝶番もちろん新品です。

            
  ようやく出来上がりました、ヤマハu3h.大切にいつまでもお使いくださいね!!

       
    小1のりんこちゃんと3歳のななこちゃんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ