熊本ヤマハU1S様オーバーホール

5年前に某有名ピアノ屋さんで中古で購入したヤマハU1。
一年定期で調律もされています。もし納品した後に虫食いが発生したならば
調律の時に処置すべきだけど、掃除の後すらありません。調律って何の為にするのでしょう?
しかしこの症状だと、納品時からこの状態だったと推測できます。全く信じられない状態です。
高いお金を払って購入されたお客様が可哀想でなりません。同業者として情けないばかりです。
精一杯の事はさせて頂きます。新品のように甦らせますので暫くお待ちください。

  
  ヤマハの傑作u1、今でも一番人気ですね。

        
      キープレート・ペダル等は磨かれた後があります。              これから解体します。

     
  鍵盤押さえクロスの虫食い。        ミュートフェルトのゴキ糞シミ。     バランスクロス虫食い。

             
 バックレールクロスの物凄い虫食い。何故このまま出荷したのだろう?   レールとハンマーヘッドのシミ。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

         
    フロントパンパンチングクロスも酷いです。                 虫が喰らい付いています。

                           
           
 鍵盤は箱詰め。                 先ずはお掃除から。        アクションを外します。  

        
   ダンパーヘッドの汚れ。         ダンパーレバーにカス。   こんなとこに虫の抜け殻が。

      
  ゴキ男君のシッコの痕。       ハンマーが虫食いで・・・。     ダンパーフェルトも穴が・・・。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

      
気合を入れニャイと!!   チューニングピンの埃と錆。              弦も黒く錆びてますね。  

             
     近くで何か磨く為にコンパウンドを掛けたのでしょう。白いのが飛び散らかってますね。

          
 付着コンパウンドは断線の原因。     これはゴキ男の仕業ですね。このまま売却は凄い。

     
錆で弦が細くなってます。切れるでしょうね。  弦の奥の響版も汚い。       ピアノ裏も凄い事に。

       
   外した拍子木の裏。           口棒を外します。          やはり錆びてますね。

         
   下側のフレームの埃。       白いコンパウンド・下にはゴキ糞。         巻き線奥のフレームも汚い。

        
  下側フレーム埃。        ゴキ卵の欠けら。             錆びて変色の巻き線。

           
      弦を外します。             巻き線は業者に送り、同じ物を作ってもらいます。

   
  プレッシャーバー外し。       物凄い事になっていますね。プレッシャーバーを外さないと見えませんね。

         
    手袋が破けました(**);        クモの巣発見。            芯線は廃棄処分です。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

          
    響板が汚い・・・(~~)+。         チューニングピンを外します。    錆きったチューニングピン。

       
  裏をお掃除。                馬に乗せてピアノを倒します。    底板が見えました。

             
      底板を外します。              錆びたビスがなかなか回らずにようやく外れました。           

         
   隅々までゴキ糞と虫の粉。         ペダル窓のクロスが虫喰われでなくなっていますね。

          
     やっぱり解体しないと見えない部分が多数ありますね。              掃除完了。

           
外した底板の黒いのは埃ではなくゴキ糞。 これは虫の抜け殻。            ペダル受けクロス消滅です。

        
    棚板を外します。             棚板の下もカビ・糞・・・。     これからフレームを落とします。

            
 先ずはビスを抜きます。        腕木外し。ビスを抜きクサビを打ち込んで外れました。

         
 抜いたビスは簡易図面で管理。        チェーンブロックでフレームを落とします。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

        
   このピアノの大きさだと女性一人でもチェーブロックを使い降ろす事が出来ます。(なかなか大変ですが^^;)

         
   ゴキの糞だらけ。              ゴキ卵発見・・・(~~);。       ここまでしないと判りませんね。

               
     フレーム裏側、錆と虫の抜け殻・・・。            なんてこったい!!

        
  シンナーで響板ニスを剥します。   木目が綺麗に出ますね。         ピンブロック外し。

         
    サンダーで完全にニスを剥し響板の表面を整えます。             剥がしたど~!!

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

       
  塗装をします。              駒部分はマスキングをして保護します。

           
     塗ったり削ったりで仕上げていきます。    バッチリですね!!

          
    フレームの錆落し。           フレームを塗装して本体に戻します。      ビスも錆落ししました。

    
  ビスを締めます。      新品ピンブロック。           一個ずつ専用ポンチで打ち込みます。     

       
   ピンブロック終了。           ピン板に傷つけないよう穴を開けます。金太郎が監督中。

      
  共鳴防止用止音赤フェルト貼り。     見違えるように綺麗になりましたね(^^)v。

         
  新品シルバーメッキピン。      打ち込み開始。ガンガンと脳天に響くのでイヤーマフは必需品。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

              
     打ち込み完了。                ドイツの高級レスローワイヤーで張弦開始です。

           
     綺麗なコイルを作りながら黙々と張って行きます。              プレッシャーバー取付。

        
   特注巻線届きました。          チューニングピンの高さを揃えます。こ~んな感じ(^^)v

       
     新品になりましたね~。          プレッシャーバーも綺麗です。      バッチグー!!

         
   巻き線を張ります。太いので結構指が痛いです。                 巻き線終了。

          
      止音フェルト取付。             弦が全て新品になりました。とても綺麗ですね。

         
 弦を傷つけないように弦の切れ端で弦を弾いて音を合わせます。          掃除・・・(^^);

             
     フロントブッシングクロスを全て外しました。凄い虫食いです。         バックレールクロスわ剥がすと・・。

          
     バランスクロスも外しました。クロス類は全て捨てます。パンチングペーパーも外したらクロス跡が・・・。

              
   ピンを一本ずつ磨きます。       新品クロス類。                 時間が・・・!!

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

            
    フロント。                    バランス。                  棚板も綺麗になりました。

           
  棚板を本体にセットの為ピアノを起こしました。                  光ってますね~!!

             
      底板分解開始。              クロスが無くなってます。      ・・・・・こんなとこまで。

           
    分解終了。                汚れでこんなに色が違いますね。     ペダルを磨きます。

         
   ピッカピカですね。             錆止めクリアー塗布。         ペダルパーツ取付完了。

        
 底板も天秤パイプも塗装しました。   外装ポリッシャー掛け。         ペダル窓クロス交換。

           
    新品ビスで底板を取り付けます。     取り付け完了。                起こします。

         
   本体完成です。            ペダルもバッチリですね。          弦もバッチリ!!

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

       
       アクション修理に入ります。ま~ま~、凄い事になってますね。

         
   ハンマーを外しますね。        バットフェルトが無くなってます。      外すと凄い事に!!

             
   ジャックスプリングも・・・。                  ・・・・・・・・・・。         ・・・・・・・・(~~);

          
     ブライドルテープも汚い。          外しました。               スプリング根元錆。

          
     スプリング中央錆。          バットフェルト剥しました・・・すると生きた虫発見!!

            
      時間が掛かるけど一本ずつ磨くしかありませんね。

            
       使用前                         使用後

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

     
 バットフェルトをカットして貼付け。  ブライドルテープも一本ずつ交換します。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

         
    ダンパーレバースプリング錆。   困ったもんだニャ!!     ダンパーレバー。 

        
    ジャック・・・・。             とにかくばらします。           ダンパー外し。

           
      ダンパー終了。               センターレール。            ウイッペンを外します。

         
     ウイッペン・・・酷いのは覚悟してるのだが・・・・お昼前の作業には・・・食欲が・・・!!

       
   気を取り直し外す。          全て外しました。              外したパーツとセンターレール。

             
   これが全ての部品です。          パーツ届きました。  各パーツのフェルト・クロス類。

        
センターレール・ブラケット外しました。   ブラケットを塗装しました。       組み立て。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

       
    一個ずつ磨きます。根気の要る作業です。                   ルーターで細かい作業。 
         
   ウイッペン磨き終了。          ジャックスプリング交換です。    外しました。

        
 新品スプリング。               取付します。                良い感じですね~!!

         
   レギュレティングボタンクロスを交換します。虫が付いてますね。       一個ずつ、一個ずつ。

         
     クロス交換終了!!         ジャックストップレールクロスを剥がすと・・・出てきました。

写真が表示されない時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。

       
   ダンパーフェルトも隅々まで・・・・生きた虫発見。                ダンパーフェルト類です。

          
   ウイッペン取り付けました。綺麗になったでしょう(^^)v.        ダンパーレバーパンチング。

          
    貼り替えました。               ダンパーフェルト切断です。部分で形と大きさが違います。

        
 ダンパーレバークロスの経年使用による穴あきです。スプーンが引っ掛かりタッチに影響、貼り替えます。

         
    ダンパーレバークロス終了。     ダンパーを取り付け。         こんな感じです。

        
 ダンパーフェルトカット・張り付けしながら完了しました。            アンダーフェルト入りハンマー。
写真が×の時は、メニューバーの表示を開けて「最新の情報に更新」を押すかキーボードのf5を押してください。
        
    ハンマーヘッド外し。         ハンマーフェルトに針を刺し弾力を出す作業です。


ハンマーヘッドを植え込みます。オリジナルに合わせて交換しました。この後微調整します。

         
   バランスブッシングクロス貼り替えです。剥がすと虫がいたり凄いです。    剥し終了。

        
 白鍵のヒビ割れ。貼り替えましょう。      表面のアクリライト剥がれます。     剥がれた鍵盤。

  バランスブッシングクロス
                  フロントブッシングクロス 
                                  カットして終了
                                                
         
   新品白鍵。           貼って削ります。          白鍵貼り替え終了。

            
    黒鍵も磨きました。              一本ずつ調整しながら鍵盤を取り付けます。

         
   パーツ取付全て終了。          調律・調整を繰り返します。     パーツ磨き。

        
    譜面台蝶番も新品に交換。      yamaha輝いていますね。     

    
                      
                                     
      完成しました。時間は掛かりましたが、見事に甦ってくれました。
      良い音を奏でてくれます。大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ