横浜F様U10BiCクリーニング

ご実家に置いてあったYAMAHA U10BiCは、マホガニー色の外装と優雅な曲線の猫脚が特徴のとても綺麗なピアノです。口棒・鍵盤蓋上面の傷を直し、虫食いもあるのでクロスも交換します。新品状態にして横浜に納品いたしますので暫くの間作業をお楽しみくださいね!!

  dscf5852 dscf5855 dscf5856

上前板のモールと猫脚が特徴でマホガニー色が綺麗なU10BiC。    調律が平成4年で最後(~~);

dscf5857 dscf5858 dscf5859

口棒の傷が特に目立ちます。勿論鍵盤蓋上側も目に付く場所なので目立ちますね。  真鍮製のペダルは艶なし。

dscf5860 dscf5861 dscf5862

長蝶番もくすんだ色になってます。    パネルを外して、アクションを取り鍵盤を箱に保管。

dscf5866  dscf5872dscf5867

フロントブッシングクロスの虫食い。    バランスブッシングクロスの虫食い。 バランスピンの錆。

dscf5869 dscf5870 dscf5871

棚板には埃が積もってます。      弦錆ですね。         チューニングピンも艶なしです。

           「ごめんなさい絵」の画像検索結果

実は、ピアノを倒すところから底板を外し・ペダル磨き・ペダル窓クロス交換・弦磨き・チューニングピン磨き等の写真を

アップしたつもりで消しちゃいました~誠に申し訳ありませ~ん(~~);続きはしっかりとアップします。by山ちゃん

 

dscf5897 dscf5898 dscf5899

猫脚も傷が、しょ~がね~な~と言うことでサービス補修する高橋君。    え~妻土台傷もサービス?

 

dscf5900 dscf5901 dscf5902

    優しい高橋君、妻土台補修も完了です!!             鍵盤蓋をパテ後サンダー掛け。

dscf5903 dscf5906 dscf5907

全体に削ります。           クリアー塗装、この後削ったり塗装したりの繰り返し。

dscf5910 dscf5911 dscf5913

ポリッシャーで外装磨き。   周りの物が映ってますね。         新品ビスで底板取り付け。

dscf5914 dscf5915 dscf5916

ピアノを立てました。         湯煎に掛けクロスを剥がします。フロントとバランス

dscf5917 dscf5918 dscf5919

全部剥がしました、剥がしたクロス。  貼駒で圧着しながらフロントクロスを貼ります。  出来上がり。

dscf5921 dscf5922「作業の絵」の画像検索結果

バランスも同じく貼駒で圧着して出来上がりです。                頑張ってます!!

dscf5923 dscf5924 dscf5925

鍵盤蓋の仕上げ削り。       艶を出します。           お~まるで新品!!

dscf5927 dscf5929 dscf5930

続いて口棒の仕上げ削り。      艶出し。           これも完璧!!

dscf5931 dscf5937 dscf5938

バランスピンを専用治具で磨いたら、ピッカピカですね。            フロントピンに液を塗布。

dscf5939 dscf5940 dscf5941

こちらは手磨きです。      これもピッカピカです。         新品パンチングクロス。

dscf5942dscf5943dscf5944

セットして出来上がり。        調整した鍵盤を取り付け細かい調整に入ります。 ロストモーション調整。

dscf5945dscf5946dscf5947

鍵盤高さは、バランス部鍵盤下の丸いペーパーの出し入れで調整します。    鍵盤深さも専用治具で10mmに。

dscf5948dscf5949「調律絵」の画像検索結果

丸いペーパーの出し入れで調整です。         調律をします。

 dscf5950 dscf5951dscf5965

椅子脚の塗装剥げ・発見・・・・・・・・・筆塗りでサービス修理(^^)V             出来上がりです。

      dscf5966

音も外見も素晴らしいピアノになりました。大切にお使いくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ