有水S様SA-3Eオーバーホール

御実家に置いてあったカワイsa-3e。
随分と調律もしてなかったようで、虫食い・弦錆が酷いですね。
新しいお家に虫は持っていけないと鍵盤部のクロス類交換します。
弦もこの際全交換いたします。外装はそんなに傷が無いので新品みたいに光ると思います。
グローミュージックの作業を楽しくご覧下さいね!!

     
   カワイsa-3e 125cm昭和60年製ですね。

       
   ロゴも錆びてますがカビが・・・。        白いのもカビ?            こちらも・・・?

        
  鉄製の妻土台が錆てます。        ボケてますがクロス虫食い。     落ちた粉カスがこれです。

      
   鍵盤押さえクロスに虫の殻。    落ちた粉カスがこちら。        虫を発見~!!

            
       表面を食われて白くなってます。      チューニングピンも真っ白。     マフラークロスに弦錆跡。
     
             
    アクション外しです。          この際クロスは全部貼り替えましょうね。

        
   フロントクロスに粉カス。         赤い綿ボコリです。          根っこが錆びたバランスピン。

       
ハンマーは使用頻度少ないですね。    芯線が凄く錆びてます。           このビスも凄い錆。

           
     先ずは掃除から。            雪のように積もった埃。         裏も掃除します。

       
   でた~、明治アイスクリーム。   これは花火の包装用紙?           いろんな物が・・・?

        
    長蝶番を外します。         ゆっくりと慎重に弦を緩めます。      プレッシャバー外し。

       
巻き線を外します。             太さ順に一本ずつ束ねて業者送りです。特注作製です。

    
  チューニングピン外し。       外れた弦とピンは資源ごみへ。    こんな感じになりました。

           
    この台車を使い一人でピアノは倒せます。                 底板を外すのですが・・・。

             
   この錆びたビスのおかげでようやく外す事が出来ました。           外した底板です。

        
  底板・前土台が外れた本体。          ピンブロックを一本ずつ外します。

          
     専用の治具でピンブロックを打ち込みます。                 打ち込み完了(^^)v

               
     ピン板を傷付けないよう、慎重に角度を付けて穴あけです。         新品シルバーメッキピン。

            
   打ち込み開始です。打ち込み音が脳天に響くのでイヤーマフ装着。        ドイツレスローワイヤーを張ります。

        
   張弦開始です。             一本ずつ時間が掛かります。     芯線張弦完了しました。

     
 バランスクロス剥し中。       フロントクロス剥し終了。        新しいクロスを貼り込みます。

         
    フロントクロス貼り込み。       形状に合わせカットします。       バランスクロス終了。

                     
     フロントクロス終了。         

    
            特注巻線到着。           巻き線張り開始~。             一本ずつ丁寧に~!! 

           
    プレッシャーバー取付。            張弦終了。               赤い止音フェルト取付。

                
     最初の音合わせです。弦を弦で弾いて一本ずつ合わせます。

         
   ピアノの音色の要であるハンマーを削って、形を整えます。新品みたいに綺麗になりましたね。

             
     底板のパーツを外します。        ペダル部のアッセンブリー。         埃が積もってます。

          
   ペダルを磨きます。      錆止めクリアー塗布。           ピッカピカですね。

             
  底板塗装後、パーツ組み立て。         妻土台の錆を落として再塗装しました。

          
  外装磨き。                久しぶりにピアノが立ちました。   チューニングピンが光ってます。

                  
    バランスピン磨き。              ピッカピカになりましたね。

        
   鍵盤を一本ずつ調整しながら取り付けます。鍵盤の動きの重要な部分です。  鍵盤取付終了。

         
     調律をします。             細かい調整をします。         蝶番取付。

            
   磨きです。             ロゴもピッカピカ。 出来上がりです、大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ