志布志町K様カワイKS-3クリーニング

  ご実家で眠っていたKAWAI KS-3。調律記録は昭和59年11月で最後です。虫喰われ・ハンマースティック等の修理がありますがクリーニングして新品みたいにしてお返しいたします。作業をお楽しみくださいね!! 

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

 高さ132cmの大型タイプ。   最終調律は昭和59年です。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

 くすみ・カビで艶がありません。    妻土台・鍵盤蓋も艶なし。

 CIMG0007 CIMG0008 CIMG0009

 蝶番・キープレート・ペダル等錆が出てますね。 

CIMG0010 CIMG0011 CIMG0012

 響板裏も埃です。    すべてのパネルを外します。

CIMG0014 CIMG0015 CIMG0016

 湿気によりハンマーが動かなくなってます。アクションも外します。    鍵盤も外します。 

CIMG0017 CIMG0018 CIMG0022

外した鍵盤は箱に収納。     鍵盤下のクロスの虫食い。  ボロボロになってますね。 

 CIMG0019CIMG0021  CIMG0023

 弦も錆びてますね。    チューニングピンの錆。     ピアノを倒しますね。 

CIMG0024 CIMG0025 CIMG0026

 倒したピアノです。     底板を外します。    ペダルと本体が別々、わかるかな? 

CIMG0027 CIMG0028 CIMG0029

 ペダル部のパーツを全て外します。バラバラになりましたね。  ペダルを機械で磨きます。 

CIMG0030 CIMG0031CA3F0002

 ピッカピカになったペダル。 錆止めクリアー塗布です。       弦をさんどらばーで磨きます。

  CA3F0003 CA3F0005CA3F0006

 綺麗になりましたね。       チューニングピン専用の機械で磨けばこの通り!! 

  CA3F0007CA3F0008CA3F0010

 ペダル窓クロスも虫食い経年変化。剥がして新品クロスと交換します。   美しい!!

CIMG0001CIMG0002CIMG0007

ポリッシャーで外装を磨いたら鏡みたいになりました。    鍵盤蓋も磨きます。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

ペダルを取付底板を本体に取り付けた後、ピアノを起こします。

CA3F0001  CA3F0003CA3F0004

 虫食いの鍵盤フロントブッシングクロスを湯煎に全部掛け剥がします。  剥がしたクロス。

CA3F0002CA3F0005CA3F0006

 同じく鍵盤バランスのクロスも湯煎に全部掛け剥がします。     剥がしたクロス。

 CA3F0007 CA3F0008 

新品クロスをフロントに貼り付け、カットして出来上がり。

 CA3F0009CA3F0010

  バランスもクロスを貼り付けてカットで出来上がりです。

CA3F0011

衣類害虫は主にこの4種類。
繊維を食べてフェルト・クロスに穴を開けます。

  • ヒメカツオブシムシ (幼虫:7~10mm)
  • ヒメマルカツオブシムシ (幼虫:4~5mm)
  • イガ (幼虫:5~6mm)
  • コイガ (幼虫:6~7mm)

  防虫剤は成虫にしか効かないので卵の除去という事で被害の少ないフロントパンチングクロスも交換します。

CA3F0001 CA3F0002 CA3F0003

フロントピンに溶剤を塗り拭き取るとピッカピカになります。

 CA3F0004 CA3F0005 CA3F0006

バランスピンにもこの魔法の液を塗り拭き取ると、ご覧のとおり。

 CA3F0007 CA3F0008 CA3F0010

キーバックレールクロスのアンダークロスが酷く虫食いです。フロント・バランス・バックレールクロス交換。

 CA3F0011  CA3F0013 CA3F0014

ぜ~んぶ交換しました。     鍵盤を一本ずつ調整しながら本体にセッティングします。

 CA3F0015 CA3F0016 CA3F0019

湿気によりハンマーが動きません。  センターピンを交換してベストな動きにします。  結構な数動きませんね。

CA3F0001 CA3F0002 CA3F0003

 ハンマーはファイリングペーパーで弦跡の溝を落として形を整えると新品みたいに回復します。 

CA3F0001 CA3F0003CA3F0002 

整調作業に入ります。      キャプスタン前後・左右を調整、鍵盤とハンマーにロス・張りが無いよう調整。 

CA3F0004 CA3F0006 CA3F0007

鍵盤高さは丸いペーパーを出し入れして微調整。      次に鍵盤高さを合わせます。

 CA3F0008 CA3F0009CA3F0001

 ペーパーを出し入れして微調整。      調律をします。                           響板裏掃除。

  CA3F0003 CA3F0004 CA3F0006

 パネルを組み立てて出来上がり~。   ピッカピカになりました。どうか大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ