広島県M様LESTER

 CIMG0011 CIMG0013  CIMG0015

熊本県荒尾市のご実家にあったLのESTERPIANO。

大和楽器製造㈱の製品です。

製造番号も機種名も書いて無い?

ので正確には解かりませんが50年前後の製品かと思います。

普通と変わった見慣れない形のおしゃれな猫足がかわいい。

CIMG0016 CIMG0017 CIMG0018

下前板も凝ったデザインです。                      白鍵は貴重な象牙鍵盤ですが黄ばんでますね。           パネルを外します。

 CIMG0020 CIMG0021  CIMG0023

これが内部です。                                            フレームにLESTERが輝いています。       アクションを外します。

CIMG0024 CIMG0025 CIMG0026

アクションと本体。          ハンマーが下手ってますね。      所どころにカビ・・・(^^);

CIMG0028 CIMG0029 CIMG0030

チューニングピン錆。        手入れされてなったので当然ですが弦錆。  鍵盤を外します。

CIMG0031 CIMG0032 CIMG0033

鍵盤は箱に入れて保管します。     鍵盤を外した棚板。        バランスピンも錆びてます。

CIMG0034 CIMG0035 CIMG0036

虫食いの粉があります。        おしゃれな飾り窓の付いたペダル。                    上屋根の蝶番を外します。

CIMG0037  CIMG0039  CIMG0041

外した長蝶番。              頑丈な6本支柱です。     ピアノを倒しました。

CIMG0043 CIMG0045 CIMG0047

こちら側からはめったに見れないですね。  底板を外します。     結構重い底板、外れました。

CIMG0048 CIMG0049 CIMG0050

こんな感じですね(^^)V          錆びた底板ビス。      ペダルを外します。

CIMG0051 CIMG0052 CIMG0053

底板から外したパーツ。        ペダル受けクロスも経年劣化ですね。   バフでペダル磨き。

CIMG0054 CIMG0055 CIMG0057

ピッカピカになったペダルに錆止めクリアーを塗布します。        底板も黒に塗装しました。

CIMG0058 CIMG0059 CIMG0060

凝ったペダル飾り窓です。     このクロスも経年劣化。当然剥がして貼り換えますね。

CIMG0061 CIMG0062 CIMG0063

新品クロス~。飾り窓も磨いてクロスも新品、フレームにYAMATO GAKKISEIZO KKです。

CIMG0064  CIMG0066女の子とピアノ

アップライトでは珍しい一本掛け。    クロスが虫食いで欠けてます。

 

CIMG0067   CIMG0069 CIMG0070

 反ったペダルは非常に珍しいです。   取り付け開始。        底板ペダル終了です。

CIMG0072CIMG0073

巻き線は外して業者へ、同じ規格で制作してもらいます。

CIMG0074  CIMG0076  CIMG0078

芯線番号が打って無い為、測定記録しながらの作業になりました。   弦外し終了です。

 CIMG0001CIMG0002CIMG0014

チューニングピンを抜き、埋め込まれてる部分は錆が出てますね。 響板にあるYAMATO GAKKIのロゴ。

CIMG0004CIMG0005 CIMG0006

ピンブッシュを抜きます。一個ずつ時間が掛かる作業です。     外装ポリッシャー掛け。

CIMG0009CIMG0011CIMG0012

どうもこのピアノは半艶塗装に再塗装されてますね。光るには光るのだけど艶消し剤のおかけで鏡面仕上げにはなりませんね。

CIMG0013CIMG0015

細かい補修中。               何とか蛍光灯が映ります。

CIMG0001CIMG0002CIMG0003

バフで蝶番磨き。        長蝶番・譜面台蝶番を磨き錆止めクリアー塗布で仕上げます。

CIMG0004CIMG0005ヨハネス・ブラームス国際コンクールで1位となった上野通明さん(同コンクール提供・共同)

弦枕やヒッチピンクロスも新品に交換します。ブラームス国際コンクールのチェロ部門1位になった上野通明君。

CIMG0008CIMG0010CIMG0011

フロントブッシングクロスを湯煎に掛けて剥がしました。   バランスブッシングクロスも剥がします。

CIMG0012CIMG0013CIMG0014

剥がしたバランスクロス。       新品のクロスを貼り、カットして仕上げます。

CIMG0015CIMG0016画像の拡大

バランス部も同じように貼り、カットで出来上がり。ブラームス国際コンクールピアノ2位の中山さん。CIMG0017CIMG0018CIMG0020

  バランスピンに液剤を塗り、拭き取るとピッカピカになります。写真がボケてますが綺麗ですよ。

CIMG0021CIMG0022CIMG0023

   フロントキーピンも液剤塗布後拭き取りますときれいになりました。

CIMG0024CIMG0025CIMG0026

キーバックレールクロス・フロント・バランスパンチングクロスすべて新品に交換。

 

CIMG0001CIMG0002CIMG0003

新品ピンブロックです。   打ち込み開始~。              終了しました。

CIMG0004CIMG0006CIMG0007

穴をドリルで広げます。   新品シルバーメッキピン。       打ち込み開始です。   

 

 

CIMG0009CIMG0010CIMG0011

 打ち込み終了、綺麗ですね。    ドイツ高級レスロー弦        弦張り開始です。

CA3F0001CA3F0002CIMG0013

一本張りの玉造り。       1本張りは珍しいですね。  芯線全部貼り終えました。

CIMG0014CIMG0015CIMG0016

ハンマーはファイリング(整形)ですね。 ペーパーで削ります。  綺麗になりましたね。

 CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

特注巻き線到着しました。早速巻き線を張っていきます。  終了です、新品は綺麗ですね!!

 CIMG0007CIMG0009CIMG0011

弦で弦を弾いて一回目の音合わせ。     新品ビスで底板取り付けです。     ピアノを起こします。

 CIMG0012CIMG0013CIMG0014

久しぶりに立ちましたね。  鍵盤バランス・フロントの隙を調整しながら組み込みます。

 CIMG0015CIMG0018コスモス

鍵盤調整終了です。(象牙漂白は天気待ち)  アクション取り付けました。コスモスの季節になりました。       

 CA3F0010CA3F0015CA3F0016

 下前板を止める板製のバネが折れていたので鉄製の板バネに交換しました。

 CIMG0010CIMG0011CIMG0012

 ようやく晴れたので象牙漂白を始めます。過酸化水素水を塗り干します。真っ白とはいきませんがかなり白くなりました。

 CIMG0005CIMG0006

 消音ユニットのセンサー取付。光センサーで鍵盤には非接触です。

 CIMG0014 CIMG0015 CIMG0016

ダンパーフェルトが経年劣化で硬直化しています。特に真ん中のWウエッジは酷いですね。新品と比較すると・・・。

 CIMG0017 CIMG0018 CIMG0020

 写真で見ると白く見えますが新品と比べるとよくわかりますね。  全部剥がします。

 CIMG0001 CIMG0002

  カットしたフェルトを貼り付けます。微調整をして完成です。

 CIMG0004CIMG0005CIMG0006

 出来上がり~。白っぽく映っていますが黒いですよ。LESTERも光っています。

CIMG0011CIMG0012

全体にラップを掛けて運送屋さんが引き取っていきました。いつまでも大切に弾いてあげてくださいね~!!

DSC_0380兄弟仲良くピアノ頑張ってね~(^^)v

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ