山田町K様アポロ

お父さんのお母様が弾いていた昭和36年製の東洋ピアノ製造株式会社のアポロピアノ。
クリーニングです。

  
年式を感じさせる外観ですね。                    


さすがに48年経つと外観は塗装剥がれが目立ちますね。

  
                              虫食われです。                  ブライドルテープ

  
文部省認可シール     ハンマーも少しだけ虫食いあり     現溝も激しいですね。          ダンパーフェルトの虫食い 

  何ともいえない錆び。弦が錆でコーティングされてるようです。


緑の粉は虫食い             ダンパーペダルガイドフェルト     パンチングフェルト       ブッシングフェルトの虫食い


サインが入ってます。

   
 虫がいました。(映りが悪い)       今にも切れそうな弦・・・やっぱり交換したほうが・・・?

        
先ずは倒します。           妻土台塗装剥がれ         底板を外します。       錆びたビスは交換します。

              
                                                      ボロボロのクロス

             
        ペダルをばらします。     なんか年数を感じますね 。       

                           
                  磨き〜!!      アーしんど!!         ピッカピカですね。

     
疲れますが手作業です。    サウンドラバーという石で磨きを掛けます。凄い頑固な錆ですがこのようにピカピカになりました。

  
チューニングピンは機械掛け。    綺麗になりました。       ハンマーの整形です。    形を整え本来の音を引き出します。

   
底板も塗装しました。        ペダル窓クロス交換。      新品ビスに交換。       底板取り付けです。


外装磨き                鍵盤を磨きます。         一本づつ磨きます。   比べてください。

             
   錆びたバランスピン      一本づつ丁寧に磨きます。      手が疲れる!!       ピッカピカに変身

      
 起ちました。                    ペダル綺麗ですね。   蝶番もピカピカ    鍵盤押さえクロス交換

          
   サービス簡易塗装済み         出来上がりました。見違えるようになりました。見るに見かねてかなりサービス塗装しました。
                         大切に弾いてくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ