小林市M様ヤマハ103W

天然化粧板:チーク/オイルフィニッシュ艶消しです。妻土台の木口は化粧板事剥がれ全体に色褪せで白っぽくなってますね。虫食いもあるのでクロス類交換です。

DSCF7580 DSCF7581 DSCF7582

ヤマハW103高さ121cmのお洒落なピアノです。調律記録表(ピアノの中に有ります)では、平成11年が最後。 

DSCF7583 DSCF7584 DSCF7585

親板が紫外線で焼けていますね。  口棒角の化粧板剥がれ。   妻土台は剥がれをテープで止めてあります。

DSCF7586 DSCF7587 DSCF7588

ペダルはどのピアノも艶が無くなりますね。 鍵盤蓋上面に丸い傷?     パネルを外します。

DSCF7589  DSCF7594DSCF7592

鍵盤を外し箱に保管。     掃除から始めます。         芯線の錆。

 DSCF7593  DSCF7595DSCF7596

巻き線も黒っぽくなってます。         ピアノを倒し底板を外します。

 DSCF7597 DSCF7598DSCF7599

芯線・巻き線サンドラバーで磨きます。  ピカピカになった芯線。   チューニングピンは機械で磨きます。

 DSCF7610 DSCF7611 DSCF7613

  鍵盤蓋の長蝶番を外して手作業で磨きます。     この後機械で仕上げ~。

DSCF7616 DSCF7617 DSCF7618

写真写り悪、実物は綺麗ですよ!!   ペダルも磨きます。    これは綺麗に映った(^^)V

DSCF7619 DSCF7620 DSCF7621

バランスとフロントのブッシングクロスを湯煎に掛け剥がします。     白っぽくなってるのが虫食い跡。

DSCF7622  DSCF7624 DSCF7625

ぜ~んぶ剥がしました。        一本ずつクロスを通し貼り駒で圧着してクロスをカット。

DSCF7626 DSCF7627 DSCF7628

綺麗にできました。         変色変形で反った白鍵木口下側が浮いてきてます。 黄色に変色。

DSCF7623DSCF7629DSCF7632

蝶番・ペダルに錆止めクリアー塗布。   バランスピンを一本ずつ丁寧に磨くと、この通り綺麗になりました。

DSCF7633DSCF7634DSCF7635

   フロントピンも同じように磨きました。          フロント・バランスクロス新品に交換します。

DSCF7636DSCF7637DSCF7638

化粧板欠けの妻土台に新しい化粧板を張り付け圧着接着。           削って形を整え後は着色。

DSCF7639DSCF7640DSCF7643

本体の色合わせ。全体に色褪せしているので全体に濃く着色予定。              ペダル窓クロスの経年劣化。

 DSCF7644 DSCF7645 DSCF7646

新品クロスに貼り換えました。     ペダルをセットし底板を組み立てピアノを起こしました。

DSCF7650 DSCF7651 DSCF7658

ハンマーの表面と張力を均一にするためにファイリング(削る)します。  綺麗ですね!!

DSCF7660DSCF7661DSCF7664

白鍵木口をノミで剥がします。      全部剥がした後、青い保護シールのついた新品木口を貼り付けます。

DSCF7686DSCF7694

焼けてる部分が色違いになるので、再度削って塗装です。

DSCF7720DSCF7721DSCF7735

鍵盤の形に合わせ削ります。     綺麗に仕上がりました。        塗装中・・・・。

DSCF7736DSCF7743DSCF7744

こんな感じですね。          鍵盤・アクションを付け整調作業に入りました。鍵盤高さ調整中。

DSCF7790DSCF7805DSCF7806

調律中。              マフラーフェルトも経年劣化してるので新品に貼り換えました。

DSCF7809DSCF7810DSCF7816

マフラーを取り付けパネルを組み立てて終了。少々写真映りが悪いですが、いい感じに仕上がりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ