宮崎市U様W102

新築と同時にピアノもリニューアルという事でお預かりしました。

写真では綺麗そうに見えますが、塗装が大分傷んできてます。

さてさて如何なる事やら???お楽しみに!!

どっしりとした構えのW102。     最後の調律はH16年。   YAMAHAロゴが錆びてますね。

ペダルも全く艶なし。       蝶番の錆・汚れ?      うち傷がいたるところに有ります。

下地から傷んできている塗装。    パネルを外しました。     鍵盤は箱に保管です。

この当時の木口は変色します。    ハンマーは加工すればOK。   フレンジコードも切れてます。

さほど錆は無いがくすんでるピン。  錆があちこちにある弦。   フロントクロスは綺麗ですね。

バランスクロスが少し虫食い。      バランス磨き機で一本ずつ磨くとピッカピカになりました。

フロントピンに魔法の液体を塗り一本ずつ磨き上げます。     この違い判りますか~(^^)V

フレンジを残しハンマー外し。   フレンジ溝にアセトン注入。 フレンジコードを剥がします。

「作業絵」の画像検索結果

新品フレンジコードを貼付け、ハンマーをセットしました。      

   木口は、アイロンで熱を加えノミで剥がします。       剥がした木口。

接着剤を塗り保護シートの付いた新品木口を貼り付けます。      両サイドを鍵盤に合わせカット。

       「工場 作業員 イラスト 無料」の画像検索結果

   保護シールを剥がして終了です。

外装パーツは補修しながら塗料剥がしです。 結構時間が掛かります・・・それにしても暑い!!

 

底板を外しました。           側板や妻土台を外して、鍵盤を乗せる棚板を外しました。

腕木にスクレーパーを打ち込み接着を剥がして外しました。      スッキリと何も無くなりました。

剥がして着色。         サンダーで親板(本体外側)塗装剥がし。

ガンで色を付けます。艶々に見えますが艶消し仕上げになります。        こ~んな感じ!!

 

底板のペダルパーツを外します。      ペダルを磨きます。   磨いたところは全然違いますね。

ピッカピカに光ったところで防錆処理・錆止めクリアー塗布。    チューニングピンを磨きます。

「作業絵」の画像検索結果

綺麗になりましたね!!       弦はサンドラバーで手磨き。

 

新品ビスで底板取付け。     ピアノを起こしました。     鍵盤・アクション取り付け。

タッチに関する調整始まり。   ナラシ定規を使い高さを測り、ペーパーの出し入れで高さ調整します。

アガキ定規を使い、同じくペーパーの出し入れで調整します。        出荷前調律です。

     「作業絵」の画像検索結果

マフラーフェルトも汚いので新品に貼り換え取り付けました。

外装組み上げて終了いたしました。ブリリアントな音のする新品みたいなピアノになりました。

いつまでもいつまでも大切にお使いくださいね!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ