宮崎市N様オーバーホール

二つの会社名の入った珍しいVICTOR ZEN-ONピアノVZ-20です。

元々VICTORとZEN-ONがそれぞれのブランドで発売していましたがこれは珍しいですね。

チューニングピンが緩くなり調律をしても直ぐ狂う状態になっていました。

弦交換勿論チューニングピンも太くして交換。ハンマーも交換いたします。

DSCF7519 DSCF7520 DSCF7521

VICTOR ZEN-ONのロゴマーク    調律は結構してるのですが・・・。  VZ-20  

 

DSCF7524 DSCF7525 DSCF7526

黄ばんでますが象牙鍵盤です。    艶の無い二本ペダル。     外装も白っぽく艶がありません。

DSCF7527 DSCF7528 DSCF7529

白くなってるのは?       懐かしいビクターのワンちゃんとZEN-ON  パネルを外します。

DSCF7530 DSCF7531 DSCF7532

鍵盤は外して箱に収納保管。  バックレールクロスが虫食い被害。  フロントクロスもやられていますね。

DSCF7533  DSCF7537DSCF7538

バランスクロスも食われてます。     ハンマーヘッドがおかしいぞ?   錆びて艶の無いチューニングピン。

  DSCF7540DSCF7542DSCF7541

弦は全体に錆びて太さが変形してるので音は伸びないだろうな~!!    ピアノを倒しました。

  DSCF7550DSCF7551DSCF7552

巻き線を外して業者に送り同じ物を作ってもらいます。        響板割れがあるな~(-_-;)

DSCF7709DSCF7711DSCF7712

プレッシャーバーを外して一本ずつマイクロメーターで太さを測ります。何故って、このピアノ太さの印字が無いんだもの!!

普通は駒に太さが書いてあるのですが、たま~に書いていない意地悪なピアノがあります(^^);

DSCF7714DSCF7724DSCF7725

表を使って芯線の番手を決めます。   これで思いっきり切断できますね。  全部外しました。

DSCF7737 DSCF7741 DSCF7742

専用の馬と言う道具を使うと一人でピアノを倒せられます。         底板を外しました。

DSCF7746DSCF7745  DSCF7747

棚板のビスが錆びてネジ山が崩れて外れません。ドリルでネジ頭を潰し途中で切断して何とか棚板外れました。

DSCF7748 DSCF7749 DSCF7753

残ったネジを外します。       これが一本のネジです。      フレームスクリュー外し。

 DSCF7757 DSCF7759DSCF7760

フレームを外すのに腕木が邪魔なので外します。 ネジを外し、接着された腕木をスクレーパーを入れ剥がします。

 DSCF7761 DSCF7762DSCF7732

フレームをチェーンブロックで持ち上げ外しました。                                                            ガガガガ~

DSCF7733 DSCF7763  

とイッキにチューニングピンを外しました。    ピンブロックを外します。

DSCF7766 DSCF7768 DSCF7771

通常、弦を外すと響板が膨らみ割れは更に広がったり予備軍は割れたりします。

しかしこのピアノは弦を外し測定すると弦圧が無く、響板割れの個所がふさがっています。取り敢えず低粘土の

接着剤を投入、弦圧を出すため打棒とフレーム受けを削り、フレームを載せ弦圧が正常になるまで同じ作業を

繰り返します。弦圧が出たところで弦を張ってみます。

これで響板割れが出てくるようだと、裏からの響板補修になります。塞がってくれ~と神頼み!!

DSCF7773 DSCF7774 DSCF7775

フレームを載せ減圧測定、OKです。      新品ピンブロックを打ち込みます。

DSCF7776 DSCF7779 DSCF7780

  全部打ち終わったら、ピンの太さを考慮し穴を開けなおします。    チューニングピン7.1mmにします。

DSCF7781  DSCF7789DSCF7791

騒音防止イヤーマフを付けチューニングピンをガンガンと打ち込みます。     ドイツ製高級レスロー弦。

  DSCF7793 DSCF7795

レスロー弦を張りす。         芯線終了。

DSCF7797 DSCF7799 DSCF7800

特中巻き線。           張り方開始。          低音巻き線終了です。

DSCF7802 DSCF7807 DSCF7808

最初の音合わせはチューナーで。  ポリッシャーで外装磨き。塗料がカシューなので磨き液を変えて磨きます。

DSCF7817 DSCF7818 DSCF7819

棚板を取り付け。          ペダル窓クロスの劣化。      新品クロスに貼り換えました。

DSCF7822 DSCF7823 DSCF7825

ペダルパーツを外して、機械でペダルを磨きます。           見違えるような輝きですね。

DSCF7826 DSCF7828 DSCF7829

錆止めクリアーを塗布します。    パーツをセットして底板組み立て。   ピアノを立てました。

DSCF5101 DSCF5102 DSCF5103

白っぽくなってる赤いクロスが虫食い。ほとんどやられてるのでフロントクロス全部剥がしました。

DSCF5104 DSCF5105「ピアノ」の画像検索結果

クロスを貼り駒で圧着接着。    貼替えました。

DSCF5159 DSCF5160 DSCF5161

過酸化水素水で象牙鍵盤漂白です。  随分と綺麗になりました。        新品アンダー入りハンマー。

DSCF5162 DSCF5163 DSCF5166

   新品は硬くて機能しないので針を刺して弾力を出し、表面を削って慣らします。  

 DSCF5165DSCF5167DSCF5168

ハンマー接着です。元のハンマーを基準に一個おきに接着。                   ハンマー終了です。

DSCF5169 DSCF5170 DSCF5171

アクション・ハンマー付いたのでタッチを良くする為の細かい調整に入ります。 キャプスタンボタン調整。

DSCF5172 DSCF5173DSCF5175

鍵盤高さ調整後、深さをペーパーの出し入れで10mmに調整します。  最後のパーツ磨き。

 DSCF5176 DSCF5177 DSCF5178

カシュー塗りで光沢を出すのに手間が掛かりましたが綺麗になりました。弦・ハンマー・クロス類を交換

しているので中身は新品!!いつまでも大切に~(^^)V

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ