宮崎市S様U1H

永い事手をいれていなかったu1h

虫に食われて目茶苦茶になっています。

でも、ご安心下さい。グローミュージックで完璧な修理を施します。楽しみにしていてください。

    

艶がありませんね。鍵盤小口も変色、鍵プレートも錆びています。

英文字のyamaha・ペダル・鍵アッセンブリーは、真鍮で出来ています。艶が無くなりひどい場合は、青錆が出ます。

              

ハンマーの一部が虫食いによりえぐれています。さて、どうしたものか。削って整形しても直らんだろう!!

                             

                                           ヤマハのフレンジコードは、よく切れています。

                                       スプリングが利かなくなりハンマー返りが悪くなります。

       

凄い虫食いですね。鍵盤のバランス部のフェルトは、ほとんど無くなっています。

赤く見えるのがフェルトの残骸。まん丸のバランスパンチングクロス。

緑のフロントパンチングクロス。無残ですね。

ピアノの中は、押入れと同じと思い、風通しを良くして下さい。

防虫剤を入れるのも良い方法です。

     

        

まずは、掃除機を掛けて埃等の除去。早速、フロント・バランスパンチングクロスを新品に交換。機械を使って

チューニングピンをピッカピカに。弦も錆び取り開始。ほぼ内部が終わり。ナイロンマスキングをして次の作業へ。

ピアノを倒して底板を外します。やはり、ペダル部フェルトの見事な虫食い。

バラバラにしとりますけん、じっくり見てやっておくんなせーい!!

どんなもんだニャーン(^^)! ペダル部終わり。ペダル窓、赤のフェルトに変えちゃった。この方が綺麗ですね。

底板も塗装しましたよ。もちろんビスも新品に交換。

外装はほぼ終わりました。後は、鍵盤とアクションです。

鍵盤開始です。先ずは、ヨーグルッペ。休憩休憩!!次にブッシングクロス貼替え。この様に一本づつ貼り付け、カットしていきます。

フレンジコードの貼替えです。なんで、こんなに切れるのだろーか?(次郎さん風に)これも一本づつです。

     

おみごと、フレンジコード。    ブライドルテープも汚いので新品に交換貼替え。どんなもんだい!!

    

白鍵貼替え。真・・っ白ですね。 最初の写真と比べてちょ。  ハンマーレールクロスもやられてます。汚いし・・・・。 

                                ハンマーファイリング(削って整形)判るかな、削った後の弦溝・・・。

後は、鍵盤高さ・深さ等の整調を繰り返し、調律。見事に出来上がった、u1h.

凄く良い状態に仕上がりました。宮崎市s様、お孫さんがさぞかし喜ばれるでしょう。いつまでも大切にお使い下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ