宮崎市田野町Y様G5Eオーバーホール

 ご実家に置いてあったYAMAHA G5E。奥行き197cmの大型タイプ。

調律も随分されてなく弦は錆び放題。でも虫食いは僅かで状態は良いですね。

電子ピアノでピアノを習っている娘さんの為に弦・ハンマー等の交換してのオーバーホール。時間は掛かりますが作業をお楽しみくださいね!!

  CIMG0010 CIMG0011 CIMG0012

  グローミュージックへ梱包されたG5E到着。早速、梱包を解いて脚を取り付けて組み立てます。

 CIMG0013  CIMG0019CIMG0014

昔は音大生など関税が免除される制度がありました。それがこの丸免のマークです。   錆びたYAMAHAロゴ。

CIMG0015CIMG0016 CIMG0017  

写真写りが良いですが木口が茶色に変色。蝶番も錆が出てますね。       艶が無く埃を被ってます。

 CIMG0020 CA3F0001CA3F0003  

G5のマーク。  チューニングピン変色・錆。         錆びた弦の下にダンパーフェルトが2個?

CA3F0004CA3F0005CA3F0006

アグラフからピンまでの錆びた芯線。巻き線は芯線に銅線を巻き付けてあります。変色したダンパーヘッド。

 CIMG0023CIMG0024 CIMG0025

    鍵盤蓋を外します。        意外と綺麗ですね。      アクションを外します。

 CIMG0026CA3F0007 CIMG0028

 外したアクションは作業台へ。ハンマーの弦溝も深いですね。     ダンパーを外します。

CA3F0008   CIMG0030CIMG0031

おやおや~、剥がれてるぞ!!  ダンパーを全部外しました。  鍵盤からハンマーアクションを外します。

 CIMG0032 CIMG0033CIMG0034

鍵盤だけになりました。      こちらは外したハンマーアクション。   鍵盤も外します。

 CIMG0035 CA3F0010  CA3F0009

外した鍵盤は箱に収納。            鍵盤を外した筬の上に押しピン・ゴキの卵発見。

  CA3F0011CA3F0012CIMG0037

     錆びたバランスピン。    フロントピンも錆ですね。     大屋根を外します。

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

少しずつ弦の張力を緩めます。   外した巻き線は業者送り、同じものを作成。     芯線も外します。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

フレームだけになりましたね。   チューニングピンを機械で外します。   根っこが錆びてますね。

 CIMG0007 CIMG0008 CIMG0009

 ピンブッシュ外し。      これがピンブッシュ、ピンブロックとも呼ばれてます。  響板割れなし良い状態です。

CIMG0001 CIMG0003 CA3F0001

響板を綺麗にお掃除。      綺麗になりましたね。       弦を固定させるアグラフに魔法の液を塗ります。

CA3F0002CA3F0003CIMG0004

そして軽く拭き上げるとピッカピカになります。  使用前・使用後         新品ピンブッシュです。

CIMG0005  CIMG0007CIMG0008

専用治具で打ち込み開始。 全部打ち込んだらチューニングピンに合うように穴を開けなおします。    

 CIMG0009 CIMG0010CIMG0011

新品シルバーメッキピン。  打ち込み開始です。      やっぱし新品は綺麗ですね!!

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

白鍵セルロイドは熱で温めて剥がします。意外と簡単にフニャフニャになりますね。

CIMG0004 CIMG0005CIMG0001

木口はノミで剥がします。この鍵盤は剥がしやすかった!!        新品白鍵アクリライトです。

  CIMG0003 CIMG0004 CIMG0005

 接着剤を塗布し、鍵盤に貼り付けます。 接着後削って鍵盤の形を整えます。

CIMG0006CIMG0003CIMG0004

白鍵貼り付け終了です。       ペダルを磨きます。見違えるようになりましたね。

CIMG0005CIMG0006CIMG0008

錆止めクリアー塗布。       長蝶番も磨きます。そして錆止めクリアー塗布。

 CIMG0001 CIMG0002   CA3F0001

バランスピンに魔法の液体を塗り、拭き取るとこんなに綺麗になります。

CA3F0002 CA3F0003 ピアノの美しい歌手

 フロントピンにも魔法の液体を塗り仕上げました。

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

弦張り開始です。     芯線終了。後は巻き線到着待ち。         ペダル窓クロスが経年劣化してます。

 

CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

剥がして貼り直します。        真っ赤のクロス貼りました~。

 CIMG0007 CIMG0008 CIMG0009

      ペダルを取り付けますね。       良い感じになりましたね。

  CIMG0010 CIMG0011CIMG0001

 鍵盤蓋をポリッシャーで磨きます。 蛍光灯が映るようになりました。       外装も磨きます。

  CIMG0003 CIMG0004 CIMG0005

  巻き線が到着しました~、早速張弦開始です。  巻き線完了(^^)V  チューニングをして暫らく寝かせますね~。

CIMG0014CIMG0015  

 二回目の調律、狂ってます。  ヒッチピン側の共鳴防止用リボンフェルト取付。 

CIMG0005 CIMG0006 CIMG0007

新品のアンダー入りハンマー。     先ずはサイドカット。  次に第一整音、針を刺してハンマーの緊張を解きます。

CIMG0009CIMG0002CIMG0004

 ハンマー外します。    ハンマーヘッドを外して新しいハンマーヘッドを取り付けます。

CIMG0001  CIMG0003

 こんな風に温めて接着しています。     ハンマー接着終了。

 CIMG0016 CIMG0017CIMG0018

ダンパーヘッド磨き。 輝きが全然違いますね。調整しながらダンパー取り付け終了。

 CIMG0019 CIMG0020 CIMG0021

整調始まりです。  鍵盤高さ調整です。アクションを引き出してペーパーを抜き差しします。

 CIMG0022 CIMG0023 CIMG0024

鍵盤深さ調整。  丸いペーパーを出し入れして微調整。   ドロップ調整です。

 CIMG0025CIMG0001 CIMG0002

 ハンマーのバックストップ調整。    最終調律です。     鍵盤蓋取付。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

 出来上がりました~(^^)V    YAMAHAロゴも光っています。 大切にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ