安久町T様YAMAHA NO10クリーニング

奥様が幼いとき買って貰ったYAMAHA NO10。ご実家からご自宅に持って行きます。この昭和初期の製品で塗装・弦と再生された物を購入されてるみたいですね。随分調律もされてなかったみたいですがバッチリと調整しなおしてお届けしますね!!

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

 良い色に再塗装されてますね。傷もそんなに酷くありませんがカビが来てます。

CA3F0004 CIMG0005 CIMG0006

 非常に珍しいNO10です。    YAMAHAのロゴが時代を感じさせます。

CA3F0001CA3F0002CA3F0003

巻き線部・芯線共に錆が出てますね。  シルバーメッキピンに交換してあります。

 CIMG0007 CIMG0008  CIMG0010

譜面台は艶がありません。  鍵盤蓋を外します。さらにアクションも外しますね。

 CIMG0011 CIMG0012 CIMG0013

外したアクションです。     本体の棚板は埃まみれになっていました。

 CIMG0014 CIMG0015 CIMG0016

大屋根も外します。  弦全体が見えるようになりました。巻き線が一本切れていたので先に注文してました。

 CIMG0017 CIMG0018 CIMG0019

新品弦は伸びて狂いやすいので先に張ります。           脚を外します。

 CIMG0020 CIMG0022 CIMG0023

キャスターを外してグラインダーでピカピカになるまで磨きました。

 CIMG0024 CIMG0025 CIMG0027

ポリッシャーで磨きます。   艶が出ましたね。  おっとー、ビス穴が開け直してありました~(~~)?

CIMG0028 CIMG0029 CIMG0030

ペダルをばらします。   ペダル箱を裏返してばらしていきます。  製造番号がどこにもなかったのですがこれかな?

 CIMG0031 CIMG0032 CIMG0033

ペダルを磨きますね。      こ~んな感じです。 更に錆止めクリアー塗布します。

     CA3F0005 CA3F0006 CA3F0007

ペダル窓クロスがヨレヨレですね。剥がして貼り直します。

 CA3F0008CIMG0034          

 ペダル完成。       調律歴35年で初めて見たクリスタルインシュレーター(^^)v

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

   ポリッシャーで鍵盤蓋磨き。               大屋根も磨きます。

 CIMG0004 CIMG0005 CIMG0006

綺麗になりましたね~。         弦磨きの為にダンパーを外して箱に収納します。

 CIMG0007 CIMG0008 CIMG0009

サウンドラバーで芯線を磨き、錆が酷くて苦労しましたがご覧のとおり!!     巻き線も磨きますね。

 CIMG0010 CIMG0011 CIMG0012

巻き線も綺麗になりました。        アグラフに錆落とし剤を塗布し磨き上げます。

 CIMG0014 CIMG0015 CIMG0016

アグラフが光りましたね。      チューニングピンは機械で磨きます。   ピッカピカになりました。

CIMG0018 CIMG0019 CIMG0020

長蝶番を磨きます。      綺麗になったところで錆止めクリアー塗布です。

 CIMG0021CIMG0002CIMG0003

  フレームを磨きます。         アクション・鍵盤を外して次の作業に入ります。

CA3F0002  CA3F0004   CA3F0006

バランスピンの錆。       錆取り液を塗布して拭き上げると見違えるようになります。

CA3F0003CA3F0007CA3F0009

フロントピンもクロスを抜き、錆取り液を塗布後拭き上げました。

   CIMG0006  CIMG0009 CIMG0012

鍵盤を磨いた後、筬に取付アクションを乗せて本体に戻します。

 CIMG0013 CA3F0010  CIMG0014   

色々な調整を始めたら、レギュレティングボタンの割れを発見。このままでは使えないのでハンマーの付いたセンターレールを外します。

CIMG0016   CA3F0011CA3F0012

 センターレールが外れたアクション。 割れたレギュレティングボタンを外し新しい部品に交換しました。

CIMG0001CIMG0003CIMG0004

いやいや、今度はレギュレティングボタンスクリューがボキボキ折れます。   折れたスクリューを抜き取り交換ですな。

 CIMG0005CIMG0006

 在庫にあったので何とか交換終了です。 

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0003

 ダンパーヘッドを磨きます。  全然艶が違いますね。 ダンパー取付終了!!

CIMG0001 CIMG0002 CIMG0004

この道具を使って調整開始。  鍵盤高さを合わせます。アクションを出して紙の抜き差し。

 CIMG0005 CIMG0006 CIMG0007

次は鍵盤深さ調整。   丸いペーパーを抜き差しして10㎜にします。  ストローク調整。

 CIMG0008 CIMG0010 CIMG0011

調律をします。   屋根を取り付けて鍵盤蓋をセット。

 CIMG0012 CIMG0013CIMG0014

 出来上がりました。なかなかきれいに仕上がりましたね。大事にお使いくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ