学校修理ハンマー交換

グランドハンマー交換です。

長年の使用によりハンマーフェルトの肉厚が無くなってますので交換になりました。ピアノは使用すればする程ハンマー先端に大きな弦溝が出来、不快な音になってしまいます。この不快な音を改善するためにファイリングと言う作業でハンマーヘッド(フェルト)を削り形を整えます。これを何回も繰り返すとハンマーのフェルト厚が無くなる訳です。当然ハンマーヘッドは消耗品という事で数年で交換します。

新品赤アンダー入りハンマー。   新品のハンマーに一回目の針を刺し作業、軽く毛玉取りのファイリング。 

  くたびれたハンマーです。   肉厚が有りませんね。     ハンマーシャンクを外します。

         外した後、湯煎に掛けシャンクからハンマーを外します。        

  

テールサイドカットです。   右と左ではテールの隙間が違います。   植え込み(接着)開始。

植え込み終了。           テール削り開始。                   テール厚さが違います。  

工房での作業は終わりです。

 

学校での作業になります。   弦に対してのハンマーの当たり・間隔を揃えます。

   

ストローク・レットオフ・ドロップ等の整調作業です。      ハンマーに張を刺し整音します。

音もバラツキなく良い音になり終了です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ